Googleアナリティクスホームについて -各項目別の情報の解析について

Blog運営

「数字を制する者はブログ運営を制する」と思っています。
この数字ってGoogleアナリティクスも一つです。
アナリティクスを使いこなすことで、自分のブログの弱点を知ることができ、改善に役立つことができるはずです!

そこで本記事では、Googleアナリティクスについて解説します。

Googleアナリティクスとは?


Google Analyticsとはどのようなツールかというと…

Googleが提供する無料のアクセス解析ツール

…になります。

基本の使用料は無料ですが、さらに機能が充実した有料版もあります。
ここでは、多くの方が使用している無料版を前提に説明します。

目的

アクセス解析の目的とも同じになりますが、Googleアナリティクスを導入し、使用する目的としては…

ブログの課題を把握し、改善することでCV率を高める

…ということがあげられます。

Googleアナリティクスの項目は多すぎ…

ではこのアクセス解析のツールとして有効なGoogleアナリティクスですが、様々な項目があります。
実際に導入しても、項目が多すぎるため、

「どれがなにを示しているかわからない」

…という状態に陥ってしまいます。
少なくても僕はそうでした(泣)

Googleアナリティクスホームについて


そこで、まずはGoogle アナリティクスを開くと真っ先に目にはいるこの“ホーム”。
このアナリティクスホームの項目についてなにが情報として得られるのかを含め解説します。

アナリティクスホームとは

このホームは…

アクセス解析の全体をおおまかに把握するため

…に最適なページとも言えます。

アナリティクスを使ってアクセス解析するには様々な種類のデータを見る必要があります。
それぞれのデータについて詳細に深掘りして解析していくこと…も重要ですが、まずはざっくり全体をみて課題を把握することも重要と言えます。

言い換えれば、「俯瞰的にデータを見るため」って感じでしょうかね?

では、以下にこのGoogleアナリティクスホームのそれぞれの項目について解説します。

ユーザーサマリー

アナリティクスホームのページでも最も目に入りやすい部分に表示されているのが、アクセス解析の根幹とも言える“ユーザーサマリー”です。

ブログに訪問したユーザーの情報

…について調べることができます。

また、アナリティクスホームにおけるユーザーサマリーは、指定した期間との比較が折れ線グラフによって表示されます。
それぞれの項目のデータがどのくらいあがったのか?それとも下がったのか?といった視点でおおまかにみることができます。

アナリティクスホームにおけるユーザーサマリーでは次のデータを見ることができます。

  • ユーザー
  • セッション
  • 直帰率
  • セッション継続時間

以下に解説します。

ユーザー


アナリティクスでの“ユーザー”とは、特定期間でブログに訪問した、固有のユーザーを指します。
画像から得られる情報としては…

過去7日間と比べて23.4%アップの729人がブログを訪問した

…とみることができます。

セッション


セッションとは、ユーザーがブログを訪問した回数になります。

前述したユーザーとこのセッションって同じような意味に捉えられるのでこんがらがってしまいそうですが、端的に言えば…

  • セッションは一回ずつの訪問
  • ユーザーは同じ一人の人

…といった違いがあります。

例えば、同じ人がブログを朝、昼、夜と訪問したら、セッション数は3になります。
でもあくまで“同じ人”ですからユーザーは1のままです。

ただし、同じユーザーでも異なるブラウザや端末を使用すると、アナリティクス側はその判別ができないため、別のユーザーとしてカウントしていまいます。

画像からみれる情報としては…

  • 過去7日間と比べて18.5%高い787回閲覧されたこと
  • ユーザー数よりも多いことから、数ページにわたって閲覧したユーザーがいること

…がわかります。

直帰率


直帰率とは、ブログ内の1ページしか閲覧されなかったセッションのことを言います。

「1ページのみ見てすぐブログから離れてしまった」ということは、

  • そのページのみで満足してしまった
  • そのページでは満足できなかった
  • 内部リンクなどを使ってうまく他のページをおすすめできなかった

…と予測できます。

画像から得られるデータとしては、

過去7日間と比べて直帰率が1.6%低い78.27%

…となります。
直帰率は100%だとしたら「訪れたユーザー全員がすぐに離脱した」ということなので、PV数を増やすという意味でもできるだけ直帰率を減少させることが課題になります。

セッション継続時間


セッション継続時間とは、ブログに訪れたユーザーがどのくらいの時間ブログのページに滞在していたか?その時間のことを指します。

厳密に言えば、システム上の問題で「本当に正確な数字なのか?」と疑問も残る部分ではありますが、ブログの離脱の課題を考える際には参考になる部分と言えます。

画像から得られるデータとしては、

過去7日間と比べて4.0%低い0分50秒

…と見ることができます。

比較期間の変更

アナリティクスホームにおけるユーザーサマリーの項目では、期間別に折れ線グラフでそれぞれのデータを比較してみることができます。
この比較対象の期間は…

  • 今日
  • 昨日
  • 過去7日間
  • 過去28日間
  • 過去30日間
  • 過去90日間
  • 過去180日間
  • 昨年
  • カスタム

…に分けることができます。

アクティブユーザーのリアルタイム


リアルタイムですから、ここでは“現在進行形でブログの記事を閲覧しているユーザーの情報”になります。

その他の分析情報


ここでは“Analytics Intelligence”と呼ばれるGoogleアナリティクスが自動的に分析したブログの解析データ内の簡易的な比較データや異常値などをお知らせしてくれます。

ユーザーを獲得している方法(集客レポート)


ここでは、ユーザーがどのような方法でブログに訪れているのか?…というブログへの集客についての情報を得ることができます。

主な項目としては…

  • トラフィックチャネル
  • 参照元/メディア
  • 参照サイト

…の3つになります。
以下に詳しく解説します。

トラフィックチャネル


チャネルとは、ユーザーがどこからアクセスしてきたかという“流入経路”を指します。
さらにアナリティクスホーム画面でのトラフィックチャネルには…

  • Organic Search:YahooやGoogleなどの自然検索からのセッション
  • Direct:ブックマークやアドレスバーに入力 Social:TwitterやFacebookからのセッション
  • その他

…の4つに分けて情報を得る事ができます。

参照元/メディア


Googleアナリティクスにおいては、参照とは流入元のサイトを指します。
さらにこの参照元/メディアは…

  • Google/organic:Googleによる検索流入
  • (direct)/(none):ブックマークや直接ブログへの流入
  • Yahoo/organic:Yahooによる検索流入
  • Bing/organic:Bingによる検索流入
  • その他

…に分けられます。

参照サイト


参照サイトとは、ブログへ流入する経路としてある外部リンク先のウェブサイトを指しています。
これによって外部サイトからのリンク流入の情報を得ることができます。

ユーザーの地域は?(セッション数(国別))


どの国でブログが閲覧されているか?についての情報です。

ユーザーが訪れる時間帯はいつですか?(時間帯別ユーザー数)


ブログに訪れるユーザーは、どの時間に訪問してブログを読んでいるのか?という時間帯別のデータを得ることができます。

画像をみると、やはり午前2時から午前6時は少ないですが、午前10時頃から22時ごろまでに増えているということがわかります。

ユーザーが訪れているページは?(ページレポート)


訪問したユーザーがどのページを閲覧しているのか?についての情報を得ることができます。
各ページの…

  • ページビュー数
  • ページの価値

…についての数字データがすぐにわかります。

アクティブユーザーの動向


アクティブユーザーとは、特定の期間内にサイトを訪れたユーザーの数を表す指標を言います。
Googleアナリティクスホーム画面では主に…

  • 30日前から今日まで
  • 7日前から今日まで
  • 昨日と比べて

…の3つのアクティブユーザー数の推移が折れ線グラフで示されています。

最もよく使われているデバイスは?


ブログに訪問したユーザーがどのデバイスを使用しているのかについてのデータを得ることができます。
そのデバイスの種類は…

  • パソコン
  • モバイル
  • タブレット

…の3つになります。

ユーザー維持率


ここでは、ブログに訪問したユーザーがどのくらい定着したか?についてのデータを得る事ができます。
つまり、一回ブログに訪問して、その後どのくらいの割合のユーザーが再度ブログへ訪問してくれたか?ということと言えます。

Google 広告キャンペーンのパフォーマンスは?


Google広告でキャンペーンを作成した際に得られるデータです。

まとめ

まずはGoogleアナリティクスホームの画面上で、おおまかな俯瞰的なデータを見る癖をつける必要があるかもしれません。
そのなかで「あれ?」と思ったことを深めて解析するために、それぞれの詳細ページを読み込む…という作業が必要と言えます。

いままではなんとなくユーザー数と、アクティブユーザーのリアルタイムくらいしか見てませんでしたね。
ブログの運営はデータ解析によるところが多いことから、
しっかりアナリティクスを読むこむ知識を身に着ける必要があるだろうね!
タイトルとURLをコピーしました