職業・産業リハ

新年度の仕事を楽しく前向きに開始するための6つの方法をまとめてみた!

 

4月になって新年度のはじまりです!
でも環境が変わるということは大なり小なりストレスになってしまいます。
そこで今回は新年度の仕事を楽しく前向きに開始するための6つの方法についてまとめてみました!
ま、当たり前のことが大事なんですけどね!

ついに…新年度!



ついに4月!
新入職員も4月から先輩になる人も、期待と不安でいっぱいの時期だと思います!

Twitterではすでにこんなつぶやきが…

皆さん、同じ気持ちなんですね…

新年度の仕事を楽しく前向きに開始するための6つの方法

そんな仕事始めの憂鬱な気分を少しでも解消する方法はこちら!

①夜更かしをしない
②初日の朝食は好きなものを!
③出勤時間は少し早めに!
④楽しい予定を事前に入れておく!
⑤初日から頑張り過ぎない
⑥初日は残業をしない

①夜更かしをしない


当然のことですが、仕事始め前日に夜更かしをしてメリットは一つもありません!
早めに寝るようにしましょう!

②初日の朝食は好きなものを!


自分の好物を朝食に加えることで気分は案外晴れるものです。普段朝食は食べないから…という人は(嫌いでなければ)フルーツを少し食べる程度でもよいようです!

③出勤時間は少し早めに!


朝、10分早く家を出るだけで、気持ちに余裕が生まれます。
贅沢をいえばコーヒーショップに立ち寄るくらいの余裕があるとよいかもしれませんね!

④楽しい予定を事前に入れておく!


すぐ近い日程に楽しい予定を入れることで、目標ができます!これは仕事始めだけでなくても自分のモチベーションを維持するためにも定期的に必要なことかもしれません。

⑤初日から頑張り過ぎない


「新年度だから!」といって100%の力を入れて頑張ってしまうと、必ず早い段階でスタミナ切れを起こしてしまいます。
少しづつペースを上げていくような気持ちが必要です!

⑥初日は残業をしない


同じようなことですが、新年度の初日はできるだけ残業をせず早めに帰宅するようにしましょう!

まとめ

4月ですから、心機一転頑張っていきたいと思います。
でもただ闇雲にがんばるだけでは絶対に長くは続かないですので、今回あげた6つの方法を心がけて、無理のない範囲で頑張っていきたいですね!

作業療法士は語りたい!

誰かを支援する側である作業療法士は、やっぱり自分の体調やメンタル、生活をしっかり整えたうえで仕事に臨まないといけないと思うんですよね。
自分がボロボロなのに、他の人に支援なんてできないですからね!
 

おすすめ記事

小脳梗塞の症状と評価方法について! 自分の職場の上司に言ってはいけない12のこと! 会話困難で検査できない?観察で可能な認知症検査について! 【プラスハンディキャップ】『障害者スポーツの未来』についてインタビューしてきました!【インタビュー④】
握力測定の目的と測定方法、注意点や平均値について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP