リハビリテーション評価

協調性検査の上肢・下肢別の方法と注意点について

 

協調性検査といってもその方法は様々です。
上肢、下肢によっても異なりますし、何よりどんな目的で行い、どんな意義があるのか?という点まで発展的に考えないといけません。
そこで今回は、『協調性検査の上肢・下肢別の方法と注意点』についてまとめてみました。

協調運動とは?

そもそも“協調”とはどのようなことなのでしょうか?
定義としては

協調とは,運動を円滑に行うために,多くの筋肉か調和を保って働くこと
…とあります。

協調運動が関与する神経回路

協調運動が関与する神経回路としては、

・小脳系
・錘体路系
・錐体外路系
…などがあげられます。
つまり何かしらの疾病によってこれらの回路の障害が生じた際に協調運動障害が引き起こされる…ということになります。

運動失調と協調運動障害の違いは?

失調と協調運動って非常に似た言葉ですので、結構まちがって使われていたりどっちがどっちだかこんがらがることって多くあると思います。
そもそもそれぞれを英語では

・失調(ataxia)
・協調運動障害(incoordination)
…と呼ばれ、もちろん意味としても異なります。

ちなみに運動失調について“Garcin”は、

「運動失調とは協調運動障害の1つのあらわれであり、したがって筋力低下があってはならない。
運動失調の第1は随意運動がうまくできず運動の方向とか程度が変ってしまうものである。
第2は体位とか姿勢の異常で、それらを正常に保持するのに必要な随意的なあるいは反射的な筋の収縮がそこなわれている」
…と定義しています。

つまり、結論としては、
失調(ataxia)は協調運動障害(incoodination)のなかの一つの症状
…ということになります。

協調運動障害の種類

では失調以外に協調運動障害にはどのような種類があるのでしょうか?
端的に言えば、以下のようになります。

・運動失調(ataxia)
・共同運動不能(asynergia)or共同運動障害(dyssynergia)
・測定障害(dysmetria)
・変換運動(反復)障害(dysdiadochokinesis)
・筋トーヌス低下(hypotonia) 
・振戦(tremor)

上田による協調性テストについて

運動失調などの上肢協調動作障害の検査として、従来よりもっとも一般的に広く使用されてきたものは、上田により開発された協調性テストになります。

3つのサブテストで構成されている

上田による協調性テストは3つのサブテストで構成されています。

検査1


直径1cmの縁を中心に、直径を1cmずつ増加させていった5つの同心円を使用し、10cmの高さから中心をめがけて鉛筆で50回点を打ち、中心の円からはみだした数、ずれの程度とかかった時間を計測します。
この際、被験者の肘は机上に固定せず空中に浮かしておくことが義務づけられています。
また、基本的に1秒に1回という規定があるためメトロノームなどを使用する場合もあるようです。

検査2


縦線の切れ目をぬって線に触れないようにゴールに向かって鉛筆で曲線を描き、要する時間と縦線に触れた誤数を測定します。

検査3


直線上に描かれた10個の円の中に鉛筆で1つずつ点を打ち、3秒or5秒の間に正確に打てた数を測定します。

上肢における失調検査

上肢における失調症状を検査する方法としては、

a)鼻指鼻試験(nose-finger-nose test)
b)指鼻試験(finger-nose test)
c)膝打ち試験(KneePat Test)
d)手回内・回外試験(hand pronation・supination test)
e)運動分解(decomposition of movement)
f)Stewart-Holmes反跳現象(rebound phenomenon)
g)線引き試験(line drawing test)
h)書字試験
…といったものが代表としてあげられます。

a)鼻指鼻試験(nose-finger-nose test)

被験者の示指を自分の鼻尖に当てさせ、その指で検者の指先と被験者の鼻尖を交互に触らせます。
このとき検者の指は被験者が肘関節を進展させなければ届かない位置に置き、毎回位置を変化させる必要があります。
示指の動き方、振戦の出現、鼻尖にきちんと指が達するかどうかで、測定障害(dysmetria)・共同運動不能(asynergia)・振戦(tremor)の有無を判定できます。

b)指鼻試験(finger-nose test)

これは上述した“鼻指鼻試験”と前後して行う検査です。
方法としては被験者の上肢を十分に伸展させた位置から示指で被験者の鼻尖を触らせます。
このとき肘関節部を胸壁などで固定しないように注意します。
このテストは繰り返すことにより動作が円滑になることがあるために、特に最初の1~2回を注意してみる必要があります。

c)膝打ち試験(KneePat Test)

被験者を座らせ、自分の膝を片側ずる手掌および手背で交互に素早く叩かせるという検査です(両側同時に行わせる方法もあります)。
この場合最初はゆっくりと、次第に速度を増してできるだけ早く行わせるのがポイントです。
正常では迅速に規則正しく行うことができ、同じ場所を叩きます。
協調運動障害がある場合は、動作はのろく不規則で、叩く場所も一定しないのが観察できます。

d)手回内・回外試験(hand pronation・supination test)

両上肢を伸展させ前にだし、できるだけ早く回内・回外を繰り返させます。
この検査は反復拮抗運動不能を調べる検査で、動作のスピードとリズムに注意して観察することが重要です。
また、筋緊張異常や運動麻痺があっても検査は陽性となるため注意が必要です。

e)運動分解(decomposition of movement)

上肢を伸展させた位置から示指で耳に触れるよう指示します。
通常では直線的な軌跡をたどって耳に到達しますが、この症状がある場合にはそれが困難になります。

f)Stewart-Holmes反跳現象(rebound phenomenon)

スチュアート・ホームズ反跳現象は、被験者の肘関節屈曲時に検者が最大抵抗を加えこれを急に離した時の状態をみます。
運動失調の場合、放された手が顔や胸を強く打つため、危険をさけるため顔に当たらないように検者の手でカバーするなどの配慮が必要です。

g)線引き試験(line drawing test)

10cm離れた平行線の間に直線を引きます。
通常なら直線の間をスムーズに線を引くことができますが、運動失調の場合は直線からはみ出す(測定過大)or届かない(測定過小)…といった症状がみられます。

h)書字試験

運動失調の場合、書き始めから徐々に字が拡大していく“大字症”が典型例です。
また測定障害や協同収縮不能などによって支離滅裂な文字になることも特徴です。
また、迷路性運動失調の場合、一連の文字がい方向に偏倚する“迷路性偏書”も認められます。

関連記事:一般的な上肢機能の検査の種類と、その用途についてまとめてみました!

下肢における失調検査

下肢における失調症状を検査する方法としては、

a)足趾手指試験(Toe-Finger Test)
b)踵膝試験(Heel-Knee Test)
c)向こう塵叩打試験(Shin-Tapping Test)
d)Foot Pat

a)足趾手指試験(Toe-Finger Test)

被験者を仰臥させ、足の母趾を検者の示指につけるように命じます。
検者の示指は被験者が膝をまげて到達できるような位置におくことが必要です。
検者は示指を素早く15-45cm程度動かし、被験者に足の母趾でこれを追うように命じます。
協調運動障害がある場合はうまく追うことができないのが観察できます。

b)踵膝試験(Heel-Knee Test)

踵膝試験は仰臥位で行います。
この際、検査結果を正確なものにするためにもなるべく被験者の眼をつぶらせた方がよいようです。
方法としては、被験者の片側の踵を他側の膝につけ,またもとにもどす運動をくり返させます。

また、片側の踵を他側の膝にのせた後、さらに母趾を天井に向けるようにして,踵を向こう脛に沿って真っ直ぐに下降させ、足背に達したらもとの位置にもどさせる…という“heel-shin test”も一般的に踵膝試験に含まれています。
協調運動障害の場合、踵はうまく膝にのらず,向こう脛に沿って真っ直ぐにまた円滑に動かすことができない…というのが観察できます。

c)向こう脛叩打試験(Shin-Tapping Test)

上述した“腫膝試験”はその方法がやや複雑なことからも認知機能が低下しているような被験者では、検査方法の理解が不十分なことから検査として有用ではない場合があります。
その際の代替方法としてこの“向こう脛叩打試験”を行うことがあるようです。
これは片側の足を反対側の向こう脛の上、大体lOcmのところにあげ、足を十分に背屈させ足趾を天井に向くようにさせます。
そのまま踵でで反対側の向こう脛の膝から5cmぐらい下を叩かせる…という検査です。
毎秒1-2回の速度で7-8回軽く叩かせますが、協調運動障害がある場合、一定のところが叩けないという様子が観察できます。

d)Foot Pat

被験者の踵が丁度よく床につくよう腰かけさせます。
そして踵は床につけたまま、足首を屈伸させ足底でできるだけ速く床を叩くように命じます。
協調運動障害の場合ゆっくりしか行えない様子が観察できます。

椅子座位ではなく仰臥位で行う場合は、同じような条件で検者の手掌を叩くように命じ検査を行います。

まとめ

小脳性の疾患やパーキンソン病といった疾患の場合、失調を含めた協調運動障害によって日常生活活動の遂行が困難になったり、自己実現が困難になる場合が多々あります。
作業療法士としてまずはその協調性運動障害がどのようなものなのかをしっかりと検査し、評価をする必要がありますね!

作業療法士は語りたい!

協調性運動障害の検査はどれか1つを行って判断するのではなく、
複数を組み合わせて行うことが必要だろうね!
そこからその協調性運動障害がどのような生活上の障害を引き起こすのか?という点にまで発展的に考える必要が作業療法士にはありますよね!

関連記事

小脳梗塞の症状と評価方法について!

 

おすすめ記事

作業療法士にとって必要な“継続力”を維持する5つのステップについて! アドラー心理学の“勇気づけ”を知れば、人間関係の円滑化に役立つ?? PULSES Profile(パルセス プロフィール)によるADL評価の項目と点数の付け方について! FIMの整容における項目や具体例、採点方法などについて 勤労と労働、仕事と働くことの意味や違いについて調べたらカオスになった件。

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP