職業・産業リハ

失語症に対しての就労支援の際のポイントや視点、利用できる支援サービスをまとめてみた

 

仕事を行う上では、コミュニケーションが必要不可欠です。
ですが、脳卒中や事故などにより言葉の障害…“失語症”の状態になった場合は、しっかりとした就労支援が必要になってきます。
そこで今回は“失語症と就労支援”についてまとめてみました。

失語症について



失語症とは…

失語症(しつごしょう、aphasia)とは、高次脳機能障害の1種であり、主には脳出血、脳梗塞などの脳血管障害によって脳の言語機能の中枢(言語野)が損傷されることにより、獲得した言語機能(「聞く」「話す」といった音声に関わる機能、「読む」「書く」といった文字に関わる機能)が障害された状態である。
引用:wikipedia

この失語症に対してのリハビリテーションとしては、主に“言語聴覚士”の指導のもとで言語訓練を行います。

失語症の身体障害者手帳の区分について



なお身体障害者手帳では、失語症は以下のような区分に当たります。
・身体障害者手帳3級(音声機能、言語機能、または咀嚼機能の喪失)
・身体障害者手帳4級(音声機能、言語機能、または咀嚼機能の著しい障害)

失語症の4つの障害



一口に“失語症”といってもその障害は人によって異なってきます。
失語症のこの障害は大きく以下の4つに分けられます。
・聞くことの障害
・読むことの障害
・話すことの障害
・書くことの障害

聞くことの障害

この場合、音や声はわかっていてもその「ことば」や「話」の内容が理解できない…ということを指します。
そのため早口で話されたり、長い話になると理解できなくなる場合が多くあります。

読むことの障害

新聞や雑誌、メモなどを読んでも理解できない…というのがこの障害です。
そのため声に出して読むことが難しくなります。

話すことの障害

・自分が伝えたいことをうまく言葉にできず、発話がぎこちなくなってしまいます。
いいよどみが多くなったり、逆に回りくどくなったりします。

書くことの障害

この場合、書き間違いが多くなり、文を書くことが困難になってしまいます。
また、「てにをは」といった助詞をうまく使えないというのも特徴です。

支援のポイント



では、この失語症の方が職場で働く際、どのような支援のポイントがあげられるのでしょうか?

職場での業務指示や報告、連絡、相談を含む“会話”に関しては、

・自分の表情がわかるように、相手の顔をしっかりみながら、ゆっくりと短い言葉や文章で、わかりやすく話しかけること
・1度でまく伝わらない時は、繰り返して言う、別の言葉への言い回し、漢字や絵、ジェスチャーなども使い示すこと
・「はい」「いいえ」で答えられるような問いかけ方に工夫すること

…といったポイントがあげられます。

失語症の4つの障害別の対応例

また、上述した失語症の4つの障害別での対応例については以下のとおりになります。

聞くことの障害

口頭での指示や注意がわからない、“聞くことの障害”が強い場合は、

・図や手振りを用いた指示の方法
・作業を固定する
…といった対応例があげられます。

読むことの障害

仕事をするうえでの警告や危険に関しての連絡がわからない、指示書やマニュアルに記載されていることがわからない、“読むことの障害”が強い場合は、

・危険な作業を担当させない
・図を使った説明書、マニュアルを作成する
…といった対応例があげられます。

話すことの障害

業務の連絡事項を伝えられない、質問があったもうまくできない、といった”話すことの障害”が強い場合は、

・連絡カードの使用
・質問カードの使用
…といった対応例があげられます。

書くことの障害

仕事内容や伝達事項をメモを使って伝えることができない“書くことの障害”が強い場合は、

・こまめに声掛けをする
…といった対応例があげられます。

失語症の就労支援の視点

失語症の方への就労支援を作業療法士が行う場合、どのような視点が必要になるでしょうか?
ポイントとしては3つになります。

①失語症の特徴と、クライアント自身の特性をきちんと伝える
②クライアントに適した仕事や業務内容をみつける
③職場の理解と協力を得られるようにする

①失語症の特徴と、クライアント自身の特性をきちんと伝える

失語症のクライアントに対して、就労支援を行う際は、“失語症”という障害を一般の人はしっかりと理解できていないことを前提にすすめていかないといけません。
また、失語症の特徴だけでなく、クライアント本人の症状や性格特性なども含めて、家族や職場に伝える必要があります。
その上でどのようなコミュニケーション方法、手段を取るべきかを検討していきます。
これは言語聴覚士をはじめ、作業療法士も支援者として大きく関わる部分になります。

②クライアントに適した仕事や業務内容をみつける

仕事や業務内容をクライアントの特性に合わせる…というプロセスも失語症の就労支援には必要になってきます。
前述したように、クライアント自身の症状や性格特性、そして得意なこと、不得意なことまで把握したうえで、その能力を活かせる作業を提示するように環境設定することも必要になってきます。
この部分には職場と作業療法士が協力して環境設定していかないといけない部分かもしれません。

③職場の理解と協力を得られるようにする

実際に職場で仕事をしながらクライアントとコミュニケーションを取るのは、職場の同僚や上司になります。
単発的な、短期間的な職業生活ではなく、長期的な職業生活を送るためには、職場の人の協力が必要不可欠です。
職場の人達に理解と協力を得られるように支援することも、作業療法士やジョブコーチには必要になってきます。

就労支援サービスについて



ではここで、失語症の方が主に利用できる就労支援サービスについてご紹介します。
結論から言えば、以下の3つのサービスがあげられます。

①ジョブコーチによる支援事業
②高次脳機能障害者のための職場復帰支援プログラム
③③試行雇用(トライアル雇用)

①ジョブコーチによる支援事業



休職中or在職中の障害を持つ人が職場に適応できるよう、“障害者職業カウンセラー”が策定した支援計画に基づいて、担当のジョブコーチが職場に出向いて直接支援を行います。
この際に、ジョブコーチは職場に対して、“当事者とのかかわり方”や“作業方法の指導の仕方”について専門的な助言を行います。
加えて、“失語症という障害の理解についての社内啓発”も行います。
これらの活動によって、職場による当事者への支援体制の整備を促進し、職場定着を図ります。
期間は一般的に2~4か月のようです。

②高次脳機能障害者のための職場復帰支援プログラム



“障害者職業総合センター職業センター”では、疾病・事故等により休職している高次脳機能障害者が円滑に職場復帰できるよう、その生涯の状況や特性に応じ、職業生活全般にわたって必要な支援を行うとともに、事業主に対して職務や職場環境整備等の受け入れ準備に関する支援を合わせて行う機関になります。
期間は16週間で、基礎評価・導入支援(5週間)、集中支援(7週間)、職場適応支援(4週間)の支援を行います。

③試行雇用(トライアル雇用)



事業主は、新規に雇用する人に対して原則3か月間の試行雇用(トライアル雇用)を行うことにより、適性や業務遂行可能性などを実際に見極めた上で、試行雇用終了後に本採用するかどうかを決める事ができます。
ちなみに事業主は、試行雇用期間に対応して、対象労働者1人あたり月額4万円(最大12万円)の奨励金を受け取ることができます。

まとめ

今回は“失語症”に特化した就労支援のポイントや流れについてまとめてみましたが、職業生活においてコミュニケーションは必要不可欠な能力といえます。
端的に失語症といってもそのタイプは様々ですし、クライアントの性格や生活背景も多種多様です。
それぞれの個性、特性に合わせた介入が必要と言えます。

作業療法士は語りたい!

就労支援に関わるジョブコーチや障害者職業カウンセラーの方々と、作業療法士がしっかりと連携を組むことが重要なのかもしれませんね。
そのためには発症してから現段階までのどのような回復プロセスを経てきたのか、といった情報も必要だから、
急性期だから就労支援は関係ないってのは少し違くなってくるんだよね。
早い段階から就労支援、社会参加まで見据えた介入が、作業療法士には必要なんですね!
 

おすすめ記事

作業療法士による就労支援は“二方向性の支援”が重要という話 ワークアズライフ(by落合陽一)という働き方こそ、これからに必要なことなんです! 職業的発達段階の課題それぞれに、産業作業療法士は関われるのでは?って話。 自動車運転適性検査における必要な神経心理学的検査をまとめてみた! FIM(表出)における項目や具体例、採点方法について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP