ADL

更衣動作の目的をマズローの五段階欲求に照らし合わせて考えてみました!

 

ADL動作の中での“更衣動作”についてですが、そもそもこの“衣服を着替える”という活動の目的とはいったいなんなのでしょうか?
今回は“マズローの五段階欲求”を軸に更衣動作の目的を考えてみました!

更衣動作の目的について



そもそも更衣動作…つまり衣服を“着替える”という活動はどのような目的になるのでしょうか?

大きく分けると以下のような目的があげられます。

①体温調節のため
②生活習慣、生活リズムの確立のため
③身だしなみを整えるという社会的行為
④自己表現の手段

それぞれ、マズローの五段階欲求と照らし合わせてまとめてみます!

①体温調節のため(生理的欲求)



衣服を着替えるという更衣動作の目的の一つには、生命維持のための体温調節という目的がまずあげられます。
季節や一日の時間によって変化する気温に対して適切に対処するため、更衣動作によって暑い、寒いという状態に適宜対応する必要があります。
マズローの五段階欲求でいう、生理的欲求のカテゴリー内の″恒常性維持”に当てはまります。

②生活習慣、生活リズムの確立のため(安全の欲求)



朝起きたら寝間着から普段着に着替えるといったことは、一日の生活習慣、生活リズムを整えるためにも必要な活動と言えます。
一日中同じ衣服で過ごすと、生活環境が単調となり、活動時間なのか、食事時間なのか、休息時間なのか判別がつかなくなり、精神活動の低下に繋がりやすい。
特に病院で入院をしている、施設で長く入所している…なんて状況下でのクライアントの場合、一日のリズムをしっかりとつかみにくくなってしまいます。
これは見当識障害を起こしやすい認知症や高齢の方はもちろん、高次脳機能障害の方でも顕著にみられる傾向があります。
精神面での障害を有するクライアントには特に、生活のメリハリをつけるということは、最低限必要なことなんでしょうね!
マズローの五段階欲求でいうと…安全の欲求内にある“健康維持”を満たす目的に近いのかなと思います。

③身だしなみを整えるという社会的行為のため(社会的欲求)



自宅内で着ている…いわゆる部屋着の状態と、外出や来客対応など他人と接する機会がある場合では、着る装いも変わってきます。
これは更衣動作を社会的な行為として捉えた場合に考えられる理由と言えます。
人は社会的な動物である点も考えると、この更衣動作を社会的行為として捉える視点は、作業療法士として忘れてはいけない視点だと思います。
マズローの五段階欲求でいうと…“社会的欲求”を満たす目的になるのでしょうね!

④自己表現の手段(尊敬、評価、自己実現の欲求)



上述した①~③は更衣動作を義務的な観点からみた目的ですが、この“自己表現の手段”…マズローの五段階欲求でいうと“尊敬、評価の欲求”や“自己実現の欲求”という点で更衣動作を捉えることも必要です。
つまり、生活の中で自分の好みや生活にあった服装を選択でき、楽しみを感じることが目的になります。
この場合は更衣動作を“ファッション”という別の切り口で考える必要があると思います。
とはいっても、この段階の目的になると、①~③の目的よりももっと上位の精神的欲求に対しての目的に位置するので、非常に個別性に富んでいる印象を受けます。

まとめ

ADL動作のカテゴリー内に位置する“更衣動作”ですが、マズロー五段階欲求で捉えなおすとその目的が段階的に見る事ができます。
目の前のクライアントに提供する“更衣動作”の作業療法プログラムは、いったいどの段階の欲求を満たすための目的なのかを把握することで、クライアント側と作業療法士側との目的の温度差が少なくなるんだと思います!

作業療法士は語りたい!

幅広い作業療法が扱う分野のなかでも、
“更衣動作”に特化したリハビリテーションの展開があっても面白いよね!
“ファッションリハビリテーション”とか、
“アパレルリハビリテーション”なんてカテゴリーがあったら、もっと作業療法士ができることが増えていく気がしますね!
というわけで、そんな思いつきに賛同してくれる人がいたら、こちらまでご連絡ください!(笑)
 

おすすめ記事

脳卒中発症時の症状と、覚えておくべき“FAST”について! 軽いうつ病を発見!SRQ-D検査の方法、点数解釈とカットオフについて! 職業リハビリテーションに関わる関連施設についてざっくり調べてみたよ! 脳卒中の機能障害評価法であるSIASの方法と点数、カットオフ値について! 作業分析だけじゃない?リハビリで応用できそうな産業工学の“分析”について!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP