職業・産業リハ

職場適応促進のためのツール“トータルパッケージ”について!

 

クライアントの就労支援において、きちんと体系化されパッケージングされた評価、訓練ツールって少ない気がします。
その中でも代表的なものは独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構が開発した“トータルパッケージ”なのではないでしょうか?

トータルパッケージとは

トータルパッケージとは、クライアントが

・作業遂行力
・対処行動
・補完手段
・補完行動

…を獲得し、個々の力に応じたセルフマネージメントスキルを身につけられるようにするための方法。
加えて、支援者が、個々に必要な指導・支援を総合的に提供することができるようにも開発されています。

トータルパッケージを構成している6つの項目

“トータルパッケージ”は以下の6つの項目で構成されています。

①WCST(Wisconsin Card Sorting Test)
②M-メモリーノート
③MWS(簡易版):ワークサンプル幕張版(簡易版)
④MWS(訓練版):ワークサンプル幕張版(訓練版)
④MSFAS:幕張ストレス疲労アセスメントシート
⑤グループワーク

また、以下に内容の詳細と実施上のポイントについてまとめてみます!

内容 目的 活用上のポイント
WCST ・遂行機能障害等の有無
・補完手段の有効性の評価
・効果的な支援方法の評価
・支援者は補完法王の手がかりを観察する
・クライアントが補完方法の有効性を体験できるよう配慮する。
M-メモリーノート ・基本的な情報整理スキルの獲得 ・スケジュールや行動の管理、行動記録、情報共有のツールとして、クライアントのニーズに合わせて使用する
MWS(簡易版) ・ワークサンプルの体験
・作業における生涯の現れ方や作業の実行可能性、作業耐性等の評価
・ワークサンプルを体験し、興味のあるものや取り組みたいもの、苦手なものを特定する
・作業への障害の影響を予測する。
MWS(訓練版) ・作業能率の向上と安定
・補完方法の特定と使用の訓練
・原則としてクライアントとの相談によりワークサンプルを決定する
・難しすぎる課題は除外し、できる課題から取り組み、段階的に訓練をすすめる
MSFAS ・障害理解、障害受容の状況、ストレスや疲労の現れ方等の情報収集と整理
これらの情報共有、計画立案
・対象者主体に作成し、相談の中で、ストレス/疲労マネジメントへの支援を計画する。
・ストレス/疲労マネジメント訓練を段階的に実施する
グループワーク ・ピアモデルの観察や討議による障害認識、対処行動に関する検討
・認知、行動、感情面の変化の把握
・作業開始時や終了時等に、情報交換や討議を行うグループ活動の機会を設定する
・M-メモリーノート、MWS、MSFASの活用状況を踏まえて相互のコミュニケーションが深まり、自己理解が促進されるよう配慮する。

まとめ

病院や施設での作業療法士にとって、就労支援に関わっていないとWCST以外はあまり馴染のないツールかもしれません。
トータルパッケージは、ICFにおける“心身機能・身体構造”や“活動”の範囲での評価・訓練というよりは、“参加”の範囲でのツールに位置すると思います。
就労を目的としたクライアントに使用することで、包括的な支援をおこなうことができると思います。

作業療法士は語りたい!

クライアントに対して作業療法によるリハビリテーションを行う最終目的は
社会参加や自己実現だって考えてるんだよね。
そうなると、今回のトータルパッケージのようにICFの“参加”に位置する体系化された評価、訓練方法って少ない気がしますね。
作業療法士がいまだに病院や医療の分野から一歩外に出にくくなっている理由も、こんなところから垣間見れるかなーなんて思うよ。
 

おすすめ記事

作業療法士が福祉情報技術コーディネーターを取得して気づいた3つのメリット 作業療法士が身に着けたい 「観察力」を高める3つのステップについて コミュニケーションエイド “VOCA”の特徴と使い方、 種類についてまとめてみた! 失くしものを無くすアクセ?“Wistiki(ウィスティキ)”が福祉機器としても有効な件 リハビリの臨床や現場でアプリを使用するメリット・デメリットについて!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP