Prevention

「仕事と育児、両立できるの?」はNG?- 働くママに言ってはいけない10のこと

 

専業主婦の方って徐々に少なくなってきているようですね。その背景には女性の社会進出しやすいくなったってのもあるでしょうし、単に旦那の稼ぎが少ないってのもあるでしょう(泣)
どんな背景や理由があるにしろ、子育てをしながら育児をするってとても大変なことなんです。
そこで今回は「働くママに言ってはいけない10のこと」について。

1.「他人に子供を見てもらうなんて考えられない!」


それが保育園の保育士さんでも、幼稚園の教諭でも、ベビーシッターでも、子供をみてもらえるからこうして働けるんです。
子育てをしながら働くことって、誰かの力を借りないと決してできることではないんです!

2.「子供と離れるなんて私にはできないわ!」


離れたくて離れているわけではないんです。
その代わり仕事が終わって迎えに行った後はたくさん触れ合うようにしていますけど?

3.「本当に信頼できるベビーシッター(保育士)?」


もちろんです!
少なくてもあなたよりはね?(面と向かっては言えませんが。)

4.「まあ、仕事のキャリアアップには必要なことね」


少なくてもキャリアアップだけを考えて働いているわけではないんですが。

5.「疲れてない?」


自分が一番わかっています。
でも自分の体は二の次になってしまうんです。

6.「子供にとって小さい時が大事な時期じゃない?」


わかっています。
今の時期こそたくさん一緒にいる時間を確保しないといけないこともわかっています。
でも働かないと、その生活すらままならないんです!

7.「旦那さんはあなたが働くことについてなんか言ってないの?」


いまだに専業主婦神話論を語る男性、いますからね。
時代錯誤も甚だしいかと。

8.「仕事、本当にすきね?」


本当は自分の子供の方が好きなんですよ?
仕事は手段なんですよ?

9.「仕事と育児、両立できるの?」


できるの?じゃなく、「しないといけない」んです。

10.「子供が病気のときどうするの?」


少なくても今は「病気にならないように」万全の注意をすることしか思いつかないんです。

まとめ

人によってとらえ方は様々でしょうけど、少なくても子供への多少の負い目を感じているママさんが多いということは忘れてはいけないかもしれませんね。

sponsored Link
 

ピックアップ記事

Sponsored Link

PAGE TOP