リハビリテーション評価

  1. ESCROW Profileの目的と検査項目、点数について

    クライアントの“社会的不利”を評価する方法の一つとして“ESCROW Profile”があります。論文や文献はあまりみかけないのですが、この部分を評価することって今後の作業療法士にとって非常に重要になってくると思うんです。そこで今回は『…

  2. 生田らによる“ADL-T”の特徴や判定方法について

    ADLの評価方法は様々ですが、今回は“生田宗博”氏らが1978年に発表した“ADL-T"という方法に…

  3. 認知症高齢者の日常生活自立度判定基準の5区分と方法や注意点について

    ADLの評価法は様々ですが、認知症の高齢者に特化したものとなると、『認知症高齢者の日常生活自立度判定…

  4. 障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)の目的や特徴について

    『障害老人の日常生活自立度(寝たきり度)』は、特に高齢者や介護保険に関わるリハビリテーションスタッフ…

  5. 子供のための機能的自立度評価法(WeeFIM)の特徴や検査項目、評価尺度について

    ADLを評価する方法の代表的なものでFIMがあげられますが、FIMの対象年齢は7歳以上になっており、…

  6. Kenny Self-Care Evaluationの特徴や項目、採点について

  7. Katz Activities of Daily Living Index(カッツインデックス)の概要や採点方法について

  8. FIM(記憶)における項目や具体例、採点方法について

  9. FIM(問題解決)における項目や具体例、採点方法について

  10. FIM(社会的交流)における項目や具体例、採点方法について

Sponsored Link
PAGE TOP