Prevention

クレジットカードを持ったらやってはいけない8つのこと

 

キャッシュレスの時代、クレジットカードというのも一つの支払いの手段として有効かと思います。

たしかに「怖い」なんてイメージもありますが、使い方さえ間違わなければ非常に生活に潤いが出ること間違いありません。

そこで今回は『クレジットカードを持ったらやってはいけない8つのこと』について解説します。

本記事は…

  • クレジットカードを作ろうと考えている人
  • クレジットカードを使うのがなんだか怖いという人

…を対象にしています。

1.クレジットカード裏面に署名をせずに持ち歩く

署名がないと、紛失したときの保障対象外になる場合が多いようです。
またしっかりと自分の字で自分の名前を署名する必要があります。

2.自分のクレジットカードを誰かに使わせる

家族に自分のクレジットカードを使わせた場合でも、保障対象外になることもあるようです。
使用頻度が高い場合は家族用のカードも作っておく必要がありますね。

3.クレジットカード現金化を利用する

違法ではないのですがかなりグレーゾーンの方法です。
カード会社の規約違反になりますので絶対にしてはいけません!

4.クレジットカードの利用代金の支払いが遅れる

返済が遅れると確実に個人情報としてその履歴が残ってしまいます。
その結果銀行からの融資や住宅ローンなどが受けれなくなるケースが多いようです。

5.暗証番号を他人に教える

家族と言えども教えてはいけません。
前述したように家族カードを一緒に作るのをおすすめします。

6.暗証番号をわかりやすい番号にする

誕生日などわかりやすい暗証番号はNGです。
またパスワードの使いまわしもおすすめできません。

7.仕組みがわからないままリボ払いを利用する

無計画にリボ払いを利用し、気が付けば支払えなくなるという方、結構いらっしゃいます。
いつまでも利息分しか払っていない…っていう状況に陥ってしまいます。

8.自分のクレジットカード番号を誰かに教える

スキミング詐欺や二重決済など、二次被害に合う可能性がありますので注意が必要です。
特に海外旅行でのスキミング被害が多いようです!

まとめ

本記事ではクレジットカードを持つ際の注意点について解説しました。

便利なクレジットカードの使い方についてですが、個人的におすすめな使い方は…

  • 外には持ち出さず家の中にしまっておく
  • 公共料金や携帯料金など毎月かならず支払わなければならない料金支払いにのみ使用する

という2点と言えます。

これだけでクレジットカードのメリットは残しつつ、かなりリスクを減らすことができるはずです。

セラピストは語りたい!

クレジットカードってなんだか怖いってイメージを持つ人が多いですけど、
きちんとルールさえ守って使用すれば非常に便利な支払方法なんですよね!
その為にもしっかりと知識を身につける必要があるだろうね!
sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP