睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療方法の1つにCPAP療法があります。
今回はこのCPAP療法の対象や治療効果、操作方法、注意点についてまとめてみました!

CPAP療法とは?

“CPAP(シーパップ)療法”とは、英語で“Continuous Positive Airway Pressure”の略称で、“経鼻的持続陽圧呼吸療法”とも呼ばれている欧米や日本国内で最も普及している睡眠時無呼吸症候群に対しての治療方法になります。

CPAP療法の対象について

CPAP療法は主に、“閉塞性睡眠時無呼吸症候群”に有効とされています。

CPAP療法の治療効果

CPAP療法は、鼻より空気を送り、閉塞した上気道を押し広げることによって睡眠時の無呼吸をなくし、酸素不足を解消することができ睡眠の質を向上させることができます。
睡眠の質が向上することは、結果としてSASの合併症である“高血圧症”や“狭心症”、“心筋梗塞”といった病気を予防することができます。

事実、SASに対してCPAP療法による治療を行った場合と行わなかった場合とでは、心筋梗塞や脳卒中といった心血管系イベントの発生率が優位に減少しているとの研究結果も報告されています。

CPAPの操作方法について

では、実際に僕自身が使用しているCPAPを基にした操作方法をまとめてみます。

開始時

①電源コード(コンサント)をつなぐ
②ホースをつなぐ
③マスクを装着する
④エアーを流す
電源ボタンを押すとエアーが流れてスタートします。

<

h3>終了時

<

h3>

①電源ボタンを押すことでエアーが止まります。
②SDカードにデータが記録されます。

CPAPには、その日の使用時間とエアーの圧、いびきの状態や無呼吸、低呼吸の状態を計測して記録してくれる機能があります。
月に一度の定期受診の際、この記録されたSDカードを主治医に提出し、診察してもらうことになります。

CPAPの使用時の注意点について

CPAPを使用するにあたっての注意点としては、

・終了時にSDカードにデータ転送中は電源を切らない
・コンセントを抜いてエアーを止めない
・定期的にホースやマスク、ヘッドギアの手入れを行う
・フィルターの掃除をこまめに行う
…といったものがあげられます。

まとめ

SASの治療方法としても最も効果的と言われているのがこのCPAP療法ですが、実際使用し続けているととても快適ですし、日中の眠気や起床時の頭痛も激減したので非常に効果を感じています。
ただ、その反面眠るときの不便さや月1回の受診が大変なこと、コスト面の負担などはありますが…それでも重篤な病気を予防するためにも必要なことですからね!

作業療法士は語りたい!

事例は少ないものの、脳卒中による片麻痺の方でCPAPを使用しているクライアントもいるわけだから、
その操作方法や装着の方法などは、作業療法士は知っていて損はないだろうね。
SASとが原因による脳卒中の方もいらっしゃるでしょうから、可能性としてはありますよね!