「何かしたい!」と思っているセラピストにぴったりなイベント、コアリーダー実践塾について!

 

「セラピストはもっと地域で活躍していけるはず…。」
そう強く思い、もっとアクティブに活躍できるセラピストを発掘していくイベントが、この「コアリーダー実践塾」です。
今回は主宰者であり、講師でもある作業療法士の“大郷 和成”さんにコアリーダー実践塾の魅力についてお聞きしました!


人物紹介:大郷 和成
・NPO法人laule’a(ラウレア)副理事長
・元新戸塚病院 副技士長
・作業療法による健康を考える会 代表
・促通反復療法 講師
・日本青年国際交流機構 運営委員

元新戸塚病院の副技士長(作業療法士)。元々は医療現場で働いていたが、作業療法士の可能性と地域でのニーズを感じ、独立。
NPO法人laule’a 副理事長に就任。laule’aでは、障害を持つ子供たちのための放課後等デイサービス(遊びリパーク リノア)を神奈川県は辻堂で運営。
また、laule’aだけでなく、内閣府の国際交流事業、かながわ脳トレ教室、鎌倉バリアフリービーチでのイベント、地域の寺子屋、各種講演など様々な地域のニーズに応えるために、活動の幅を拡大している。セラピストのキャリア支援や教育にも強みを持ち、今後は教育・育成の現場にも活動領域を拡大していく予定。神奈川県における促通反復療法のパイオニアでもある。

「コアリーダー実践塾」について

-“コアリーダー実践塾とは?”
“コアリーダー”って名前をつけた事に関してなんですが、そもそも医療福祉系の専門職ってしっかりとした理論や知見をもっているので、医療、福祉の目の前の仕事で提供するだけでなく、もっと多くの人に伝えられるんじゃないか?
と思うんです。医療、福祉という枠だけにとどまらず、その専門職の強みを生かしてもっと困っている人や、もっとこんなことをしたいなって思っている人に何かアプローチできる人が増えて行ったら、もっと世の中はよくなるんじゃないかなと。
そういった自分からアクションを起こしていける…言われたことをやるのではなく、自分から課題を見つけて行って、それに対して解決するためのアクションを起こしていける人を“コアリーダー”って呼んでいるんですね。

-上司といった“リーダー”ではなく、自分から動いて行くということを含めて“コアリーダー”?

そうですね!
誰かの先頭に立つというよりは、自分から発信したり巻き込んだりしていく、そういうふうな力強さ、芯をもってチャレンジできる人が増えたらないいなと思っているんです。

-そういう人たちを作っていくのがこのコアリーダー実践塾になるんですね?

医療系の職種…特にセラピストは医療系の技術とかは学ぶけど、「それをどう活かしていくか?」ということを学ぶ機会が少ないんですよ。
卒業した後もないですし、ましてや協会がそういう取り組みをしているわけでもない。
机上の管理運営やマネジメント論ってのではなく、もっと実践から培ってきたことを学べる場所がないんですよね。
僕自身もなかったので、試行錯誤しながらここまでやってきたんです。
そしたらいろんなことが実現できてきたんです!

それを振り返って、自分のところにどういう要素があったのか…これを①自分の軸を決める、②自分にタグ付けをする、③情報発信力を高める、④人脈形成力を高める…の4つの要素にまとめて、皆さんが思っていることを顕在化して実現化していくための実践塾になります!

-コアリーダー実践塾は、以前も何回か行っているんですよね?

この名前で行うのは、2回目ですね!
ただ、この内容を抜粋しては何度か行っています!

セラピストに求められる“リーダーシップ”について


-セラピストに求めるリーダーシップってなんでしょうか?

まずセラピストに限定しなくてもいいんですが、リーダーシップにもいろんな形があると思うんですよ。
例えば、力強く方向性やビジョンを語って突き進んで行くってタイプのリーダーシップもあれば、縁の下の力持ちのようなリーダーシップだとか。
意見をまとめるのが上手なリーダーシップっていうのもあるでしょうね。
この形っていろいろあると思うんです。

その中でも、このセラピストっていうところに限定するのであれば、健康づくり、地域づくりっていうところで価値を提供できると思っています。
ですからこの枠で、待っているのではなく自分から動いていくのがセラピストに求められるリーダーシップなのかなと!

-言われたことを漫然とやるのではなく、課題、問題を自分から見つけてそれに対してどう動いていくか?が重要なんでしょうね。

特にリーダーシップで必要なのって“コーディネート力”と、場をうまく回していく力である“ファシリテート力”、そして聴くという姿勢も必要なので、“コミュニケーション力”なんでしょうね。
この3つは必要だと思っています。

-そういったのを軸に、コアリーダー実践塾は2回にわけて行われるんですよね?
そうですね!
4月と6月を予定しています!

「コアリーダー実践塾」の内容について


-1回目である4月の内容が、『インプットセッション』ということで、“自分の軸を作ろう”、“自分にタグをつくろう”、というところですが…。
“自分の軸をつくろう”ということはどういうことでしょうか?

