Prevention

化粧水を冷蔵庫で冷やしてはダメ?- 夏のスキンケアでやってはいけない7つのこと

 

この季節は紫外線も強く、雨も少ないと肌が乾燥しやすくなってしまいます。
いつも以上に肌の手入れをしなくては…と思いがちですが、注意すべき点がいくつかあるようです。
そこで今回は『夏のスキンケアでやってはいけない7つのこと』について。
気を抜くとすぐに肌がぼろぼろになってしまいます(泣)

1.肌の洗いすぎ


汗をかきやすく、べたべたしやすいからといって洗いすぎによって逆に皮膚のバリア機能を壊してしまい、肌のトラブルの原因になってしまう場合があるようです。

2.スクラブ洗顔を多用してしまう


紫外線などによって肌へのダメージが大きい夏場は刺激の強いスクラブは避けたほうがよいとされています。
クレイパックなどを使用するのがおすすめです。

3.保湿を怠ってしまう


乾燥しやすい季節だからこそ、保湿をしっかりと行わないといけません。

4.オイルやリキッドのクレンジング剤を多用する


逆にうるおいを奪ってしまうことがあるようです。

5.水分補給を怠る



夏は特に体の外からの保湿ばかりに気をとられず、身体の中からしっかりと水分補給する必要があります。

6.日差しが出ている時のみのUVケア


日差しが出ていない曇りの日でもこの季節は紫外線は強くさしています。毎日しっかりとUVケアをすることをお勧めします。

7.化粧水を冷蔵庫で冷やす


暑い夏場にやってしまいがちなことですが、逆に化粧水の効果を半減してしまう恐れもあります。

まとめ

今回は女性向けな記事ですが、もちろん男性だって気を付けないといけません。
まあ、真っ白な美白男子もちょっと気持ち悪い気もしますが…。

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP