Rehabilitation

トイレのアクセントクロスについて – トイレ環境の質を向上させることの意味とは?

 

トイレは毎日使う場所であると同時にどうしても“臭い”、“汚い”というイメージに直結しやすい場所です。
そんなトイレで過ごす時間を少しでも質のいいものにしたい。
今回は、一つの提案として「トイレのアクセントクロスを変える」ということについて解説します。
ほんの一工夫だけで毎日のトイレタイムが非常に心地いいものになるかもしれません!

アクセントクロスとは?

この場合クロスは壁紙ですね。

つまりアクセントクロスとは、

部屋の一部の壁に目を引くような色や柄の壁紙でアクセントをつけたもの

とされます。

ちなみに“ポイントクロス”なんても呼ばれています。

日本のトイレは単色が多い

日本のトイレの壁紙って白色やグレーといった比較的単色であることが多いようです。
国民性なのか風習なのか、あまりトイレの空間に自己主張は入れない傾向にあるようですね。
奥ゆかし…(笑)

トイレのアクセントクロスを変えるメリット・デメリット

さて、まずはトイレのアクセントクロスを変更するメリット、デメリットについて考えてみます。

メリット

トイレにアクセントクロスを採用するメリットとしては次記の通り。

  • インテリア性が高まる
  • 費用が安い

インテリア性が高まる

上述したように、日本のトイレって単色が多く非常にシンプルな空間デザインが一般的です。
かといって自己主張全開なド派手な空間にしてもおちつかない…。
そんなシンプルでもド派手すぎでもない、丁度良いハイセンスな空間デザインにしてくれるのが“アクセントクロス”とも言えます。

費用が安い

専門家のお話では、アクセントクロスは四面同じ色の壁紙を貼ることに比べてほとんど費用が変わらないようです。
ましてやトイレというリビングや寝室などの部屋に比べて狭い空間ですので、単純にコストとしても安価ですむという意見もあります。

デメリット

トイレの壁紙をアクセントクロスに張り替えるデメリットとしては次の通り。

・色のバランスによって見栄えが悪くなる

色のバランスによって見栄えが悪くなる

いくら壁の一部のみの色やデザインを変更するとはいっても、他の三面の壁や床の色とのバランスを考えなければせっかくアクセントクロスに変更しても逆にダサいトイレになってしまいます。
色の選択のポイントとしては、

微妙な色の変化ではなく、思いっ切って反対色を採用すること

と言われています。

もちろん、前提としては使用する方が一番気に入る色の組み合わせがよいのでしょうけどね!

トイレのアクセントクロスの実例

では、実際に調べてみつけたトイレのアクセントクロスの実例をご紹介します。

落ち着いたトイレ空間の実例



大胆なトイレ空間の実例



個性的なトイレ空間の実例



自分でDIYでトイレのアクセントクロスは張り替えられる?

トイレのアクセントクロスの変更ですが、もちろん業者に頼まずに壁紙シールなどを利用して自分でDIYで行うこともできます。
また、その際は剥がせるタイプのもののほうが、失敗しても修正が効きますし、定期的にアクセントクロスを変更するというDIYならではの楽しみ方も可能かと思います!

セラピストの観点で“アクセントクロス”を考えてみる

さて、作業療法士である僕が、この“トイレのアクセントクロス”をテーマに考えられることって、ただトイレのインテリア性を高めるだけではないメリットを見出すことかと思います。
現段階で思いつくものとしては、

  • 高齢の家族のトイレへの意識づけ

…かと思います。

高齢の家族のトイレへの意識づけ

生活の中でトイレへ行くということは必要不可欠な活動になります。
多くの調査からも高齢の方がトイレへ行けなくなり、オムツを使用すること、失禁してしまうことによって起こる現象としては、認知症の進行自尊心の低下からのうつ症状といった精神機能へのダメージが大きくなってしまいます。

トイレという空間は基本的に排泄をする場所ですので不潔になってしまうことはしかたないことです。

でも、そこをできる限り清潔に、快適に過ごせるような工夫って非常に生活の質を向上させるためにも必要な観点なのかなって思います。
アクセントクロスという一つのアイディアで、簡単にトイレ内の空間が快適になるなら、得られるメリットはとても大きいのではないでしょうかね?

作業療法士は語りたい!

トイレをいかに快適な空間にするか?という観点は、生活を考えるセラピストとしては必要なことでしょうね!
清潔な状態を維持するってのは基本だけど、トップダウン的な考え方をすれば、
トイレの空間が快適なものなら、その状態を維持しようとする意欲が生まれるからね!
使用する人の行動をも変容するのが、環境ですからね!

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP