Muscle

顎ニ腹筋(がくにふくきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

顎二腹筋は、頚部の舌骨上筋で、嚥下にも関与する筋肉になります。
今回はこの顎ニ腹筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

顎ニ腹筋の起始・停止について

顎ニ腹筋の起始・停止については、以下の通りになります。

  • 起始:下顎骨二腹筋窩(前腹)、側頭骨乳様突起(後腹)
  • 停止:舌骨中間腱

…となります。

顎二腹筋は発生学的にも由来が全く異なる前後の二腹からなり、その間を結ぶ中間腱は舌骨小角の付近で線維性の滑車によって舌骨体に支持されています。
後腹は乳突切痕から起こり、胸鎖乳突筋に被われながら前下方に下り中間腱に至り、前腹はこれにつづいて前内方に向かい、下顎骨前部後面の二腹筋窩に付着(停止)します。

顎ニ腹筋の支配神経について

顎二腹筋の支配神経ですが、前腹、後腹それぞれ異なるのが特徴です。

  • 前腹:下顎神経の顎舌骨筋神経
  • 後腹:顔面神経の顎二腹筋枝

…となりますが、まれに他の異なる神経の二重支配を受けることもあるようです。

顎ニ腹筋への血液供給動脈について

顎ニ腹筋への血液供給動脈ですが、こちらも前腹、後腹それぞれ異なります。

  • 前腹:オトガイ下動脈
  • 後腹:後頭動脈

顎ニ腹筋の主な働き

顎ニ腹筋の主な働きですが、

・舌骨の挙上
・下顎骨の引き下げ
…となります。

これは、下顎骨を固定したときは舌骨を引き上げる働きに作用し、舌骨を固定したときは下顎骨を引き下げ口を開ける働きに作用することになります。

顎ニ腹筋を英語で何て言う?

Digastric muscle

顎ニ腹筋をラテン語で何て言う?

M.digastricus

読み方・発音

ダァィガァストゥリィク
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP