Activity

ギターの自作って作業療法のアクティビティにアリでしょうか?

 

作業療法のアクティビティってなんだか毎回同じで面白みがない…って日頃思ってたりしています。
そこでどうせならちょっと斬新な切り口のアクティビティがあってもいいんじゃないかと(笑)
というわけで今回は「ギター制作は作業療法のアクティビティになるのか?」について!

作業療法×ギター制作の可能性について


対象と導入目的について

それこそ対象の疾患は身体障害、精神障害、発達障害に関わらず対象とできると思います。
心身機能においては、粗大運動能力も巧緻性も求められますし、できあがっていく過程の楽しみ、出来上がった後音を出す、演奏するといったアクティビティとしての発展性もあります。
誰かにプレゼントをするという他者交流、役割の創出にも応用できますし、趣味活動の創出、社会参加のきっかけにもつなげることができます!

勝手に架空の事例をイメージしてみた

架空ですが、事例をイメージで言ってしまえば…

趣味でギターを弾くのが好きだったという方が脳卒中片麻痺の障害でギター演奏が困難になってしまった。

生きがいであったギター演奏ができなくなり気分落ち込みが強く、入院中のリハビリも拒否的な状態。

そこで担当の作業療法士はクライアントが生活の中にギターと関わることを0にするのではなく、「演奏する側」から「制作する側」にシフトチェンジをするため作業療法プログラムでギター制作を導入。

片麻痺でも制作できるように環境設定や代替手段を検討しながらまずは1本制作することを目指す。

ギター制作の作業活動を行うことで、クライアントの意欲向上、離床機会の増大、麻痺側上肢の補助手としての作業参加が得られるようになる。

その後、自分ひとり(or家族の簡単な補助)でも制作できるようにアドバイスしたうえで、退院へ。

数か月後、自宅で制作したギターを「お世話になったから」ということで入院していた病院に寄贈してもらうまでになる…。

…なんて展開になったらすごい素敵だと思いませんか??
(あくまで希望的観測も含んだ架空の事例イメージですのでご了承ください。笑)

得られる効果について

上記の事例はあくまでイメージですが、導入次第ではギター制作という作業活動を通して

  • 意欲の向上
  • 趣味活動の創出
  • 離床機会の創出
  • 麻痺側上肢の機能訓練
  • 制作工程を計画するといったプロセス技能の訓練
  • 社会参加、役割の創出

…といったものの恩恵を得る可能性があります!

作業療法アクティビティにはギター制作キットがベスト!



とは言っても、作業療法プログラムで「ギターを作りたい!」となっても一から制作するのは非常に難しいと思います(当然ですが)。
実際のギター制作は木材の選定、加工からネックの制作、フレットの調整、内部の電装パーツの配線、ペグの取り付け…などなど。
下記の動画を見ていただけでばわかりますが、必要な工具だって電動のこぎりや電動糸鋸などもう大がかりです!!

あくまで作業療法におけるアクティビティでのギター制作でしたら、もっと導入しやすい方法を選択する必要があります。
そうなるとやはり初めから必要なパーツがそろってある“キット”から始めたほうがスムーズなんじゃないかと。

作業療法アクティビティにギター制作を選択する際の注意点について!

作業療法プログラム内でのアクティビティでギター制作を行う際の注意点ですが、

  1. 余裕のある時間を確保する
  2. 塗装の場所を確保する
  3. 工具をきちんとそろえる
  4. 補助のレベルを把握する
  5. 「楽しむ」ことを忘れない

…などがあげられます。

①余裕のある時間を確保する



いくらキットとはいえ、制作に結構時間がかかるようです。
1日どのくらいの時間を費やすのかにもよりますが、一般的には2日~4日程度はかかるようですから、限られた作業療法の時間内で行うためには余裕をもった日数、時間を確保したうえで導入する必要があります。

②塗装の場所を確保する



加工自体は組み立てるだけなので障壁は低いでしょうけど、問題は塗装なのかなと思います。
地域での作業療法ならまだしも、入院中となったらそれこそリスク管理はしっかりしないといけません。
呼吸器系に問題はないかどうか、担当医師に確認し許可をもらった上で塗装の工程を踏んだほうがいいかもしれませんね!

③工具をきちんとそろえる




キットを見る限りでは電気関係のパーツはハンダで配線処理されているものが多いですが、それでもハンダゴテとハンダを準備しておいて損はないかと思います!
その他必要な工具を事前に準備したうえで導入する必要があります!

④諦めない



なにより作業療法士自身が“諦めない”ことが重要かと。
アクティビティとしてはやはりレベルが高いものなので導入を促した作業療法士自身が挫折しがちかもしれません。
そのためには気持ちに余裕をもって制作する必要があるんでしょうね。

⑤「楽しむ」ことを忘れない



意外に大事な精神論(笑)
クライアント自身も支援する側である作業療法士も「あれ?なんで俺こんな苦労してるんだろ?」って我に返ってしまうと一気にモチベーションが下がってしまいます(苦笑)
なにより楽しんで制作することが必要かと!

どんな種類があるのか調べてみた!

基本的なギターの種類はそろっているようです!
クライアントの好みのギター、好きなギタリストなどから選択するのも面白いかもしれませんね!

ストラトタイプ


画像:HOSCO エレキギターキット STタイプ ER-KIT-ST

ギターの神様、エリッククラプトンが頻繁に使用しているタイプがこのストラトギターです!

レスポールタイプ


B’zのギタリスト、松本孝弘さんがよく使っているギターがこのレスポールですね!

セミアコ―スティックギタータイプ


ビートルズのジョン・レノンがよく使っていたのがこのセミアコースティックギター!
ロックンロールやブルースのギタリストが愛用しているイメージですね!

アコ―スティックギタータイプ


エレキギターだけでなく、アコースティックギターの制作キットももちろんあるようです!
ちなみに動画は海外の路上アーティストで、足だけでアコースティックギターを演奏しています!

まとめ

僕自身元々バンドマンだったということで、ギターの塗装を剥がしたり改造したりしてもいました。
なので昔からギター制作は作業療法のアクティビティに応用できないかな…なんて思ってもいたので、今回こうしてまとめてみたんですが…。
改めて考えてみると、結構アリなんじゃないでしょうかね?(笑)
材料費がかかっちゃうのがちょっと難ですけど、、、こういう選択肢の幅を作業療法士は知っておくことも必要なんだと思うんです!

作業療法士は語りたい!

実際の臨床や現場で実現できるできないは置いといて、
世の中の様々なモノが作業療法のアクティビティに応用できるんじゃないかな?って思うんだよね!
「ギターを手作りするキットがある」なんてこと、初めて知りましたし、
ギターに馴染みない人からすれば、手作りする…なんて発想自体しない気がします(笑)
知っているか知らないかでは、クライアントに提供する価値も変わってくるから、
作業療法士は幅広い知識は武器になるってことなんだよね!
HOSCO エレキギターキット STタイプ ER-KIT-ST

HOSCO エレキギターキット STタイプ ER-KIT-ST

13,667円(01/28 12:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

関連記事

  1. サブリミナル効果と音楽 – “バックワード・マスキン…
  2. 塗り絵でアーティスト活動を! – 国内外の塗り絵作家…
  3. アルツハイマー型認知症には音楽が効果的であるっていう話。
  4. 革細工の素材 – 一般革・エキゾチックレザーについて…
  5. ラジオ体操による4つのリハビリ効果がすごかった!
  6. タイルモザイクによる作業活動が持つ治療的効果について モザイクと作業療法 – タイルモザイクによる作業活動…
  7. 好みの音楽からその人の性格もわかるかもしれない…って話。- イギ…
  8. レコード再ブームに至った理由は、音楽鑑賞のアクティビティ化にある…

プロフィール

あいとう

あいとう@セラピストブロガー

作業療法士っていうリハビリのセラピストをしながらブログの運営をしています。

多趣味(釣り、アニメ、音楽…)なことと、多数の副業経験(ホスト、婚活パーティMC,ライブハウス、自主レーベル、DJ/VJなどなど)が根っこにあるアラフォー男子です。

座右の銘:「濡れ手に粟」

OTPRESS ch

Sponsored Link

PAGE TOP