リハビリテーション評価

筋緊張異常の分類と検査、評価方法、注意点について

 

作業療法やリハビリテーションの検査として、筋緊張の異常を検査するって結構重要なんですよね。
そこで今回は『筋緊張異常の分類と検査、評価方法、注意点』についてまとめてみました!

筋緊張の異常について


筋緊張の異常は端的に言えば“亢進”しているか“低下”しているかに分けられます。
筋緊張の亢進も低下もその背景にある疾患、障害によって出現の仕方が変わってきます。
筋緊張の異常を分類してみると、

a)痙性
b)固縮
c)パラトニー
d)regospasticify
に分けられます。

a)痙性

痙性状態の筋は、多動運動を速くすればするほど観察しやすくなるのが特徴と言えます。
痙性は筋を伸展する最の比較的初期に認められるもので、ある程度筋が伸長された時に抵抗感が現れ、このときが最大で急速に減弱する“折りたたみナイフ現象”と呼ばれる特徴を持ちます。
この特徴は、上肢では屈筋群、下肢では伸筋群に強く認められます。

b)固縮

固縮の状態にある筋では、痙性状態の筋とは異なり、多動運動のはじめから終わりまで、抵抗が一様に存在します。
固縮には、他動的に筋を伸張する際に、鉛管を伸ばすような抵抗感…鉛管現象や、がくがくとした歯車様の抵抗感…歯車現象を感じる場合があります。
固縮は屈筋群、伸筋群ともに同じ程度に侵されるのが特徴と言えます。

c)パラトニー

これは筋の状態を観察するときのみ、被験者の筋緊張の状態が変化する状態のことを言います。
被験者の注意が他に向けられていて、十分に休止している状態の時はには筋緊張の亢進は認められませんが、いざ検査しようとする筋に被験者の注意が向くと、
筋の緊張を解くことができず、固縮のような抵抗感を感じることがあります。

このパラトニーは被験者の情動、感情によって影響される筋近著うであり、広汎な脳障害(認知症、意識障害etc)によって出現する場合が多いとされています。

d)強剛痙縮(rigospasticity)

強剛痙縮(regospasticify)は筋緊張の異常でも、痙性と固縮が混在する状態を言います。

筋緊張の検査について

筋緊張検査における記録の方法について

筋緊張異常の検査の記録は、上肢と下肢にわけて正常or亢進or低下のいずれの状態だったかを記録します。
亢進の場合は筋緊張亢進の種類も併せて記録する必要があります。
また、筋の形態や硬さ、伸展性、被動性についても記載することが望ましいとされています。

筋緊張異常の検査方法

筋近緊張異常の検査方法としては、

①筋の形態の変化
②筋の硬さ
③伸展性
④被動性

①筋の形態の変化

被験者が安静時での筋の状態を観察します。
筋緊張の低下が認められる際には、筋はそれ自体の重さによって平べったく広がって見えるか、過度に伸展しているように見えます。
また、筋緊張が亢進している際には、腱の浮き彫りが明瞭となり皮下に盛り上がっているように見えます。

②筋の硬さ

被験者の筋を検者の手で触知することによって筋の状態を観察する…という方法です。
筋緊張が低下している筋では、筋を触知すると柔らかく感じますし、筋腹を持って左右に動かすと移動性が大きくなっていることを確認できます。
逆に筋緊張の亢進している筋は触知すると固く感じ、移動性も少ないのが特徴です。

③伸展性

筋の伸展性とは、筋を他動的にゆっくりと伸展したときの最大の伸展度のことを言います。
関節での伸展屈曲を利用して観察します。
この検査は、筋緊張が低下している状態のみをみるもので、この場合は健側よりも伸展性は亢進します。

④被動性

被験者の筋を他動的に動かして、検者の手に感じる筋の抵抗を観察するものです。
伸展性の検査とは異なり、他動的に動かす際の速さによって筋緊張状態を観察する…というものになります。

筋緊張が低下した筋では、検者は筋の抵抗を感じることなく被験者の筋を伸長することができます。
この状態を“被動性は亢進している”と表現されます。
被動性の亢進は、筋末梢運動ニューロン障害、錘体路障害、小脳障害、後索障害でも認められます。

また、筋緊張が亢進した状態では、被検者の筋を他動的に伸長する際に、検者は正常よりも強い抵抗を感じます。

まとめ

クライアントの運動、動作、活動を診る際に、それを構成する要素としても重要な“筋緊張”の状態をしっかりと把握することって、非常に重要なことだと思います。
ボトムアップ的な意味合いになってしまうかもしれませんが、クライアントの課題解決には必要不可欠な検査ともいえるでしょうね!

作業療法士は語りたい!

筋緊張の検査って定性的な検査の分、苦手意識が強い学生や新人が多い気がしますね。
作業療法士としてはその筋緊張の状態を把握することだけでなく、
それがどのような作業活動、ADLなどに影響を及ぼすのかってところまでみれるといいんだけどね!
 

おすすめ記事

“排泄”の目的と排泄障害が及ぼす生活への4つの影響について! アルツハイマーの方には馴染みの音楽が有効ということを事例を通して学んだ件 職場がギスギスして働きにくいのは、偏ったものの見方、考え方の“私的論理”が原因かも! バランスボールの使用方法と選び方、そして気になるその効果について調べてみた! Berg Balance Scale(BBS)による評価のやり方、目的や基準値、カットオフ値について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP