睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対してCPAP療法で治療を行うと、毎月1回は主治医の定期診察を行わないといけません。
その診察の際、どのような項目をチェックされるのか、またCPAPにはどのようなデータが記録されるのか?についてまとめてみました!

SASの定期診察では何をチェックする?




あくまで自分の経験談によりますが、主治医との診察の際には、

・睡眠時間についてのチェック
・CPAPのデータを基にした睡眠状態のチェック
・眠気の自覚症状の有無について
・CPAP操作や使い心地についてのチェック
・その他症状などについて

…といったものが主になります。
あくまで個人の経験に基づくものなので、主治医によって内容に違いはあると思いますが、概ねこういった内容についてチェックを受けます。

CPAPの結果について

CPAPにはその日の睡眠状態を記録する機能も備わっており、診察の際その睡眠状態のデータを主治医に提出をすることになっています。

そのデータの内訳としては、

①睡眠時間
②時間あたりのイベントサマリー
③Auto CPAP圧時間
④コンプライアンスサマリー
⑤Auto CPAPサマリー

…の5つに分けられます。

①睡眠時間

CPAPによる治療効果が現れる最低睡眠時間は4時間とされています。
毎日の睡眠時間(CPAP装着時間)が4時間以上確保できているかどうかをチェックします。
グラフで4時間以上CPAPを装着している場合は緑色、4時間未満の場合は赤色に表示されます。

②時間あたりのイベントサマリー

・P:圧
・MaP:圧時間(分)
・%:一晩あたりの割合
・FL:フローリミテーション
・VS:振動性いびき、
・H:低呼吸
・OA:閉塞型無呼吸
・CA:気道開存無呼吸
・RE:呼吸努力関連覚醒(Respiratory effort related arousal:RERA)
・AHI:無呼吸/低呼吸指数 

CPAPは設定で使用開始の圧の強さを変えることができます。
自分は装着し、使用開始時の治療圧が“5.0cmH2O”でしたが、徐々に上がっていき、現在では“8.0cmH2O”で落ち着いています。

③Auto CPAP圧時間

“Auto CPAP圧時間”では、CPAPの治療圧の状態についてグラフになって表されます。

④コンプライアンスサマリー

この“コンプライアンスサマリー”では、以下の項目について記録されます。

・日付範囲
・装置使用日数
・装置を使用しなかった日数
・装置の使用日数の割合(%)
・累積使用時間
・最大使用時間(1日)
・平均使用時間(全期間)
・平均使用時間(使用日)
・最小使用時間(1日)
・使用時間が4時間以上の割合(%)
・使用時間が4時間以下の割合(%)
・稼動時間

⑤Auto CPAPサマリー

この“Auto CPAPサマリー”では、CPAPの治療圧に関連する以下の項目について記録されます。

・Auto CPAP平均圧
・Auto CPAP平均圧の最高値
・90%の時間を占める圧
・1日当たりの平均ラージリーク時間
・平均AHI

まとめ

CPAP療法による治療のデメリットとしては、毎月の定期受診と診察が金銭面や時間面での負担が大きくなることがあげられますが、こういったデータを基にしっかりと専門家からの睡眠生活についてのコンサルティングを受ける機会ってなかなかないと思うんです。
健康的な生活を送るためにも、質の良い睡眠生活を送る必要があると言えます。

作業療法士は語りたい!

まだ作業療法士がクライアントの睡眠に直接的に関わる機会って多くはないだろうけど、
今後の職域拡大という観点からも、知っていて損はないかと思うんだ!
その時にCPA療法についての知識は重要になってくるでしょうね!