パンくずリストとは?-SEOとして設定するメリットとGoogle Search Consoleでの方法

Blog運営

“パンくずリスト”を意識したブログは、ユーザーが閲覧しやすいという点だけでなく、SEOにとっても非常に有効とされています。

そこで今回はこのパンくずリストについて解説します。

パンくずリストとは

パンくずリストとは…

ブログの階層構造を示し、ユーザが今どこにいるかを視覚的にわかりやすくした誘導表

…を言います。

なぜパンくずリストという名前か?

パンくずリストは英語で“Breadcrumb”と呼ばれます。
この“パンくず”という語源は、童話「ヘンゼルとグレーテル」の話が基になっています。
主人公の兄弟が森に入る時に迷子にならないように自分たちが通った道にパンくずを置いて行ったという有名なエピソードがありますよね。
ブログでも、ユーザー自身が「そのブログをどのようなルートでたどってきたのか」を示す役割を担うため「パンくずリスト」と呼ばれています。

パンくずリストのメリットについて

ではこのパンくずリストを設定することでのメリットとはどのようなものでしょうか?
主なものとして…

  • ユーザーにサイト内での現在位置をわかりやすくする
  • リッチスニペットに対応できる
  • クロールしやすい内部リンクを提供する
  • 直帰率を下げる

…があげられます。
以下に詳しく解説します。

ユーザーにサイト内での現在位置をわかりやすくする

パンくずリストがもたらすメリットの一つに、閲覧しているユーザーが現在位置がわかりやすくなるため、結果として使いやすくなるということです。
所謂「ユーザビリティの向上」、「ユーザーエクスペリエンスの向上」になります。
ページ数が多くなれば多くなるほど、ブログの構造が複雑になってしまい、閲覧しているユーザーはいま自分はそのブログのどこにいるのかわからなくなってしまいます。

パンくずリストが設置されていると、前述したヘンゼルとグレーテルのように自分が今いる位置を認識しやすくなり、結果としてユーザーが使いやすくなります。

リッチスニペットに対応できる

リッチスニペットとは、検索結果画面からどのページをクリックするか、その判断の補助のために視覚的にページ内容が想像できるような情報のことを言います。
パンくずリストを構造化データにすると、検索結果にパンくずリストのリッチスニペットが表示される可能性が高まります。
リッチスニペットが表示されることでURLよりも目立ちゃすくなり、サイトの階層構造がわかることから、どのようなサイトかがユーザーに伝わりやすくなるというメリットが生まれます。

クロールしやすい内部リンクを提供する

パンくずリストを設置することは、そのブログが体系的に整理されることと同じです。
Googlebotのようなクローラーも、パンくずリストによって効率的にブログ内のカテゴリーを辿ることができます。

その結果、ブログの全体像が把握しやすくなり、効率的なクローリングを期待することができます。

直帰率を下げる

閲覧者の多くは何かしらのキーワードで検索してブログに流入する場合がほとんどです。
つまりブログのどのページでもユーザーが求める答えを提供する必要があります。
でもユーザーが検索し、選択したページがニーズに合わない場合…そのユーザーは高い確率でGoogleやYahooなどのトップページに戻って離脱してしまいます。
せっかく訪問したユーザーがすぐに離脱しないためにも、パンくずリストによって他のニーズにあった閲覧するページを提供する必要があります。

結果として直帰率の低下とPV数の増加が期待できます。

パンくずリストの種類

パンくずリストといっても実はいくつか種類があります。
ここでは最も一般的な…

  • 階層ベースのパンくずリスト
  • 属性ベースのパンくずリスト
  • 履歴ベースのパンくずリスト

…の3つを解説します。

階層ベースのパンくずリスト

階層ベースは、“ホーム>ブログ>カテゴリ>投稿名”のようなパンくずリストのことです。
ブログ構造内の現在位置と、そのブログのトップページに戻るまでのステップ数を示す
最も一般的なパンくずリストとも言えます。

属性ベースのパンくずリスト

属性ベースは、“ホーム>製品カテゴリ>性別>サイズ>色”のようなECサイトなどでよくみられるパンくずリストです。
ユーザーはいま閲覧しているページがどのカテゴリー(属性)に分類されているのかを知ることができます。

履歴ベースのパンくずリスト

履歴ベースは“いま閲覧しているページにどうやってたどり着いたのか”を示すパンくずリストになります。
ブラウザの「戻る」ボタンや履歴機能と同じような役割を担います。

Google Search Consoleでのパンくずリスト

では、Google Search Consoleにおいてパンくずリストを確認するための方法について解説します。

パンくずリストには次の3つの項目があります。

エラー
有効(警告あり)
有効

以下にそれぞれ解説します。

エラー


エラーの項目のクエスチョンマークにマウスポインタを合わせると…

構造化データに重大なエラーがあるため、これらのリッチリザルトをGoogleで処理できません。
ここには警告がだされることもありますが、この警告は、下記の表でのみカウントされ、グラフではカウントされません

…と表示されます。
つまり、リッチリザルトとして機能しないページが該当となります。

幸いいまのところ、エラーはないようです(汗)

有効(警告あり)

ここでは…

このリッチリザルトには、欠落しているまたは無効な、重大または必須ではない項目がありますが、重大なエラーはありません。
警告の出ているリッチリザルトは検索結果には表示されますが、一部のリッチリザルト機能の対象にはならないことがあります。

…と表示されます。
つまりエラーにまでは至らないけど、できることなら修正をしたほうがよい箇所…という解釈でよいかと。

data-vocabulary.org スキーマのサポートは終了します

詳細を見てみると、“data-vocabulary.org スキーマのサポートは終了します”という表示があります。
詳しい解説は記事を改めてしますが、端的に言えば、data-vocabulary.org という構造化データのボキャブラリのサポートが終了するから(2020年4月6日)、他に変えなさいよってことのようです。

有効

このリッチリザルトにはエラーはありません。
オプション項目はすべて表示され、有効です。

…というメッセージからわかるように、特に問題なくリッチリザルトとしても機能しているページになります。

まとめ

パンくずリストを設置することで、そのブログがユーザーが使いやすくなる構造になることや、SEOとしての効果も期待できるなど多くのメリットがあると言えます。
記事の内容だけでなく、ブログ全体が「どうやったら使いやすくなるか?」という視点で作りこんでいく必要があると言えます。

「使いやすさ」という視点を追求していくことって、ブログの運営でもなんでも重要かもしれませんね。
結局長い目で見ればユーザーが使いやすいものが市場を制するだろうからね。
パンくずリスト一つとっても、いかにユーザーファーストでいられるか?って重要だろうね!
タイトルとURLをコピーしました