精神・心理学

クライアントのセルフイメージ向上に繋がる5つの勇気付けの方法について

 

障害の有無に関わらず「働きにくさ」を感じている人は多くの場合セルフイメージが低いことがあげられます。
この状態だといくら就労支援のプログラムを提供しても、効果的ではないですし、場合によっては支援側との関係性の悪化につながってしまうことも考えられます。
そこで今回は、クライアントのセルフイメージの向上とラポール形成のためにアドラー心理学の“他者への勇気づけ”という観点でまとめてみました。

クライアントを勇気づける5つの方法



クライアントを勇気づける方法としては以下の5つがあげられます。

①長所を探して伝える
②加点主義でみる
③プロセスを重視する
④失敗を受け入れる
⑤感謝を伝える

①長所を探して伝える



他者を勇気づけるきっかけとしては、クライアントの長所を伸ばしていくことを先行して介入する…という視点が重要だったりします。
クライアントはどうしても自分のできない部分、苦手な部分である“短所”にフォーカスしがちです。
先行的に長所を探しそれを伝える事で、この負の連鎖からの脱却を図ることが重要になってきます。
またクライアントとのラポール形成にも必要なプロセスとも言えます。

②加点主義でみる



加点主義とは組織における人事の評価方法の一つで、意欲的な姿勢や優れた成果に注目して点数をつけていくことを言います。
クライアントの取り組む姿勢や成果などに注目し、ゼロを起点にプラス要素を加算して評価していくことがクライアントのセルフイメージの好転化につながっていきます。
もちろんこれも、クライアントとのラポールの形成にも必要なことといえます。

③プロセスを重視する



物事を続ける能力…継続力を維持するには、結果よりもプロセスにフォーカスすることが重要であることは、“継続力”をテーマにした記事でも触れましたが、他者への勇気づけの場合でも同じことと言えます。
どうしても結果にこだわってしまうと「できたorできない」の2択で大別することになりますが、それではストレス耐性が低い状態であるクライアントにとっては細かな配慮ができなくなる場合が多いといえます。
この「できた」に向うプロセスを評価することで、例え遠回りになったとしても良い結果につながることになると言えます。

④失敗を受け入れる



他者を勇気づける際に必要なことの一つとして、この“失敗を受け入れる”があります。
失敗することへの恐怖心から行動につながらない場合が多くあるため、支援する側としては失敗することも織り込み済みで介入するという意識も必要と言えます。
社会生活では失敗しないようにする「予防策」も重要ですが、失敗してから立て直す「修正力」のほうが重要な場面が多い気もしますからね!

⑤感謝を伝える



人間関係を形成するうえでは非常に重要になってきます。
感謝を伝える目的としては、相手のその行動、広く言えば相手のその存在を肯定的に受け入れたことを伝えるフィードバックと言えます。
クライアントのセルフイメージを高めるためにも、支援する側は多くこの感謝のフィードバックを行う必要があります。

まとめ

多くの場合、就労支援を必要としているクライアントはセルフイメージの低下が根本の問題としてあることがあげられます。
アドラー心理学における他者への勇気づけによってこのセルフイメージの好転化を図ることが支援する側としては必要なことと言えるかもしれませんね!

産業作業療法士は語りたい!

「働きにくさ」を感じている人はどうしても自己否定が先行する傾向がありますね。
「働く」というマジョリティの行為が上手にできないことで、一般集団から外れた“はみ出し者”っていう自己認識になってしまうのも一つの要因だよね!
「自分は自分」というセルフイメージの捉え方が重要になってくるんでしょうね!
だからこそ多様性を受け入れる社会の変化が必要になってくるのかもしれないね!
働き方をリハビリする産業作業療法研究会の公式サイトはこちら

 

おすすめ記事

作業療法評価における重要な3つの手順について! FIM(理解)における項目や具体例、採点方法について ブルンストロームステージ(Brunnstrom stage:Brs)による脳卒中片麻痺の評価方法について 『全盲少年に任天堂、神対応』のニュースから障害受容の為の4つの背景を考える BGMは意外と潜在意識に働きかける効果があるって話。

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP