大内転筋(だいないてんきん)- 起始停止・支配神経・血液供給動脈・

大内転筋は、大腿部内側区画の内転筋群の筋で、大腿部内側に位置する大きな三角形の筋になります。
今回はこの大内転筋の起始、停止や支配神経、基本的な働きについて解説します。

 

大内転筋の起始・停止について

大内転筋の起始、停止についてですが…

  • 起始:恥骨下枝・坐骨下枝・坐骨結節
  • 停止:大腿骨の内側上顆

…となります。
以下に詳しく解説します。

起始

内転筋でも最も強い大内転筋は、他の内転筋と一部重なって恥骨下枝坐骨下枝および坐骨結節から起こり、外下方に向かい扇状に広がります。
このうち前方から起こる筋束ほど水平に近く、後方から起こる筋束ほど垂直に近くなります。
また、下行する筋束の一部は強い鍵となります。

筋性部と腱性部での起始の違いについて

大内転筋の起始についてですが、内転筋部(筋性部)は恥骨下枝、ハムストリングス部(腱性部)は坐骨枝の前面及び坐骨結節と違いがあるようです。

停止

扇状の筋束は腱膜となって恥骨筋線と大腿骨粗線の内側唇の全長とに、腱部これと離れて内側上顆に停止します。

筋性部と腱性部での停止の違いについて

大内転筋の停止についても、内転筋部(筋性部)は大腿骨粗線の内側唇、ハムストリングス部(腱性部)は大腿骨の内側上顆との違いがあるようです。

大内転筋の支配神経について

大内転筋の支配神経は…

  • 閉鎖神経後枝(L2-L4)
  • 坐骨神経(脛骨神経部:L4,L5)

…となります。

大内転筋への血液供給動脈について

大内転筋へ血液供給している動脈は…

大腿深動脈

…となります。

大内転筋の主な働き

大内転筋は主に、

・股関節の内転
・股関節の内旋
・股関節の伸展
…の作用に働きます。
ちなみに大内転筋の前上部は大腿を前に、下部(坐骨結節から起こる) は後に引く機能で違いがあります。

大内転筋と腱弓

大内転筋には、骨に付着する腱弓によって形成される複数の骨腱膜聖の開口部があり、血管の通路になります。

大内転筋を英語で何て言う?

Adductor magnus muscle

大内転筋をラテン語で何て言う?

M.adductor magnus

読み方・発音

アダクタ マグナス
タイトルとURLをコピーしました