リハビリテーション評価

脊髄損傷の残存機能を評価!ASIA分類について方法と注意点をまとめてみた!

 

脊髄損傷のクライアントの感覚機能や運動機能がどのレベルまで維持されているのかを判断する方法としてASIA分類があります。
今回はこのASIA分類についてその方法や注意点も含め、まとめてみました!

ASIA分類とは?



ASIA分類とは、“アメリカ脊髄損傷協会(The American Spinal Injury Association)”の略であると同時に、評価尺度の略語としても意味しています。
ASIAは脊髄損傷のクライアントの感覚機能や運動機能が、どの脊髄レベルまで維持されているかを把握するために行う評価法であり、現在脊髄損傷の神経学的および機能的分類のための国際基準にもなっています。

ASIAの方法



ASIAでは、完全麻痺から正常レベルの5段階で評価します。
運動障害の標的となる筋を10、感覚障害(触覚・痛覚)の標的となる感覚部位を28文節に分け、その運動機能、感覚機能の欠如する部位に該当する脊髄レベルを判定することで、傷害レベルを決定していきます。

   
A 完全 仙髄節(S4~S5)の運動・知覚ともに完全麻痺
B 不全 S4~S5を含む神経学的レベルより下位に知覚機能のみ残存
C 不全 神経学的レベルより下位に運動機能は残存しているが、主要筋群の半分以上が筋力3未満
D 不全 神経学的レベルより下位に運動機能は残存しており,主要筋群の少なくとも半分以上が筋力3以上
E 正常 運動・知覚ともに正常

ASIAの注意点


MMTの結果だけに捉われないこと

MMTはクライアントの筋力を評価する手段としてはメジャーな方法ですが、その方法はクライアントの姿勢や体調、評価者の技術や経験によってばらつきがでてきます(現にMMTはグレードB、エビデンスレベル3となっています)。
その点を考慮したうえで、MMTの結果のみに捉われず、クライアントの全体像を把握する必要があります。

ASIA分類を決定することが目的ではない

クライアントの残像機能からASIA分類を決定する…のみならず、そこからどのような介入、支援をすることで生活の質が向上するのかを作業療法士は考えなければなりません。
ASIA分類を決定することが目的ではなく、その評価をどう生かしていくかが重要なので、手段と目的を混合しないように注意することが必要と言えます。

まとめ

クライアントの残存機能をしっかり把握し、関わる医療機関をはじめとする機関内で共通言語化するということは、より質の高い支援をおこなうためにも必要なことと言えます。
そのためにはASIA分類のように国際的にも基準化されているような方法を使用することが重要なんだと思うんです。

作業療法士は語りたい!

クライアントの機能をある程度まとめて分類することで、
今後どのような支援が必要で、どのような課題が浮上していくか、って大まかでも予測はたてられるんだよね。
その上で個人に合った支援をおこなっていく姿勢が重要なんでしょうね!
 

おすすめ記事

作業療法における面接の2つの目的とは? アルツハイマーの進行度診断検査、“FAST”の特徴とカットオフについて “STEF”(上肢機能検査)の方法、注意点とカットオフ値について! 神奈川県作業療法士会主催の“作業療法士による地域づくりシンポジウム”について、インタビューしました!
産業看護師について(資格や業務内容、人数や報酬)を調べてみました!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP