Muscle

上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

 

力強さや男らしさの象徴でもある“力こぶ”ですが、これは正式には“上腕二頭筋”と呼ばれる肘関節で最も強い筋です。
今回はこの上腕二頭筋について、その起始、停止や支配神経、基本的な働きやトレーニング方法などについて解説します。

上腕二頭筋の起始・停止について

上腕二頭筋の起始、停止については次のようになります。

  • 起始:肩甲骨関節上結節(長頭)・烏口突起(短頭)
  • 停止:橈骨粗面・前腕筋膜

以下に詳しく解説します。

起始

上腕二頭筋の起始についてですが、長頭と短頭それぞれ微妙に異なります。

上腕二頭筋の外側である長頭は肩甲骨の関節上結節を起始とします。さらにこの一部は関節唇から起こり、関節包内で上腕骨頭の上に沿って外方へ走行します。
そのまま結節間滑液鞘に包まれながら、結節間溝を下に向かって関節腔の外に出ていきます。

上腕二頭筋の内側にある短頭の起始腱は、烏口腕筋と共に肩甲骨の烏口突起から起こり下行するのが特徴です。

停止

上腕二頭筋の停止についてですが、長頭と短頭の両頭は1つに合わさり紡錘形の筋腹となり、その筋腹に次いで強い腱となります。
その腱は腕橈骨筋と前腕屈筋群との間を深く入り橈骨粗面に付着(停止)します。
また、腱の一部は薄い上腕二頭筋腱膜となって前腕筋膜の上内側に放散します。

上腕二頭筋の支配神経について

上腕二頭筋の支配神経は次のとおりになります。

筋皮神経(C5,C6,C7)

上腕二頭筋への血液供給動脈について

上腕二頭筋へ血液供給している動脈は次のとおりになります。

上腕動脈

上腕二頭筋の主な主な働きや機能、役割について

上腕二頭筋の主な働きは次のとおりになります。

  • 肘関節の屈曲
  • 前腕の回外

以下に詳しく解説します。

肘関節屈曲の働きについて

上腕二頭筋は上腕筋、烏口腕筋と一緒に肘関節の屈曲に働きます。
ただし、前腕回外位の時に最大限に発揮するので、前腕回内位ではわずかに働く程度になります。

前腕回外の働きについて

上腕二頭筋は回外筋、腕橈骨筋と一緒に前腕回外の運動にも働きますが、特に肘関節を90度屈曲位の状態での回外の運動に働きます。

一般的にドアのノブやねじの多くが右回りに作られている理由は、右前腕が回外運動をする際出力される筋が上腕二頭筋によって回内時よりも力を発揮しやすいためとされています。

上腕二頭筋の肩関節への作用について

上腕二頭筋の長頭は外転、短頭は内転の作用にわずかに働きます。

上腕二頭筋の拮抗筋について

  • 上腕三頭筋

二関節筋による作用の特徴について

上腕二頭筋は2つの関節(肘関節と肩関節)にまたがる二関節筋です。
上述したように主に肘関節に働きますが、肩関節にもまたがっているので肩関節(特に屈曲)にも作用します。
しかし、あくまで補助的な働きになります。

上腕二頭筋とローテ―ターカフについて

上腕二頭筋はローテ―ターカフとともに上腕骨頭を肩甲骨の関節窩に適合させる働きも担います。
この働きによって肩の前方への安定性が向上することになります。

上腕二頭筋が働く具体的な日常生活(ADL)動作

上腕二頭筋が働く具体的な日常生活(ADL)動作としては、次のような動作や場面が例としてあげられます。

  • 食事の際、箸やスプーンを口に運ぶ摂食動作の時
  • ねじや容器のふたを回して閉める時(右手の場合)

上腕二頭筋が働く具体的なスポーツ場面

上腕二頭筋が働く具体的なスポーツ場面としては、次のような動作や場面が例としてあげられます。

  • クライミングで、ロープを登る時
  • 野球のバッティング(引き手が回外)
  • ランニングで腕を前に振る時

上腕二頭筋のトレーニング方法について

ではここからは、上腕二頭筋を鍛える為のトレーニング方法について解説します。

基本的な筋力トレーニング方法(ワークアウト)

上腕二頭筋を効率よく鍛えるためには、上腕二頭筋全体、短頭、長頭、の3つの部位それぞれに分けた方法を把握し、適切に行う必要があります。
ここではボディビルディングのためのワークアウトとしてのトレーニング方法をご紹介しますが、上腕二頭筋への負荷をかける方法としては基礎的な方法になりますので、OTやPTといったリハビリテーションセラピストをはじめ、様々なトレーナーにとっても必要な知識と言えます。

上腕二頭筋全体

上腕二頭筋全体をターゲットにしたトレーニング方法としては、次の2つがあげられます。

  • ダンベルカール
  • バーベルカール
ダンベルカール
上腕二頭筋全体を鍛える方法としてポピュラーなのがこの“ダンベルカール”と言えるかもしれません。
メリットとしては高重量のダンベルも扱えることから、負荷量の調整が行いやすいという点です。
上腕全体へ負荷をかけることができるこのダンベルカールは、上腕二頭筋だけでなく上腕筋の筋肥大にも効果的な方法です。

バーベルカール
上腕二頭筋全体を鍛える方法としてもう一つご紹介するのが、この“バーベルカール”です。
こちらも高重量のバーベルを扱うことから非常に効果的に上腕二頭筋、上腕筋の筋肥大を狙うことができます。
しかし、その反面無理をしたり反動を使って負荷をかけることで怪我をする危険性もあるので注意が必要です。

短頭

上腕二頭筋短頭をターゲットにしたトレーニング方法としては、次の3つがあげられます。

  • コンセントレーションカール
  • プリーチャーベンチカール
コンセントレーションカール
“集中する”という意味のコンセントレーション(concentoration)という名称がついているこのトレーニング方法。
座った状態で片手ずつ行うのですが、身体の前方で行うことから長頭がゆるみ、結果として短頭に集中して負荷をかけることができます。

プリーチャーベンチカール
上腕二頭筋の短頭をターゲットとした方法の一つで、“プリーチャーベンチカール”があげられます。
プリーチャーベンチパッドとEZカールバーを使用して行うトレーニング方法ですが、ダンベルカールと比べ上腕の腱自体に負担をかけやすい方法になります。
そのため過度な負荷を与えると腱損傷などにつながるため注意が必要です。

長頭

上腕二頭筋の長頭をターゲットにしたトレーニング方法としては、次の3つがあげられます。

  • インクラインダンベルカール
  • インクラインハンマーカール
  • リバースチンニング(逆手懸垂)
インクラインダンベルカール
上腕二頭筋の長頭を鍛える方法として、“インクラインダンベルカール”があげられます。
この方法は“インクラインベンチ”と呼ばれる角度調整が化膿な椅子を使用して行います。
姿勢を固定することで他の部位の代償運動を抑える事ができるため、プリチャーカールやバーベルカールよりも効果的に長頭に負荷をかけることができます。

インクラインハンマーカール
この“インクラインハンマーカール”は“ハンマーカール”をインクラインベンチを使用して角度をつけて行うトレーニング方法です。
インクラインダンベルカール同様に、上腕意外の部位を固定することができますので、上腕二頭筋の長頭に集中して負荷をかけることができます。

リバースチンニング(逆手懸垂)
リバースチンニング(逆手懸垂)は上腕二頭筋を主に狙ったトレーニング方法ですが、その他にも広背筋や上腕筋、僧帽筋や腹直筋といった筋の肥大にも効果的な方法です。
つまり上腕二頭筋だけでなく体全体を鍛えることができる効率的なトレーニング方法とも言えます。
逆手で行うリバースチンニングは主に上腕二頭筋と僧帽筋に負荷をかけることができます。

高齢者に対してのトレーニング方法

高齢のクライアントに対して上腕二頭筋をターゲットとしたトレーニングを行う場合、

  • 疾患や合併症の把握
  • 過負荷にならないように注意
  • 筋断裂や炎症に注意

…などに注意をして行う必要があります。

上腕二頭筋が関与する疾患について

上腕二頭筋が主に関与する疾患については次のようなものがあげられます。

  • 上腕⼆頭筋⻑頭腱炎
  • 上腕⼆頭筋⻑頭腱断裂
  • 上腕⼆頭筋⻑頭腱脱⾅
  • 肩上⽅関節唇損傷

上腕二頭筋の表記や読み方について

ここでは上腕二頭筋の英語やラテン語での表記方法と読み方について解説します。
これらを知識として覚えておくことで、カルテや記録の記載、論文や文献の検索などが捗ることになります。

上腕二頭筋の英語表記

  • biceps brachii muscle

上腕二頭筋のラテン語表記

  • M.biceps brachii

読み方

  • バイセプス ブラキアイ
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP