福祉用具

作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーまとめ

 

作業療法士がパソコン操作の方法を理解することって、クライアントの就労支援や自己実現への介入につなげられると思っています。
スマホがいくら便利になったからといっても、やっぱりパソコンでしかできない機能もたくさんありますからね。
そこで今回は作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーについて!

ショートカットまとめ

以下に一般的なショートカットのコマンド方法をまとめておきます。
もちろんすべて覚える必要はなく、そのクライアントがよく使用するコマンドを選び、優先順位を付けるなどする必要があります。

基本的なショートカット操作

入力キー操作 操作内容
Esc (エスケープキー) 作業の中断や元に戻す
Prt Sc(プリントスクリーンキー) 表示している画面を画像(クリップボード)として保存 Altと同時に押すと開いている、ウィンドウの保存
Num Lk(ナムロックキー) テンキーからの数字入力のON/OFを行う ONの時はNum Lkのインジケーターが点灯する
Insert(インサートキー) 文章入力に使用するキーで、挿入と上書きの切り替えが出来る
Delete(デリートキー) 文字、ファイル、フォルダの削除に使う 他にオートコンプリートのキーワードの削除にも使用できる
半角/全角キー/漢字 日本語入力と英数字入力の切り替え
Tab(タブキー) ウィンドウ画面の項目・選択肢の移動、Excelの右方向へのセル移動等々
Caps Look(キャプスロックキー) 大文字での英字入力の切り替え
Shift(シフトキー) 英字入力の時シフトキーを押しながら文字を入れると大文字のアルファベット入力が出来る また、キートップの左上の記号変換できます。
Ctrl(コントロールキー) 他のキーと組み合わせて使用する
Back space(バックスペースキー) 文字入力したのをカーソル1文字前の削除する。 開いているウィンドウを一つ前のページに戻す。
スペースキー 文字入力時には漢字変換や1文字分、空白をあける 通常ではウィンドウの下部へ移動する
Windowsキー(ウィンドウズロゴキー) スタートメニューを開く 他のキーと組み合わせて使用する事により、別の操作を実行ができる
Page UP(ページアップキー) 開いているウィンドウの上へのスクロールさせる また文字入力時は上へ一つずつカーソル移動する。
Page Down(ページダウンキー) 開いているウィンドウの下へのスクロールさせる また文字入力時は下へ一つずつカーソル移動する。
Enter(エンターキー) 文字の入力の確定をする又は文字の改行する または、選択肢などの決定
Alt(オルトキー) 他のキーとの組み合わせで機能が変化するコントロールキーと同様に、ウインドウの操作やファイルやツール等のメニューを開く
無変換 漢字変換のときに、これを押すとひらがな、かたかな変換できる 前候補変換(次)|かな漢字変換できる。
カタカナ/ひらがなキー/ローマ字 文字入力時、に押すとひらがな入力やカタカナ入力に変換 Altキーと同時に押すと かな入力ローマ字入力できる
Homeキー(ホームキー) カーソルを行頭に移動させる、ウィンドウ内の先頭までスクロールさせる 他のキーとの組み合わせで、別の操作ができる
Endキー(エンドキー) カーソルを行末に移動させる、ウィンドウ内の最後尾までスクロールさせる 他のキーとの組み合わせで、別の操作ができる
Fn(ファンクション) 他のキーと組み合わせて使用する キーボードによっては付いていないキーをこのキーで代用する
←↑→↓(カーソルキー) これでマウスカーソルは動かすことはできないがメニューや文字入力のカーソル移動やウィンドウ画面のスクロールが出来ます。
F1(ファンクションキー1) ヘルプとサポートを開く
F2(ファンクションキー2) 選択したアイコンの名前を変更できる
F3(ファンクションキー3) ファイルやフォルダの検索
F4(ファンクションキー4) ウィンドウのアドレスバーの表示 ゲームソフトを起動中の時は画面サイズの変更
F5(ファンクションキー5) ウィンドウ等の表示の更新
F6(ファンクションキー6) 項目の切り替え
F7(ファンクションキー7) 全角カタカナ入力
F8(ファンクションキー8) 半角カタカナ入力
F9(ファンクションキー9) 全角英数字入力
F10(ファンクションキー10) 半角英数字入力
F11(ファンクションキー11) ウィンドウの表示切替、ツールバー以外の表示を非表示します。 もう一度押すと元に戻ります。(全画面表示)
F12(ファンクションキー12) Word・Excelで使用するキーで名前をつけて保存

Ctrlキーとの組み合わせ操作

入力キー操作 操作内容
Ctrl+A 表示されてる文字やファイルやフォルダをすべて選択する
Ctrl+B 「お気に入り」の整理をするダイヤルログを開く
Ctrl+C ドラックしたものをコピーする、
Ctrl+D 現在開いているウィンドウページのお気に入り追加
Ctrl+E 「Webページの検索」ウィンドウを開いたりCDの出し入をする
Ctrl+F ファイル内の文字検索ウィンドウを開く
Ctrl+H 「履歴」のウィンドウ表示またはファイルの文字列を変換する
Ctrl+I インターネットの、お気に入りのウィンドウを開く
Ctrl+L インターネットのアドレス入力する画面が開く
Ctrl+M Enterキーと同じく改行が出来ます。
Ctrl+N 現在開いているウィンドウをもう一つ開く、またはファイルの新規作成
Ctrl+O ファイルを開く
Ctrl+P 印刷に関連した作業やプリンターの追加等
Ctrl+R 現在みているウィンドウの更新(リロード)
Ctrl+S 上書き保存が出来る
Ctrl+V ペースト(貼り付け)が出来る
Ctrl+W ウィンドウを閉じる
Ctrl+X カット(切り取り)が出来る
Ctrl+Z アンドゥ(取り消し)が出来る/カーソルの後ろの文字を1行削除
Ctrl+F5 (Ctrl+R)と 同じで現在みているウィンドウの更新(リロード)
Ctrl+Enter フォルダを別のウインドウで開く
Ctrl+Tab ダイヤルボックス内のタブの切り替えをする
Ctrlを押しながらファイルをドラック 選択したファイルのコピー
Ctrl+Alt+Delet タスクの強制終了(Win98/Me)の場合
Ctrl+Alt+Delet タスクマネージャーの表示、プログラムの強制終了(XP/2000)
Ctrl+Shift+Esc タスクマネージャーの表示、プログラムの強制終了(XP/2000)
Ctrl+Shiftを押しながら項目をドラック 選択した項目のショートカットの作成
Ctrl+Insert 選択範囲の文書やファイルをコピー
Ctrl+Esc Windowsロゴキーの役割と同じ
Ctrl+← アドレスバーの操作カーソルを前の区切り「.や/」に移動
Ctrl+→ アドレスバーの操作カーソルを次の区切り「.や/」に移動

Altキーとの組み合わせ操作

入力キー操作 操作内容
Alt+A ツールバーのホームページのお気に入りを開く
Alt+C コピーまたは、お気に入りの新しいフォルダの作成
Alt+D ツールバーアドレス入力の操作をする
Alt+E ツールバーの編集を開く
Alt+F ツールバーのファイルを開く
Alt+H ツールバーのヘルプを開く
Alt+T ツールバーツールを開く
Alt+V ツールバーの表示を開く、または貼り付け(ペースト)をする
Alt+X 切り取りをする
Alt+Enter ファイルやフォルダのプロパティを開く
Alt+スペースキー 現在のウインドウのコントロールメニューの表示
Alt+Tab アプリケーションを切り替える
Alt+Esc 次のウィンドウを表示する
Alt+半角/全角 文字入力の切り替えをする
Alt+ひらがな ローマ字入力やかな入力の切り替えをする
Alt+PrintScreen アクティブなウィンドウのイメージをクリップボードにコピーする[補足-#02]
Alt+F4 ウィンドウを閉じる (ブラクラならAlt+F4数回を押すか押しっ放し)
Alt+Home ブラウザ画面のホームと同じ動作を行う
Alt+→ 開いていた1ページ分のウィンドウを進む
Alt+← 開いていた1ページ分のウィンドウを戻す

Shiftキーとの組み合わせ操作

入力キー操作 操作内容
Shift+Delete ゴミ箱に入れずに完全削除する
Shift+F10 マウスの右クリックと同じようにメニューを開く
Shiftを4回、または5回押す 固定キー機能のオンとオフ
Shift+Esc 入力文字すべてを変換前の状態に戻す
Shift+Home カーソルから文章入力時やファイル内を行頭まで選択させる
Shift+End カーソルから文章入力時やファイル内を行頭まで選択させる
Shift+ひらがな カタカナ入力モードに切り替える
Shift+無変換 全角英数字・半角英数字の切り替え
Shift+Win+M 最小化したウィンドウの再表示
Shiftを押しながらCD-ROMを入れる CD-ROMの自動再生を止める
Shift+Ctrl+Esc タスクマネージャーを開く
Shift+Caps Lock 文字入力の大文字・小文字の切り替え
Shift+Enter フォルダをエクスプローラーで開く
Shift+Tab 選択できるエリアを切り替える
Shift+Win+M 最小化したウィンドウの再表示
Shift+Ctrl+Tab ダイヤルボックス内のタブの切り替え
Shift+Insert コピーした文書・ファイルを貼り付け
Shiftを押しながら+↑↓→← 文書制作中の文字やファイルのドラッグ作業

Windowsキーとの組み合わせ操作

入力キー操作 操作内容
Windowsキー+B タスクバーのDrag’n DroP CDのメニューを開く
Windowsキー+D 開いている全てのウィンドウの最小化・復元
Windowsキー+E スタートメニューにあるマイコンピューターを開く
Windowsキー+F ファイルやフォルダの検索ができる
Windowsキー+L ログオフをする
Windowsキー+M 開いているすべてのウィンドウの最小化
Windowsキー+R ファイル名を指定して実行させるウィンドウを開く
Windowsキー+U ユーティリティマネージャーを開く(XPのみ)
Windowsキー+F1 Windowsのヘルプを表示する(XPのみ)
Windowsキー+Pause システムのプロパティを表示する
Windowsキー+D デスクトップの表示切替
Windowsキー+Shift+M Winキー+Mで最小化したウィンドを元に戻す

愛東:もちろんショートカットではなく、通常のコマンド入力方法の方がスムーズにできる…という場合はそちらを優先させた方がいい場合もあります。
わかな:ショートカットもあくまでパソコン操作を使いやすくする上での選択肢の一つ…ということなんですね!

ショートカットキーはカスタマイズできる?

Windows7以降のOSならば、自分がよく使用するアプリケーションに任意のショートカットキーを割り当てて起動することができます。
こうすることで、そのクライアントに合わせたオリジナルのショートカットキーを設定できるのでより理解したもらいやすくなるはずです!

ショートカットキーのカスタマイズ方法

例として、Windows7での「メモ帳」を開く際のショートカットキー設定で説明します。

①「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」の順にクリック。

②「メモ帳」を右クリックし、「プロパティ」をクリック。

③「ショートカット」タブをクリックし、「ショートカットキー」ボックスをクリック。

④割り当てたいキーを入力し「OK」をクリック。
(設定上、[ctrl+Alt+○○]の入力になります。)

まとめ

様々な種類があるショートカットキーですが、あくまでもパソコン操作、キーボード入力を「簡単に」するための方法です。
クライアントに合わせてはこのショートカットキー入力自体が覚えられなかったり、苦手だったりする場合もあるので、そのクライアントの特性に合わせて導入する必要があるといえます。

作業療法士は語りたい!

若い世代ならまだしも、高齢の方は「パソコン」というだけで苦手意識持ってしまいますよね。
その苦手意識って大方「キーボード入力をすること」に慣れていないことによるものが多いような気がするんだ。
そういうクライアントの場合は、デスクトップに「ショートカットアイコン」を作って、
「○○したいときは、ここをダブルクリックしてください!」…くらい簡略化する必要があると思うよ!
あくまで「使いやすくするため」ですものね!
 

関連記事

  1. AAC(拡大代替コミュニケーション)について知っておくべきいくつ…
  2. 「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試…
  3. Windowsのナレーター機能はいろんな意味で惜しい件。
  4. リハビリの臨床や現場でアプリを使用するメリット・デメリットについ…
  5. コミュニケーションエイド “VOCA”の特徴と使い方、 種類につ…
  6. 2つのキーを同時に押すことが難しい時は、固定キー機能がおすすめ!…
  7. きちんと区別できる?日常生活用具給付制度と補装具支給制度の違いに…
  8. 失くしものを無くすアクセ?“Wistiki(ウィスティキ)”が福…

おすすめ記事

作業療法評価における重要な3つの手順について! 上肢機能障害でもパソコン操作が可能に!スクリーンキーボードについて 会話困難で検査できない?観察で可能な認知症検査について! 障害を持つ人の自動車運転における4つの目的を考えてみた! Windowsのナレーター機能はいろんな意味で惜しい件。
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP