リハビリテーション評価

  1. 標準高次視知覚検査(VPTA)の対象や方法、検査項目について

    高次脳機能障害でも視知覚、視空間失認に対しての検査が標準高次視知覚検査(visual perception test for agnosia:VPTA)になります。今回はこのVPTAの対象や方法、検査項目について解説します! (さらに…

  2. N式老年者用精神状態尺度(NMスケール)の使用方法やメリット、デメリット、点数と重症度について

    認知症の方の精神機能を観察によって評価することができる検査に“N式老年者用精神状態尺度(NMスケール…

  3. 認知症検査であるGBSスケールの目的や方法、メリット・デメリットについて

    認知症の検査は様々ですが、今回のGBSスケールはより認知症の方の状態を広く把握するために有用な検査方…

  4. ゲルストマン症候群の4徴候と責任病巣、検査や評価方法について

    「手指失認」「左右見当識障害」「失書」「失算」の4主徴から成る症候群として知られるものに“ゲルストマ…

  5. ジェブセン手機能テストの方法や対象疾患について

    上肢機能、手の機能検査で“ジェブセン手機能テスト”というものがあります。リハビリテーションなどの効…

  6. 慢性関節リウマチ(RA)へ“メイソン‐椎野変法”を行うメリットと4つの質問項目について

  7. パーデュー・ペグボード・テスト(Purdue pegboard test)の方法と注意点、平均点数やカットオフ値について

  8. オコナー手指操作性テストの方法や点数について

  9. 改訂水飲みテスト(MWST)の目的と方法、判定基準やカットオフ値について

  10. ホーン・ヤール(Hoehn-Yahr)の重症度分類の意味や改訂版との違いなどについて

Sponsored Link
PAGE TOP