健康

糖尿病の運動療法にも!エアなわとびの方法と気になるその効果について!

 

糖尿病の運動療法や体重減量のために運動習慣を付けることは必要なのですが、忙しくてなかなか難しい…なんて場合ありますよね。
そういった場合は全身の有酸素運動でもある“なわとび”が短時間で効果的なのですが、今回は自宅内でもできる“エアなわとび”について!

エアなわとびとは?


読んで字のごとく『縄を持たずになわとび』を行うことです!(笑)

そもそも縄跳びのダイエット効果は?


なわとび自体が有酸素運動なので、ウォーキングやジョギングと同じダイエット方法といえます!
また真っ直ぐ跳ぶだけで軽いジョギングの1.3倍になるとの報告もあります!

ただ屋内ではなわとびはできないし…ということで考案されたのがこの『エアなわとび』なんでしょうね!

エアなわとびの方法について

基本のやり方としては以下の通りとなっています。

①その場にリラックスした状態で立つ
②縄跳びを持って飛ぶ状態のように曲げる
③縄跳びを飛ぶように腕を振りながら、ジャンプする。

この①~③を繰り返す…ただそれだけです。

以下の動画を参考にするとよりわかりやすいかもしれません。



時間、回数について

このエアなわとびの時間や回数については以下のとおりになります。

最低20分はやらないと効果がない?

エア縄跳びの教本などには「最低20分行うように」なんて書かれているのもあるようですが、それが負担で続かなくなっては意味がありません。
「20分」というのはあくまでひとつの目標として、まずは5分でもいいので無理のない時間で行い『習慣化』することを優先すべきです。

効果的な回数について

これも「無理のない程度に」と言えますがあまりにもゆっくり過ぎても効果は期待できないようです。
目安としては「1分間に60回」と書いてあるものが多いようです。
つまり1秒間に1回飛ぶように意識するとよいのでしょうね。

気になるダイエット効果は?

『エアなわとび』を実践している人のつぶやきをみると、


…とのこと。
手軽にできるうえ、ちゃんと効果もあるようですね!

エア縄跳びの消費カロリーは?

その人の体重や行う回数、時間によってまちまちですが、なわとび1分による消費カロリーの計算方法として、

0.1532(kcal)×自分の体重(kg)
で計算できるようです。

例えば体重50kgの方がエアなわとびを1分行うと7.66kcalのカロリーを消費することができます!

おすすめエア縄跳びグッズ

エアなわとびDVD


楽しく回すだけ! エアなわとびダイエット (ヒットムックダイエットカロリーシリーズ)

自己流で行うよりは、こういったDVDなどにそって行うのも効果を上げるポイントでしょうね!

エアなわとびロープ


鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) なわとび エアー ナワトビ KW-135

エアなわとび専用のロープもあります。家にあるもので代用もできるでしょうけど、、、ちょっと不恰好になってしまうかもしれませんから。。

回数カウンター機能付のエアなわとびロープ


Lankdeals 最新 縄跳び デジタルカウンター カロリー ダイエット エアなわとび エクササイズ ポータブル縄跳び コードレス 室内で手軽にカロリーダイエット (黒い(black))

デジタルカウンター機能がついているとなお便利ですね!

代用や自作は可能か?

「もしかしたら途中で諦めちゃうかもしれないから、グッズを買うのはちょっと・・・」という方には、エアなわとびの自作や代用品をうまく使うとよいかもしれません!

ぬれタオル

ペットボトル

工夫次第ではなんとかなるのかもしれませんね!

まとめ

ダイエットのためにウォーキングやジョギングを行っている方は多いともいますが、天候が悪い時や時間がないときはどうしても屋内の運動に限られてしまいます。
今回ご紹介した“エアなわとび”も屋内の運動方法にぴったりなので、ぜひ試してみるとよいかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

糖尿病の運動療法にも取り入れるといいでしょうね!
やっぱり運動習慣をつけるには“必要性”だけではなく
“手軽さ”や“楽しさ”といった要素も含めないと、継続は難しいんだろうね!
 

おすすめ記事

健康関連QOLの4つの評価方法と各領域項目について 慢性痛の評価に最適?VRSの方法と注意点について! NIHSSによる脳卒中評価の方法とカットオフ値について! リハビリセラピスト(PT・OT・ST)が副業を行う際の5つのポイントについて! FIMのトイレ動作における項目や具体例、採点方法などについて

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP