口角下制筋(こうかくかせいきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

口角下制筋は浅層の表情筋であり、口筋のひとつでもある筋です。
そこで今回はこの口角下制筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

口角下制筋の起始・停止について

口角下制筋の起始、停止についてですが…
<
div class=”conclusion-box”>

  • 起始:下顎骨下縁、広頸筋
  • 停止:口角結節、口輪筋
[/su_note] …となります。
以下に詳細を解説します。

起始

口角下制筋は、下顎骨下縁の中部から広く下唇下制筋の起始とまじり合って起こります。
上方に向かって走行し、狭くなるのが特徴です。

停止

三角形を形成して口角に付着(停止)します。
口角下制筋の一部は口輪筋に加わります。

口角下制筋の支配神経について

口角下制筋の支配神経ですが…

顔面神経(頬筋枝)

…になります。

口角下制筋への血液供給動脈について

口角下制筋へ血液供給している動脈は…

顔面動脈

…となります。

口角下制筋の主な働き

口角下制筋は主に、

口角、上唇を引き下げる
…作用に働きます。
つまり、両側が働くと口が「へ」の字の形になる機能を担うことになります。

口角下制筋を英語で何て言う?

Depressor anguli oris. triangularis muscle

口角下制筋をラテン語で何て言う?

M.depressor anguli oris

読み方・発音

ディプレッサ アンギュリ オリス
タイトルとURLをコピーしました