腕橈骨筋(わんとうこつきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

腕橈骨筋は肘関節の前方の屈筋であ、前腕の橈骨側にある最も浅層の筋肉になります。
今回はこの腕橈骨筋について、その起始、停止や支配神経、基本的な働きやトレーニング方法などについて解説します。

腕橈骨筋の起始・停止について

まずは、腕橈骨筋の解剖学的な知識でもある“起始”と“停止”について解説します。
腕橈骨筋の起始、停止は…

  • 起始:上腕骨外側上顆、・上腕骨外側下部
  • 停止:橈骨茎状突起

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

腕橈骨筋の起始起始についてですが、上腕骨外側縁と外側上腕筋間中隔から起こります。
これは橈側群中の筋でも、最も高い位置から起こっていると言い換えることができます。
上腕骨外側縁と外側上腕筋間中隔から起こった腕橈骨筋は、外前方に向かって弓状に高まる筋膜をつくり長い腱に移り、前腕の橈側を下っていきます。

停止

腕橈骨筋の停止についてですが、橈骨下端の橈側縁で茎状突起の上方に付着(停止)します。

腕橈骨筋の支配神経について

腕橈骨筋の支配神経は…

橈骨神経(C6~C7)

…となります。

腕橈骨筋への血液供給動脈について

腕橈骨筋へ血液供給する主な動脈としては…

橈側反回動脈

…となります。

腕橈骨筋の主な働き

腕橈骨筋の働きは、

・肘関節の屈曲
・前腕を回内回外位から半回内位に回旋
…になります。
腕橈骨筋は主に前腕を曲げる働きですが、これは特に回内位で発揮します。
また前腕を回内位からは回外…つまり中間位に戻す働きし、回外位からは回内の作用に働きます。

腕橈骨筋が働く場面って?

腕橈骨筋が働く具体的な場面についてですが、日常生活(ADL)とスポーツ場面において以下に解説します。

ADL

・ビールジョッキでビールを飲むとき
・回内位で肘を曲げる動き

スポーツ

・アームレスリングで相手の腕をひきつける動きなど

腕橈骨筋のトレーニング方法について

腕橈骨筋のトレーニングには、

・プリチャーカール
・ハンマーカール

腕橈骨筋を英語で何て言う?

Brachioradialis muscle

腕橈骨筋をラテン語で何て言う?

M.brachioradialis

読み方

ブレイキオ・レイディエィリス
タイトルとURLをコピーしました