2017-05

Activity

塗り絵がもたらす高齢者に対しての4つのすごい効果とは?

作業療法や介護の現場での、アクティビティとしての「塗り絵」ですが脳科学においても心理的においても様々なメリットや効果があることが分かっています。 では実際に高齢者に対して「塗り絵」を行うことで、どのような効果が期待できるのでしょうか? 少し「高齢者×塗り絵」という枠組みにフォーカスして考えてみたいと思います。
Career

次世代の作業療法士こそ『多動力』が必要になる6つの理由について

堀江貴文氏の新刊『多動力』を読みました。 非常に自分の考えに合っていたこと、そして今後の作業療法士にこそ、この発想が重要なことと思い発売と同時にすぐに読んだのでレビューしたいと思います。
Activity

大人の塗り絵がもたらす脳科学と心理的効果と、行う際の注意点について!

大人の塗り絵、って数年前からブームのようですね! 作業療法の臨床や介護の現場でも結構使われているのですが、今回はこの「大人の塗り絵」の効果について、脳科学と心理の分野から考えてみます。 また、行う際の注意点についてもまとめてみました!

アクティビティとは?-作業療法として活用する目的・種類について

作業療法士が普段何気なく使用している“アクティビティ”という言葉。 これって世間一般で使用されている“アクティビティ”とは少し意味が異なっています。 本記事では、作業療法やリハビリテーションとしての“アクティビティ”について解説します。

作業療法の「作業」は意味がある+面白いものであるべきだと提案します!

OTはクライアントに対して治療的介入する際に様々な「作業」を使うのですが、その作業の選び方に疑問を持つことが多くあります。 意味がある作業、とはいっても間違った作業の提供をしている場面に多く出くわします。 今回はOTが提供する作業はなぜ意味があって、かつ面白いものでないといけないか?について、その理由を考えてみます。
Career

「寝たきり社長」の佐藤仙務氏著「働く、ということ」はOT必読な1冊な件。

“仙拓”という会社をご存知ですか? 愛知県にある名刺作成やウェブサイト作成の会社なのですが、この社長、副社長ともに重度障害者の方が務めている会社です。 今回、社長である「佐藤仙務(さとうひさむ)」氏の著書『働く、ということ』を読む機会があったので感想と意見をまとめました! 作業療法士は必読な1冊です!!!!
Thinking

『全盲少年に任天堂、神対応』のニュースから障害受容の為の4つの背景を考える

数日前のネットのニュースにOTとしては興味深い記事がありました。 『全盲少年に任天堂「神対応」』。 大手の企業の対応がすばらしいだけでなく、このニュースからは「障害受容」や「社会参加」といったものを始めいろいろと学ぶものがあったのです…。
Thinking

QOLの本当の意味を考え出したら、「痛み」の軽減が最優先になったって話。

OTを始めとするリハビリテーションの領域では、頻繁に「QOL(Quality of Life):生活の質」という言葉が使われます。 何気なく使っているこのQOLという言葉…意味もそれとなく知っていますがなかなかその本当の意味はわかりにくいように感じます。 そこで今回は4つのQOLの評価方法を基礎に、このQOLの意味について考えてみました!
Career

作業療法士は多くの映画を観るべきだと思う10の理由

映画が好きです。 いままで非常に多くの作品を観てきましたが、これ実は非常にOTとしての糧につながると思っています。 今回はOTだからこそ多くの映画を観るべきだと思う理由について(主観的ですが)!
Thinking

“観察力”を高める3つのステップ【対人関係スキルの向上にもつながります】

対面でクライアントの様子を“観察”しできる限り多くの情報を得る…というスキルはセラピストをはじめ、様々な人相手のビジネスに役立ちます。 ここでは敢えてそのスキルを“観察力”としますが、このスキルを高めるためには3つのステップがあるんです。 そこで本記事では、観察力を高める3つのステップについて解説します!
タイトルとURLをコピーしました