2017-10

Career

離職の原因について

離職の原因は多くの場合、仕事(職場)へ欲求不満が原因とされています。 でも、この欲求不満だけでは必ずしも離職という行動にはつながらないんです。 今回は『離職行動』について考えてみました!
Career

職業リハビリテーションにおける“環境特性”を分析してみた!

よりよい職業生活を送るためには、本人自身の努力や能力改善も重要ですが、取り巻く環境の改善も必要になります。 そこで今回は職業リハにおける環境特性についてまとめてみました!
Career

働くことの意味について考えてみました。

働くことの意味ってなんでしょうか? 実はこの意味を捉え違うだけで、非常に「働きにくさ」を招いてしまいます。 今回は働くことの意味について総論的にまとめてみました!
Thinking

人間関係をよくするための14のポイント – アドラー人理学の対人関係の作法から

生活をしていく上で、範囲はどうであれ“対人関係”というものはつきまとってくる課題です。 逆に言えば、この対人関係の課題をクリアすることで、非常に“生きやすいさ”や“生活しやすさ”を得る事にもなります。 そこで本記事ではアドラー心理学を基に“対人関係の作法”から、人間関係を円滑にするポイントを解説します。
Thinking

人間関係での苦手意識とつきあうために重要な6つのポイント

人間関係を円滑にするためにも、相手への苦手意識を上手にコントロールする必要があります。 とは言っても、そのコントロール方法…はいまいちピンとこないかもしれません。 そこで今回はこの“苦手意識”…特に人間関係においてのコントロール方法についてアドラー心理学と作業療法の観点から考えてみます。

脳卒中当事者であり理学療法士でもある小林純也さんに、『脳卒中フェスティバル』の魅力について取材してきました!

脳卒中(脳梗塞・脳出血)の方やその家族、そして支援するセラピストが本気で楽しむ文化祭「脳卒中FESTIVAL2017(以下“脳フェス”)」が10月29日(日)に行われます。 このイベントは脳卒中を発症した当事者、そして支える人たちの交流や社会復帰を促すために行われるイベントですが、なにより実行委員長の小林純也さんは過去に脳卒中を発症した当事者であり、その経験を強みに代えて現在は理学療法士としての道で活躍され、そしてこのイベントの企画、運営を行っています。 そこで今回はこの『脳卒中フェスティバル』の実行委員長である小林純也さんに取材してきました!!
Thinking

他者への感情をコントロールするために必要な7つのこと!

社会生活を送り、人間関係を築いていく上で自分の感情をコントロールすることは非常に重要なスキルになってきます。 それも自分を殺し感情を押さえつけるといった方法ではなく、上手にコントロールすることが必要です。 今回はこの他者への感情をコントロールするために必要な7つのことについて、アドラー心理学とコミュニケーションを扱う作業療法士の視点で考えてみました。
Thinking

アドラー心理学から学ぶ、スムーズな人間関係構築術について

それがクライアントでも同僚や上司でも、人間関係をムリなく築くことって難しいことなんだと思います。 でも見方を変えるだけで、非常に関係性の構築がスムーズになります。 今回はアドラー心理学から考える作業療法士の良好な人間関係を構築するいくつかのことについてまとめてみました。
Career

産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました!

働く人のメンタルヘルスの問題は、今後も非常に重要視されていきます。 その際支援する側の資格の一つとして、産業カウンセラーがあげられます。 今回はこの産業カウンセラーの資格やその業務内容についてまとめてみました!
タイトルとURLをコピーしました