CaseStudy

CaseStudy

ティモシー・オマンソン – 脳卒中からの生還、そして俳優復帰を実現した4つの要素とは?

“ティモシーオマンソン”というアメリカの俳優をご存知でしょうか? 不幸にも彼は2017年に脳卒中を発症したものの周囲のサポートによってまた俳優として活躍することができた…という経歴から、非常に“リハビリ”という観点で学ぶものがあります。 そこで本記事ではこのティモシー・オマンソンの脳卒中からの生還についてケーススタディしたいと思います。
CaseStudy

片腕のドラマー“リック・アレン”が事故後バンドに復帰できた3つの要因とは?【奇跡の復活劇から学ぶ】

Def Leppard(デフ・レパード)のドラマーは交通事故が原因で片腕しかありません。 でももう何十年もプロとして活躍されているのですが、事故から復帰できた理由が非常にリハビリテーションの根幹を示すものなんです! 今回はこのリック・アレンについて障害を克服してバンドに復帰できた要因についてケーススタディします。
CaseStudy

ガブリエル・ギフォーズ – 音楽療法によって言語障害が回復した事例を考える

音楽は大昔から娯楽に限らず様々な使われ方をしてきました。 それはもちろん“治療手段”としても! そこで今回は音楽によって言語障害が回復したという事例を見つけたのでご紹介&考察してみます!
CaseStudy

塗り絵は片麻痺のリハビリ治療効果も期待できる?イラストレーター“門馬朝久”さんの事例

作業療法場面で使われているアクティビティのうち、「塗り絵」は比較的多くの病院や施設で使われているかと思います。でも、なぜ塗り絵という作業を提供したのか?ってなると、結構曖昧だったりします。今回ご紹介する脳卒中による片麻痺だった“門馬朝久”さんの事例から、その人にとってリハビリとしての治療効果が高い作業を選ぶ大切さを学ぶことができました!
タイトルとURLをコピーしました