Rehabilitation

Berg Balance Scale(BBS)による評価のやり方、目的や基準値、カットオフ値について

 

バランス能力を評価する方法は様々ですが、このBerg Balance Scale(BBS:バーグバランススケール) は様々なバランス能力評価を複合的に判断していいる点から非常に優れている方法だと言えます。
そこで今回は、「Berg Balance Scale(BBS)による評価のやり方、目的や基準値、カットオフ値」についてまとめてみました!

Berg Balance Scaleとは

Berg Balance Scale(BBS:バーグバランススケール) は元来、高齢者のバランス能力を評価するための指標とすることを目的に作られました。
BBSは他のバランス機能を評価するツールや方法と比較しても、より複合的なバランス機能を評価することができることから、より信頼性が高い方法とされており、そのことから脳卒中患者のバランス機能の評価ツールとしても有用とされています。

Berg Balance Scaleの評価項目について

BBSには以下の14の評価項目によって構成されています。

①立ち上がり
②立位保持
③座位保持
④座り
⑤トランスファー
⑥立位保持
⑦両手前方
⑧拾い上げ
⑩振り返り
⑪360°方向転換
⑫踏み台昇降
⑬タンデム立位
⑭片足立位

①立ち上がり

「手を用いずに立って下さい!」
点数 判断基準
4 立ち上がり可能
3 手を用いれば一人で立ち上がり可能
2 数回試した後、手を用いて立ち上がり可能できない
1 立ったり、平衡をとるために最小限の介助が必要
0 立ち上がりに中等度ないし高度な介助が必要

②立位保持

「つかまらずに2分間立ったままでいて下さい!」
点数 判断基準
4 安全に2分間立位保持可能
3 監視下で2分間立位保持可能
2 30秒間立位保持可能
1 30秒間立位保持に数回の試行が必要
0 介助なしには30秒間立っていられない
2分間安全に立位保持できれば、自動的に“③座位保持”の項目は満点になって、“④座り(立位から座位へ)”の評価項目進みます!!

③座位保持

「「腕を組んで2分間坐って下さい!」
点数 判断基準
4 安全確実に2分間坐位をとることが可能
3 監視下で3分間坐位をとることが可能
2 30秒間坐位をとることが可能
1 10秒間坐位をとることが可能
0 介助なしでは 10 秒間坐位をとることが不可能
両足を床につけ、もたれずに坐ることが前提条件です!

④座り

「どうぞお坐り下さい!」
点数 判断基準
4 ほとんど手を使用せずに安全に坐ることが可能
3 両手でしゃがみ動作を制御する
2 両下腿背側を椅子に押しつけてしゃがみ動作を制御する
1 坐れるがしゃがみ動作の制御ができない
0 介助しないとしゃがみ動作ができない
立位の状態から座位姿勢への姿勢変換の際のバランスを評価します!
次ページ:Berg Balance Scaleのトランスファーについて

sponsored Link
ページ:

1

2 3 4
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP