アドラー

  1. 職場がギスギスして働きにくいのは、偏ったものの見方、考え方の“私的論理”が原因かも!

    職場の人間関係がギスギスして…なんだか働きにくい。そんな時は多くの場合、相手を偏った見方の“私的倫理”で判別してしまっている場合がほとんどです。今回はこの私的倫理についてと、それによってもたらされる誤った見方、その対策についてまとめてみ…

  2. クライアントのセルフイメージを高めることも作業療法士には求められているのでは?

    セルフイメージって言葉、聞いたことがあるでしょうか?“自己評価”に意味としては近くなりますが、どう…

  3. アドラー心理学からみる“対人関係の作法”の14のポイント

    生きていく上で、生活していくうえで範囲はどうであれ対人関係というものはつきまとってくる課題です。逆…

  4. 人間関係での苦手意識とつきあうために重要な6つのポイント

    人間関係を円滑にするためにも、相手への苦手意識を上手にコントロールする必要があります。とは言っても…

  5. アドラー心理学から学ぶ、スムーズな人間関係構築術について

    それがクライアントでも同僚や上司でも、人間関係をムリなく築くことって難しいことなんだと思います。で…

  6. アドラー心理学の“勇気づけ”を知れば、人間関係の円滑化に役立つ??

  7. アドラー心理学は相手の性格の傾向を知る一つのツールになるって話!

  8. アドラー心理学で考える作業療法の技術について!

  9. 関わり方に迷った時こそ、アドラー心理学から作業療法を考える。

PAGE TOP