ADL

歯磨きの訓練方法 – 歯磨き動作の自立度向上と、期待できる訓練効果について

 

歯磨き動作を作業療法で訓練として扱う場合、多くの場合が“歯磨き動作の自立”に近づけるためのADL訓練として行うのが多いかと思います。
しかし、作業療法士の特性から考えると、“歯磨き”を訓練手段的に用いることも可能なのではないか?とも考えられます。
そこで今回はこの歯磨き動作訓練について、目的的な訓練アプローチと手段的な訓練アプローチの2方向から考えてみます。

“歯磨き動作”を訓練として扱う2つの側面

作業療法士としてクライアントの“歯磨き動作”を訓練として扱う場合、

・歯磨き動作獲得を目的とした訓練
・歯磨き動作を手段とした訓練

…の2つの側面があります。

歯磨き動作そのものの自立度を向上させる目的の訓練と、歯磨き動作を治療手段の作業として用いることで、クライアントの身体的、精神的機能へ働きかける…ということになります。

歯磨き動作獲得を目的とした訓練

これは歯磨き動作そのものの獲得や自立度の向上を目的とした訓練プログラムになります。
項目としては、

①歯磨き動作の分析的評価
②歯磨き動作の反復訓練
③自助具や手順の検討
④介助方法の検討

…があげられます。

①歯磨き動作の分析的評価

歯を磨くという一連の工程を分析し、動作分析的な視点で評価することで、クライアントがどの工程や動作要素に問題を抱えているのか抽出することができます。
その際、歯磨き動作の評価でも触れたように、身体機能面だけではなく、精神・認知機能面への評価も必要になります。

歯磨きの工程分析・動作分析について

②歯磨き動作の反復訓練

歯磨き動作のどの工程や動作要素が問題なのかを抽出したら、その部分に対して反復し訓練をします。
麻痺側が利き手側の場合は、不慣れな非利き手で歯磨きを行うので特に丁寧な対応が求められます。

しかしただ闇雲に繰り返すだけでなく、反復するなかでも介助量の調整や歯ブラシの持ち方、操作方法の工夫や変更を繰り返し、試行錯誤を繰り返しての反復訓練が必要になります。

③自助具や手順の検討

歯ブラシが持ちにくい場合はグリップを太くする、洗面台に口をゆすいだ水を出すことが困難な場合はガーグルベースを使用する…といった自助具の導入、物品のカスタマイズ、そして手順の再検討といった代替的アプローチが必要になります。
また、歯ブラシ操作が困難な場合は指ブラシといったものを使用することも効果的と言えます。

歯磨き動作に対しての自助具・福祉用具10選

④介助方法の検討

本人の能力向上のための直接的アプローチでも、自助具等の代替的アプローチを行っても歯磨き動作の自立度が向上しない場合に、介助方法の検討を行うことも作業療法士にとって必要なリハビリテーションになります。
その際、必要最低限な介助量にすること、本人ができる工程は促すようにすることなど、あくまで全介助に近づかないような心がけが必要です。

歯磨き動作を手段とした訓練

では、歯磨き動作そのものを訓練的な作業として扱う場合、どのような効果が期待できるのでしょうか?

考えるに、

①生活リズムの調整
②脳の活性化
…などがあげられます。

③生活リズムの調整

歯を磨く…ということは食事の後に行うことが多いかと思います。
一日の3食の食後に習慣的に歯磨きを行うことで、生活リズムの調整につなげることができ、自律神経の乱れを予防することになります。

④脳の活性化

実は歯磨きによって脳の活性化…特に前頭前野における血流量が増加することが研究結果からわかっています。
特に歯肉や舌、そして硬口蓋の順に脳血流量の増加が見込めるということで、端的に言ってしまえば『歯磨きで脳トレ』ということになります!
また非利き手で行うなど、習慣化していない方法で敢えて行うことも脳の活性化には有効との意見もあるようです。

まとめ

作業療法士としてクライアントの生活を支援するためには、非常に包括的で俯瞰的な視点が必要だと思います。
そのためには“歯磨き”がもたらす健康への影響を想像し、自立度を向上させるための訓練を行うだけでなく、習慣化している歯磨き動作を“訓練手段”に用いられないかどうか?という視点を持ち合わせることも必要です。
そのような視点を持つだけで、非常に作業療法士が関われる範囲が広がっていくと思うんです。

作業療法士は語りたい!

歯磨きって片手でも行える点、目にみえにくい点からも他のADLに比べてあまり重要視されていない…という意見があるね!
介助をするとしても、手間がかからないからこそ過介助になりつつあるようですからね。

参考論文:脳の活性化を促す口腔内刺激

“歯磨き動作”関連記事

歯磨き動作に必要な身体・精神機能について
歯磨き動作に対しての評価バッテリー、検査について
歯磨き動作に対しての自助具・福祉用具10選
歯磨きの工程分析・動作分析について
脳卒中(脳出血・脳梗塞)片麻痺への歯磨き動作リハビリテーション
パーキンソン病の歯磨き動作支援のための6つのコツ
認知症の歯磨き介助拒否に対して試してみたい10のコツ
慢性関節リウマチ(RA)における歯磨き動作の問題点と支援のコツについて
脊髄損傷の歯磨き動作・口腔ケアにおけるいくつかの問題点
うつ病に見られる口腔内トラブルと、歯磨きができない状態への支援のコツについて

 

おすすめ記事

パーキンソン病に対する手洗い動作支援のコツについて 『全盲少年に任天堂、神対応』のニュースから障害受容の為の4つの背景を考える FIMのトイレ動作における項目や具体例、採点方法などについて 革細工を作業療法で行う際の治療的効果について! 就労支援における動機とインフォームドコンセント・チョイスの重要性について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP