障害受容とは? – キュブラーロス・フィンク・ションツ・コーンのモデルの違い

Thinking

こんにちわ、セラピストブロガーあいとう(@otpressinfo)です。

病気や怪我で障害を有してしまった場合、すぐにその現状を受け入れられることは難しいことです。
それでも、悲観的にならずどんな形でもあれ、障害を受け入れ乗り越えるということが必要になります。

そこで本記事では、キュブラー・ロスの死の需要モデルを軸に、フィンク・ションツ・コーンの障害受容のモデルの違いについても解説します。

キュブラー・ロスの死の需要モデルについて

障害受容のプロセスで有名なのは、アメリカの精神科医である「エリザベス・キューブラー=ロス」による「死の需要プロセスモデル」と呼ばれるものです。
これは、1969年に発表された「死ぬ瞬間」という本の中で書かれています。

この本を執筆する際、キューブラー=ロスは約200人の死を待つ段階である末期患者との面談を行いました。
その面談の中で人が死を受け入れるためのプロセスを導き出し、この本で発表したということです。

死の需要プロセスモデルについて

では、この死の需要プロセスモデルとはどのようなものになるのでしょうか?
このプロセスは…

  1. 否認
  2. 怒り
  3. 取り引き
  4. 抑うつ
  5. 需要

…の5段階とされています。

以下にこのプロセスについて詳しく解説します。

1.否認

まず、起こった出来事に対して「こんなはずではない」と否認をしはじめる時期が訪れます。
少し難しい言葉で言えば、防衛的退行期…とも呼ばれる時期です。

起こった出来事のショックを何とかやわらげようと、その事実を認めようとしない心の防衛反応がみられる時期です。

「なぜ?どうして私だけ?」
「こんなこと起こるはずがない」
「これは夢に違いない」

…こういった今起こっている現実から目を背けようとする発言や思考がみられます。
先ほどのショック期のすぐ直後に訪れることも多いようで、この段階までは比較的感情は麻痺したような状態です。

2.怒り

現実を受け入れられない否認の時期を超えると、次第に悲しみや怒りの感情が表に現れてきます
受け入れがたい現実に対して、事実を究明しようとする気持ちがでてくるため、自分の感情が徐々に爆発してくるような時期とも言えます。

「こんなことになるなんてっ!」
「ふざけるな!!」
「こうなったのはあいつのせいだ!」

この怒りの矛先は、原因を起こした人や出来事そのものだったり、それを招いてしまった自分だったりします。

3.取り引き

どこに向けてよいのかわからない感情が表にでた後は、その事実を無効にしようとする感情や思考に切り替わる段階である「取り引き期」に移っていきます。

「神様…どうかおねがいします」

…と神頼みをするのもこの時期になります。
特に信仰している宗教はなくても、その人にとってなにか絶対的なものを対象にこの取り引きを願うことが多いようです。

4.抑うつ

神頼みも取り引きも無駄だということを認識すると、

「もう死にたい」
「誰も救ってくれない」
「生きていけない」

…という抑うつ的な気持ちなる場合が多いのもこの時期になります。

5.需要

表にでた感情は時間が経過すると程度の差はあれ落ち着いていきます。
また少しずつ神頼みをしてもそれは意味がないと頭ではなく心でも理解していきます。

悲しみ、怒り、抑うつ等の感情が頂点に達し、取り引きも意味がない…と理解した後は、その出来事に対していい意味での諦めと現実の需要が始まります。

現実承認期”とも呼ばれるこの時期は…

「これも自分の運命」
「いつまでも立ち止まってもしょうがない」
「前に進まなきゃ」

…と、起こった現実を受け入れようとする思考に移っていきます。

例としてあげれば…

末期がんの人が…

  1. 告知をうけてすぐ「そんなはずはない、誤診だ」…否認
  2. 「なんでもっと早くみつけられなかったんだ!」…怒り
  3. 「神様、がんが治るならなんでもします。」…取り引き
  4. 「どうせ自分は死ぬんだ」…抑うつ
  5. 「自分らしい最後にしよう」…需要

…と自分の運命を受け入れるというイメージになるかと思います。

その他の障害受容モデルについて

キュブラー・ロス以外にも精神科医や心理学者が、こういった障害を受容するプロセスを研究し、紐解いて体系化していきました。
ここでは…

  • フィンク
  • ションツ
  • コーン

…による3つのモデルについて少しだけご紹介します。

フィンクによるモデル

脊髄損傷患者を対象とした研究で、危機から適応までの過程を体系化したフィンクの危機モデルでは、“マズローの動機付け理論”に基づいて危機から適応までの過程を紐解いています。

1.衝撃

「え?どうして?」
「いったいこれからどうしたらいいの?」
…といった起こった出来事に対してショックや不安から混乱する段階

2.防御的退行

「そんなわけがない!こんなの信じない!」
「これは自分のことじゃない!」
…と、現実逃避、怒り、非難をして自分の身を守ろうとする段階

3.承認

「やっぱりこれは現実なんだ。」
「これからどうしよう。」
…と、逃げられないことがわかり現実に直面し、再度不安が襲う段階

4.適応

「自分らしく生きるしかない」
「これが私だから」
…と、自分のアイデンティティを再認識し、価値観を再構築する段階

ションツによるモデル

乗り越え難い障害との直面に対して、人はどのように心が変化していくか?を研究したションツによる危機状態のプロセスは次の通りになります。

1. 最初の衝撃

「えっ!?何を言っているの?」
…とショック・不安から混乱する段階

2.現実認知

「夢じゃなくて本当の事なんだ・・・」
…と現実を頭で認識する段階

3.防御的退行

「そんなわけがない。」
「こんなの信じない。」
…現実逃避、怒り、非難をすることで自分の身を守る段階

4.承認

「やっぱりそうなんだ。どうしよう。」
…起こった現実を避けることができないことがわかり、現実に再度直面する段階
再び不安が襲ってくるのもこの時期のようです。

5.適応

「自分らしく生きるぞ!」
…と、自分のアイデンティティを再認識し、価値観を再構築する段階

コーンによるモデル

突然の身体障害を受けた患者を対象にした、コーンの障害受容に至るまでのプロセスは次のとおりになります。

1.ショック

「え!?何を言っているの?」
…と、ショック・不安から混乱し、起こった事態を理解できていない段階

2.回復への期待

「もしかしたら治るかもしれない!」
…もしかしたらと希望を持ち、様々なものにすがりたくなる段階
障害が消失し、すぐに収まるとおもっているのもこの時期です。

3.悲嘆

「何をやってもムダなんだ・・・」
…期待したことがムリだとわかり落ち込む段階であり、回復に対しての意欲を失っている時期
希望を失い無力感を感じていて抑うつ的になっていることが多いようです。

4.防衛

「もう何も考えたくない。」
…と現実逃避をして自分の身を守るろうとする段階
心が壊れてしまうという危機から自己防衛をし、自分はこれまでとなんらかわらないと安心させ、いつもおこなっていることに執着する様子もみられます。

5.適応

「自分らしく生きるぞ!」
…と、障害を受け入れる段階。
障害は不便であって不幸ではない…といった心構えができ、自分なりの価値観を再構築する段階

障害受容のプロセスを知ることの目的

実はこの障害受容のプロセスを知ることで、人生の壁にぶつかった際の自分の感情や心を客観的に把握でき、冷静さを保つことができます
そうすると…少しでも前向きな考えに改めることができると思います。

もしくは、「時間が解決してくれる」とよく言われるその時間を少しでも早くすることができるのかとも思います。

まとめ

本記事では、キュブラーロスによる死の需要モデルを基に、障害受容について解説しました。

障害受容とは…
アメリカの精神科医であるキュブラー・ロスによるモデルが有名
そのモデルでは、死という運命を受け入れるまでの5つのプロセスがあるとしている
否認、怒り、取り引き、抑うつを経て需要に至る
その他にもフィンクやションツ、コーンによるプロセスのモデルがある
あくまでキュブラー・ロスのモデルは「死を直前にした人」を対象として体系化されたモデルだけど、
このプロセスは死以外の問題や障害にもある程度当てはまると思うんだ。
重要なのは、最終段階である「需要」に至るまでのプロセスをきちんと踏んでおかないといけないってことかもしれませんね!
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

エリザベス キューブラー・ロス
2,698円(04/06 09:06時点)
発売日: 2001/01/01
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました