福祉用具

高齢者の視覚に関する4つの症状とパソコン画面設定まとめ

 

高齢者の方がパソコンをスムーズに使うためには、まずしっかりと「見えやすくする」ことが重要と言えます。
その方法も様々ですが、今回は基本的な画面設定をまとめてみました!

Sponsored Link

高齢者に対しての認識の違い

高齢者へのパソコン支援をする際に、見えにくさの改善のために文字やアイコンを大きくする…という方法が考えられるかもしれません。
しかしその見えにくさの背景には「老眼」といった症状だけでなく白内障や緑内障といった疾患の場合もあります。
一概に「大きくすればよい」というわけではないんですね。

ボヤケによる見えにくさに対して

ソフトウェアでの方法

画面の解像度を落とす
文字のサイズを大きくする
マウスポインタを大きくする
画面拡大ソフトウェアを使用する

ハードウェアでの方法

モニタを大きいものにする
刻印の大きなキーボードを使用する
シール等を使用しキーボードの文字を大きくする

その他の方法

適切なメガネを使用する
パソコンモニタ用レンズを使用する

まぶしさによる見えにくさに対して

ソフトウェアでの方法

画面の表示を白黒反転表示に変更する

ハードウェアでの方法

モニタの輝度を調節する
白黒反転のキーボードを使用する
シールなどでキーボードに白黒反転文字を張る

その他の方法

部屋の照度を調整する
サングラスやゴーグルを使用する
カーテンを利用する

視野が狭い見えにくさに対して

ソフトウェアでの方法

画面の解像度を調整する
文字サイズを調整する
アイコンの大きさを調整する

ハードウェアでの方法

モニタのコントラストや輝度を適切に調節する

その他

視距離を適切にとるようにする

視野の中心がみえない見えにくさに対して

ソフトウェアでの方法

画面の解像度を落とす
文字サイズを大きくする
アイコンの大きさを大きくする
マウスポインタの大きさを適切に設定する

ハードウェアでの方法

モニタのコントラストや輝度を適切に調節する

まとめ

日常生活に支障が出るほどの疾患や障害を有していなくても、高齢者の方へのパソコン支援はQOL向上につながる方法と言えます。
そういった高齢者の方に怒りがちな視覚に関する課題を把握するとともに、それに対しての支援方法もしっかりと把握しておく必要があります。

作業療法士は語りたい

ちなみにここ数年で高齢者の方のスマートフォン所有率は伸びているけど、
インターネット利用率だけでみるとやっぱりまだパソコンでの利用数の方が多いらしいんだ。
パソコンにしてもスマホにしても、
見えにくさの改善方法はOTとしては知っておく必要があるんでしょうね!

関連記事

  1. Windowsの音声操作は重度身体障害者に応用できるんじゃないか…
  2. IoTがもたらす医療、介護、リハビリ(作業療法)の発展と可能性を…
  3. 神経難病のコミュニケーションとAACの3段階のテクニックについて…
  4. ユニバーサルデザインの7原則とバリアフリーとの違いについて!
  5. 片麻痺だけでなく腱鞘炎にも?マウスボタンを左右交換するとメリット…
  6. ドラッグ操作が難しいならクリックロックを使うべし!
  7. 「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試…
  8. 福祉用具と発生する可能性がある二次障害の種類について!

おすすめ記事

就労支援は障害者にとって「最終」目標なのでしょうか? Windowsのナレーター機能はいろんな意味で惜しい件。 産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました! 年々増加傾向?就労継続支援A型の特徴や対象、平均工賃についてまとめてみた。 自動車運転リハビリテーションの取り組みは、やっぱりアメリカがすごかったって話。
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP