脳卒中発症後の復職の現状と特徴について備忘録的にまとめてみた。

脳卒中発症後の復職、職場復帰という課題は、作業療法士の支援対象でもあります。
そこで今回手に入る報告や論文のなかから、脳卒中発症後の復職の現状と特徴について、備忘録的にまとめてみました!

Sponsored Link

脳卒中発症後の職業復帰率について

脳卒中発症後の職業復帰率はその時の社会情勢や医療状況に差があるものの、おおまかには30~60%とされています。
実はこれ、20年前と比べても数字的には大きな違いはないようです。
その理由としては、脳卒中の復職に関する研究、臨床活動および社会的支援が進んでいないことが指摘されています。
最近の研究では若年成人は生産性喪失の結果として、脳卒中の社会的経済的損失に大きく影響していることを報告しています。
今までしっかりと働いていて“経済を回していた勤労者”という側面を持っていた人が、脳卒中によって失業するということは大きな経済的損失ともなりますので、もっと国や行政レベルでの研究、対策が必要なのかもしれませんね。

海外と日本での職業復帰率の違いについて

脳卒中発症後の復職率についてですが、北欧での職業復帰率は高くアメリカでは低いようです。
ちなみに日本はその中間程度。
なぜこのような差が生まれたかってことについてですが、これは対象症例の年齢分布、障害の重症度及び社会経済的状況が異なることがあげられます。
またその国によっての職業復帰の定義が異なることも影響されるようです。
「何を持って職業復帰か?」という定義が重要ということでしょうね!

復職を促進する予測要素について

脳卒中発症後、優位に復職を促進する予測要素としては、

①若年で復職につよい意欲を持っていること
②高学歴でホワイトカラーの職種であるこ
③セルフケアおよび歩行が自立していること
④家族や同僚の支援があること
…などがあげられます。

脳卒中の病型については特に関係ない?

脳卒中の病型と職場復帰率は優位に関連しない…という意見が定説ですが、『脳卒中発症後の職業復帰』の報告では、

脳内出血の症例が脳梗塞、くも膜下出血症例それぞれに対し優位に低い職業復帰率を呈していた。
との意見もありました。

復職を阻害する因子について

逆に脳卒中発症後の復職を阻害する因子としては、

①中高年齢での発症
②肉体労働を主とするブルーカラーの職種
③多量の飲酒歴
④重度の片麻痺
⑤失語、失認、失行などの高次脳機能障害の合併
⑥長期入院や長期の傷病手当・障害年金の受給
…などがあげられます。

麻痺側が右か左かで職場復帰率は変わるか?

片麻痺の麻痺側に関しては麻痺の重症度が職業復帰の阻害因子になりますが、麻痺側そのものと職業復帰との関連はみられないとの意見が多くみられます。
ただ、この『脳卒中発症後の職業復帰』の報告では右麻痺症例の職業復帰率が有意差はないものの低い傾向があったようです。
これは右側が利き手であること、右片麻痺の症状として失語症を伴うことなどが理由としてあげられています。

経済的補償は復職を遅らせる?

脳卒中発症後に受給される“傷病手当”や“障害年金”は、障害に対する経済的補償として必要なものです。
ただ一方で復職に対する意欲を低下させ復職可能な症例の復職時期を遅らせてしまうことがあるというデメリットも含んでいます。

麻痺の重症度の職場復帰率は相関性がある?

ま、当然といえば当然なのでしょうけど、麻痺の重症度があがるにつれて職業復帰率が低下します。
ちなみに、麻痺の重症度に関しては明らかな運動麻痺を呈していない症例ではほとんどが職業復帰が可能になります。
ちなみに麻痺がない症例は重度麻痺の症例に比べて5倍職業復帰しやすいとのデータがあります。

高次脳機能障害と職場復帰率

失行、失認は職業復帰を阻害する因子になります。
他の高次脳機能障害(注意障害や半側空間無視、前頭葉症状etc)について言及した報告は本記事執筆段階の調査では見つからなかったのですが、就労においての作業遂行、およびコミュニケーションという点では失行、失認同様阻害因子に成り得ると考えられます。
ちなみに失行がない症例はある患者にくらべて優位に4倍職業復帰しやすいというデータがあります。

失語症は職業復帰の阻害因子?

失語症は就労生活を送る上でのコミュニケーションの問題として職業復帰の阻害因子とされています。
ただし、失語症症例の職業復帰率が20~40%とそれほど低いものではないという報告もあることからも、あまり影響がないと意見もあります。
もちろん多くのコミュニケーションを必要とする仕事か否か…という点でも左右されるので、失語症=職業復帰困難、と考えるのは早計かもしれませんね!

まとめ

脳卒中発症後の復職、職場復帰については今後作業療法士にとっても大きな課題となります。
過去の報告や論文、研究を見直すことでその傾向や抱えている課題、問題点などが浮上してくると思います。
もちろんそれらが浮上してくれば、対策案も自ずと浮かんできますから、作業療法士が関わる「職場復帰」というテーマの研究が一歩進んでいくと思うんですよね!

作業療法士は語りたい!

脳卒中発症後の職場復帰を考えていくことは、
ユニバーサルデザインの発想を応用すると、脳卒中以外の障害を有する人の職場復帰…
さらには一般の「働きにくさ」を感じている人の職場復帰や「働き方」という課題にまで支援対象を広げられると思うんだ!
障害者雇用、復職、職業リハだけでなく、
産業分野での作業療法…って発想でしょうね!

【参考文献】
脳卒中発症後の職業復帰
脳卒中後の復職~近年の研究の国際動向について~