実はこの部分が一番重要なんです。
僕ら専門職で何かやりたいことを語るじゃないですか?
看護師だったらケアのなかで…セラピストならリハビリのなかで…とか。

でも本質的に、自分の本当に大事にしている価値観、本当にどうなりたいのか、どうありたいのか、ってなかなか考えないんだと思うんです。
いつのまにか専門職のなかでの考えになって狭くなってっちゃって、本当の自己実現したい自分ってもっと広いはずなのに、狭いところで考えてたりすることが多くなっちゃうんです。

なので、一回セラピストってメガネを外して、自分の本質的な軸ってのを作っていこうと。
この『インプットセッション』では、自分のとの対話をしていくって感じですね。
参加者同士が対話をしていくんですけど、対話の内容によっては子供のときわくわくした熱中したこと、どんな風景が好きか、子供のときからいままでを振り返って感情を湧きおこすんです。
そこに大事な価値観が隠れていることって多いんです。

その価値観をしっかり掘りおこしていって、「自分はこういうことを大事にしていたんだ!」とか、「こういうことをしたんだな!」ってことをもう一度自覚してもらう。
これが自分の人生の方向付けになる。

その軸がないと、コアリーダー実践塾でスキル的なことを学んだとしても表面的なものになってしまう。
だから、ここでは“やりかたではなくありかた”をじぶんで築いていく、ってのが重要になります。

-“やりかたではなく、ありかた”…それいいですね!

はい!
で、それが最終的にに自分がいろんな価値基準を判断していかなけばならないので、そのための中心となる軸、ですよね。
それができると、仕事を自分でで選べるようになる。
イエス、ノーがはっきりするので。

-そうでしょうね。自分に合っているもの、得意なもの苦手なものがしっかり分けられますからね。

そうですね。
そうすることによって、その軸に沿って生きていると、自分らしく常にいられるんです。
最初にそのベースをつくろうってのですね。

-これってそうすると、働き方にもつながりますよね?

この枠で話す1つに、『キャリアドリフト』って言葉を使ってるんですけど、キャリアデザインとは違うんですよ。
キャリアデザインってのは2年後3年後こういうふうにしていくってのをみつけて、階段を上がって行くってイメージですよね。

ドリフトってのはそうではなくて、大まかな方向性だけきめて、後はその場に身を委ねて行くという方法。
やりたいこととか、この職業で5年後こういうふうにやるとか明確なビジョンは特にもたずに、たとえばおおざっぱに地域でなにか活動はしてみたいな…みたいな。
そういう方向性をもっているだけでも違うんですよね!

例えば地域でちょっと虚弱な人に対して何かアプローチできないかな…と。
そういう風な方向性だけつけて自分でアクションを起こしていくというのがセラピストの一つのキャリアドリフトの例かもしれませんね!

-環境に流されることを前提としたキャリアデザインってことになりますね!

僕自身がまさにそういうキャリアの積み方をしてきたんですね。
病院にいるときでも、将来は地域で障害の支援をしているなんて事はデザインはなかったんです(笑)。
でも自分の軸を持ってそういう風な低域に役に立ちたいと言うアンテナ張っていたのでびしっとついてくる。
そういうキャリアの積み方をするには自分の軸をしっかり持っていないとそういうチャンスにめぐり会えないんですけどね。

-キャリアドリフトにつながるためにも、コアリーダー実践塾で自分の軸を作ろうと言う事ですね。

セラピストとしての自分の土台をつくれればいいなと思います!

-2つ目の“自分にタグをつけよう”とはどういうことでしょうか?

今Twitterやインスタグラムなんかで“タグ付け”ってありますよね?
あれを正しく自分に付けていくことって実はすごい重要なんです!
言い換えれば自分を表すキーワードをしっかり言語化していくと言う事になるんです!
自分が何者なのかということを端的に示すような物語あと自分のやりたいことだったり、それが言葉としてしっかり表現できるように、していくっていうのは大事なことになってきます。

-自分自身にタグ付けってのは面白い発想ですね!

自分にタグ付けをすると、他の人がすごい自分のことを理解しやすくなるんです。
例えば僕には「障害児支援」というタグ付けができますよね?
そういうタグがついていると、他の人がそのタグを使って僕を紹介してくれるんです。
「大郷さんってどんな人?」っていう時に「障害児支援をしている人だよ」って言うタグを使って紹介してくれる。
そういうタグがはっきりとあると、仕事を紹介しやすくなるのでいろんな話が舞い込んで来やすくなるんです。

-自分自身の特徴をしっかり言語化して、見つけてもらえるようにするということでしょうね!

例えば、将来的に「地域で活動したい!」と思っていたら、“地域で活動したい”みたいなタグをつけていく。
そのタグがうまく回っていくと「地域でこんなことやるんだけど一緒にどう?」って声をかけてもらいやすくなる。
他の人に発見してもらえやすくなるんです。
そういう意味でも、コアリーダー実践塾で“自分を表すキーワード”であるタグをしっかりみつけてもらえればと思っています。

-“自分の軸を作る”、“自分にタグ付けをする”をテーマにすることが1回目のインプットセッションなんですね!
では、2回目のアウトプットセッションとなるとどのようなことをするのでしょうか?

アウトプットセッションでの一つである“情報発信力を高める”ですが、主にSNSの利用の仕方について触れたいと思っています。
僕の場合はFacebookの活用が多いので、Facebookの活用方法をベースに情報発信力ということをみんなで高めていければと。
情報発信力を高める…といってもただ闇雲に発信していくでは変わらないので、例えばどういう風な文章や内容で描けばいいのか、誰に向けて発信すればいいのかについてもお話しようと思っています。

-情報発信にはテクニック的なものも重要でしょうからね!

あと自分が発信するという情報でも、何もないのにただ喋ってるだけでは信憑性がない。
ただ漫然と日記を書いているようになっちゃうので、自分の持っている実績や能力が見えるような形で発信をしていかなければならないんです。
それをコアリーダー実践塾では、受講者の方のエピソードを掘り起こしながら実際に発信するグループワークで行っていく予定です。

-座学だけではない体験型のワークショップとして学んでいくんですね!

情報発信力の話では、Facebookが主な情報の発信になるんでしょうけども、この“伝え方”のコツがわかるとFacebook以外でもすごい使えるようになるんです!
例えばカンファレンスや会議の中での発言の仕方を変える事ができますね!
あとは学会に参加したときの質問の仕方が変わります!
質問することで、発表者よりも「この人の質問違うなぁ」と思わせ、自分の存在をアピールすることができるんですよ!(笑)

-学会で質問をすることで、自分の存在を目立たせるという切り口はあまりないかもしれないですね!

そうなんです!
質問にもタグ付けをしていると、質問するだけで自分を発信することができるんです。
そういうふうに情報発信の方法を意識をしていくと、どんな場面でそういうのが使えることになります。
それをみんなで体験していこうと思っています!

-それはすごい魅力的な内容ですね!
最後の“人脈形成力”についてはどのような内容になりますか?

今までの3つのテーマでは個人に向けてになるんですけど、何か課題を解決したり、新しい価値を生み出してくとか、新たなチャレンジをしていくということを一人でそれでやると言うのはほぼ不可能なんですね。
そういった時にのためには人とのつながりを構築していかなければならないですし、一緒にやっていくパートナーを探していくということが必要なんです。

そういった意味でも人脈は非常に必要になってきます。
コアリーダー実践塾では、その人脈の築き方をお伝えしていこうかなと。

-情報発信力と人脈形成力の2つをテーマにするのが、2回目のアウトプットセッションとうう事ですね!
では、このコアリーダー実践塾は主にどのような人を対象しているのでしょうか?

対象としては、何かチャレンジしたいなと思っているけど、何にチャレンジしたいのかわからない。
今の仕事もいいけど、何かもっと楽しいこととか、ワクワクするとか、何か熱中できるものをやってみたいよね?
という、普段から“なにかやりきれてない感”があるような人にはぴったりな内容だ思います!

-いい意味で“欲求不満な人”ということでしょうね!

そういうことです(笑)
現状に不満はないんだけど、もっとやれそうだなっていう場合、何かやりたいけどまだ決まっていない、そういう人はここに来るとやりたいことがかなり明確されて、その後かなりアクションに差ができやすいと思うんですよね!

-考えるだけ行動にうつせない、モヤモヤしてるという人が多いでしょうからね。
そういうアクションを起こすための背中を押しになる内容でしょうね!

あとは若手のセラピストだけではなく、管理職になっていく人にも参加してもらいたいなと。
ここに来ると改めて自分を見つめなおせるので、自分がどういう風なリーダーになっていくのかなという広い視点で見れるようになれます。

– では、最後にコアリーダー実践塾を開催するにあたって皆さんにお伝えしたいことはありますか?

まずは一歩踏み出してもらえればと思います。
コアリーダー実践塾に参加することで、一歩外に出てみて、ちょっと今までとは違うスキルを自分の中に入れると、また違った視点が持てるようになれます。
そうすると、仕事もプライベートもまたより充実したものになっなっていくと思います。

あとこのコアリーダー実践塾とは、今回は横浜と静岡で開催します!
静岡開催は5月と7月を予定しています!

また、この実践塾への参加者同士のコミュニティを作る予定もしています。
お互いの取り組みとか価値観を共有し、お互いを受け入れて認め合っていくもっと新しいことを価値のあることを見出していくような仲間を増やしていきたいなと思っています!

-大郷さん、ありがとうございました!

*コアリーダー実践塾、申込みは以下のリンクより受付中です!
横浜開催希望の方はこちら
静岡開催希望の方はこちら

 

おすすめ記事

BGMは意外と潜在意識に働きかける効果があるって話。 年々増加傾向?就労継続支援A型の特徴や対象、平均工賃についてまとめてみた。 “作業療法って結局なに?”って迷ったら、国内の先人・偉人による名言から振り返ったらいいと思うんよ! 骨盤の歪みが原因の8つの病気・症状について!
働き方の多様化ってやつは、障害者にとってもメリットが多いんじゃないでしょうか?

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP