Muscle

三角筋(さんかくきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

三角筋は筋肉系の肩帯を形成する肩関節後筋のひとつで、肩関節を前後、横方向に覆う大きく厚い三角形の筋になります。
今回はこの三角筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

三角筋の起始・停止について

三角筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:鎖骨の外側部の1/3(前部)、肩峰(中部)、肩甲棘(後部)
  • 停止:上腕骨外側面(三角筋粗面)

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

三角筋は、前部が鎖骨の外側部1/3、中部が肩峰、後部が肩甲棘起こり、全体として三角形をなして外方へ走り、肩関節を被って下方に向かいます。

停止

3つに分かれている三角筋ですが、それぞれの粗大な筋束が集まり、上腕骨の中央外側面にある三角筋粗面に付着(停止)します。

三角筋の支配神経

三角筋の支配神経ですが…

腋窩神経(C5,C6)

…となります。

三角筋への血液供給動脈について

三角筋へ血液供給する主な動脈は…

後上腕回旋動脈

…となります。

三角筋の主な働き

三角筋は主に、

・肩関節の外転
・肩関節の屈曲
・肩関節の伸展
…の機能を担います。

各部位によってその作用が少し変わってきますが、

・前部:肩関節屈曲、内旋
・中部:肩関節外旋
・後部:肩関節伸展、外旋
…となります。

三角筋を英語で何て言う?

Deltoid muscle

三角筋をラテン語で何て言う?

M. deltoideus

読み方

デェルトォィドゥ
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP