小脳梗塞の症状と評価方法について!

小脳梗塞の患者といってもその症状は様々です。
また通常の脳梗塞とは異なる症状や傾向もあるため、しっかりとした評価を行わないといけません。
そこで今回は『小脳梗塞の症状と評価方法』についてまとめてみました。

Sponsored Link

小脳梗塞の症状について

この小脳梗塞の主な症状についてですが、以下のような症状があげられます。

1.めまい

forest-1366345_1280
ぐるぐると回転したようなめまいやふらつきが症状としてあげられます。
小脳梗塞でみられるめまいのうち、6~7割の方は“フラフラ感”残りの3~4割の方が“ぐるぐる回る”ような回転性めまいの訴えという統計も出ています。
またどちらも吐き気や嘔吐を伴う場合がほとんどのようです。
この症状がきっかけで受診して小脳梗塞が見つかった…なんて方が多いようですね。

2.運動失調

失調とは“ある機能が調節を失うこと”とされています。
四肢の小脳性運動失調症は以下の6つの要素から構成されています。

1.測定障害

随意運動を目的のところで止めることができない現象を測定異常と呼びます。
この測定異常でも目的のところまで達しないのを測定過小、目的のところを通り過ぎたり行き過ぎてしまうのを測定過大と呼びます。

◆評価方法

Arm Stopping Test
コップ把持テスト
過回内試験
線引き試験

2.反復拮抗運動不能症


一肢または、身体の一部が交代運動(回内 ― 回外)を正確に行えないことを言います。

◆評価方法

手回内・回外検査
Finger Wiggle
Foot Pat
Tongue Wiggle

*注意点:反復拮抗運動不能症は、運動麻痺や筋緊張の亢進、関節異常や深部感覚障害がある場合でもみられるため評価の際には注意が必要です。

3.運動分解

小脳性運動失調では運動の分解が症状としてみられるケースもあります。

◆評価方法

示指-耳朶試験

4.協働収縮不能(協働収縮異常症)


あらゆるADL動作は単一な運動ではなく様々な運動が組み合わさったものです。
その複合的な運動には一定の順序、調和が保たれていることが必要で、これを協同収縮(運動)と呼びます。
協同収縮不能(協同収縮異常症)とは、この順序や調和が障害された状態を指します。

◆評価方法
・仰臥位で腕を組んだまま起き上がるように指示しても起き上がれず、障害側の下肢を高くあげてしまう傾向があります。
・立位姿勢で後ろに反らせるように指示すると、健常者でみられる代償動作である膝関節屈曲や頭部伸展がみられず、そのまま後ろに倒れてしまいます。

5.振戦

振戦とは筋肉の収縮、弛緩が繰り返された場合に起こる不随意のリズミカル運動である

一般的に呼ばれる“ふるえ”であり、小脳梗塞でなくても誰にでも起こりうる症状(ストレス、不安、疲労、アルコールの離脱症状etc)です。

◆評価方法

鼻指鼻試験
指鼻試験
膝打ち試験
足趾手指試験
踵膝試験
向こう脛叩打試験

6.時間測定障害

動作開始時や動作停止時に健常者よりも時間的に遅れることを言います。

◆評価方法

時間測定障害の評価方法

3.筋緊張低下

病巣と同側の筋緊張の低下も小脳梗塞の症状としてあげられます。
この筋緊張の低下は、被動性の亢進、他動運動に対する抵抗の減弱として臨床上評価できる部分でもあります。

◆評価方法

Pendulousnessの検査

4.Postural Fixationの異常

Postural Fixationとは姿勢の固定と訳されます。
これの異常ですから姿勢をじっと維持できずに崩れや振戦が症状として現れる…ということです。

◆評価方法

腕叩打試験

5.スチュアート・ホームズ反跳現象


抵抗に逆らって動作しようとして腕や脚に力を入れていているような状況の中で、急にその抵抗が除去されたときに腕や脚は動かそうとしていた方向に急激かつ力強く動き止めることができない…現象。
その他リバウンド現象,ホームズ現象とも呼ばれるようです。

◆評価方法

スチュアート・ホームズ反跳現象の評価方法

6.書字障害

小脳梗塞の患者の症状で、書字障害として代表的なのは字を書かせるとだんだんと大きくなる大字症があげられます。
*逆の字を書かせるとだんだんと小さくなる小字症はパーキンソン病でみられます。

7.構音障害

構音筋の協調運動が不良となり、その結果ろれつが回らなくなったりしてうまく話せなくなるのが小脳梗塞による構音障害の特徴です。
特に子音の発音が不正確、語勢が単調あるいは過剰といった特徴もあるようです。

8.眼振

ジッと見つめようとしても視線が合わず、無意識で左右の眼球運動が起こってしまう症状を指します。

9.吐き気・嘔吐

小脳の障害で特に多い症状としてのめまいや吐き気があげられます。
発症早期に多くみられることがあり、なかなかうまくリハビリがすすまない…なんてこともあります。
患者本人の訴えや体調に合わせて介入する必要がありますね!

10.感覚障害

梗塞があった側の顔面や、その反対側の身体に感覚障害が生じる場合もあります。

まとめ

おおまかにでしたが、小脳梗塞や出血についての症状と評価方法についてまとめてみました!
小脳に障害がある場合、重度の麻痺の症状はないにしても、めまいの訴えや嘔気などによって著しくADLの低下を招くケースが多いように感じます。
クライアントの状態や訴えに配慮して、慎重に介入する必要があると言えます。

作業療法士は語りたい!

小脳系の疾患の人は、そのめまいや嘔気などの症状から、
メンタル面への配慮も非常に重要だと思うんだよね!
たしかに「リハビリだから!」の理由では、
吐き気がひどいような人は「それどころじゃない!!」なんて怒り出しそうですもんね!
だからこそ、入院中の場合は病棟スタッフとの連携が必要になるんだろうね!