2017-08

Career

特例子会社とは? – 目的・条件・メリット、デメリット・給料や求人・赤字の課題について

障害を持つ人の就労や雇用支援に関わると、「特例子会社」というキーワードをよく目にします。 これは“障害者を雇用するための子会社”として扱われていますが、現在様々な課題があるようです。 本記事ではこの“特例子会社”について解説します。
Career

脳卒中後の職業復帰に結びつくクライテリア(尺度・基準)って結局なんなのさ?

脳卒中を発症した後でも職業復帰につながるケースと、そうでないケースはどこに違いがあるのでしょうか? 今回はそのクライテリア(尺度・基準)について、クライアント本人と環境の2方向から考えてみます!
Career

理想の職業生活を送るために必要な3つの要素とは?

障害を有する人の復職、就労といった職業リハについて作業療法士として考えてみると、この「働く」ということがどのようなモノなのか…改めて振り返ってみる機会が多くあります。 学生時代が終わり、何かしらの職業に就いて働く生活…職業生活というものはどのようなものか、そしてその生活を理想的に送るためには、何が必要なのかについて作業療法士の視点から考えてみます。
Career

就労支援や復職支援といった職業リハビリに関する資格をまとめてみました!

障害者の就労や復職、雇用支援を行うための人的な環境について調べていくと、様々な資格があることがわかります。 今回その職業リハビリに関わる資格(作業療法士以外)についてまとめてみました!
Career

“ナチュラルサポート”は息の長い支援をするために必要な概念なんです。

障害を有する人の復職や就労支援といった職業リハビリの領域では、支援の形として“ナチュラルサポート”の重要性が謳われています。 でもこのナチュラルサポートって決して職業リハビリの領域だけではなく、作業療法士をはじめとしたリハビリテーションでも共通する部分があるんです。 今回はこの“ナチュラルサポート”について考えてみます。
Career

職業準備訓練はあくまで“準備”を高める事が重要って話。

作業療法士がなにかしらの障害を有した人に対して復職や就労支援を行う場合、多くが“職業準備訓練”を行うと思います。 でもこの訓練プログラムの目的や内容は昨今では変化しつつあるといわれています。 実はこの変化を支援する側である作業療法士も知っていないと、その支援自体が“バリア”になる可能性があるんですよ…。
Career

働き方の多様化ってやつは、障害者にとってもメリットが多いんじゃないでしょうか?

最近はブラック企業やサービス残業問題などによって「働き方」というものに非常に関心が高くなっていると思われます。 また厚生労働省による政策としても「働き方改革」として取り組む流れをみると、今後ますます働き方は多様化していくと考えられます。 実はこの流れ、障害者が働くことにとってもメリットが多いと言われているんです。
Career

就労支援は障害者にとって「最終」目標なのでしょうか?

リハビリの最終目標ってどこに位置するのでしょうか? ここ最近、就労支援について勉強しているとふとそんなことを考えたりします。 就労支援…仕事に就くことが、障害を有する人、リハビリの最終目標なのでしょうか?
Career

作業療法士が障害者雇用を行う事業所(企業)に対してできることを考えた。

障害者の雇用、就労の課題を考えるにあたっては、雇用される側である障害を持つクライアント側だけでなく、受け入れる事業所側に立って物事をみることも必要だと思います。 そこで今回は企業といった事業所が障害者を雇用する場合、作業療法士としてできる事業所側に対してできることを考えてみました!
Career

作業療法士が中途障害者の職場復帰、復職に関してできる事を考えた

職場復帰や復職、もしくは就労といった社会参加を目標にしているクライアントは、その目標達成に至るまではもちろん、その就労生活を長く維持していくための工夫や配慮が必要です。 このクライアントの社会生活維持のために、作業療法士ができることはどのようなものがあるのか、考えてみました。
タイトルとURLをコピーしました