職業・産業リハ

職業リハビリテーションに関わる関連施設についてざっくり調べてみたよ!

就労支援に関わる作業療法士は、職業リハビリテーション(以下、職業リハ)に関する施設や機関との連携を強化していく必要があります。
どうしても院内の人間だけで支援していくには偏ってしまう傾向もあるので…。
そこで今回は職業リハに関わる代表的な関連施設について調べてみました!

Sponsored Link

職業リハに関わる関連施設について

職業リハに関わる関連施設には…

①公共職業安定所(ハローワーク)
②地域障害者職業センター
といったものが主にあげられます。

公共職業安定所(ハローワーク)



公共職業安定所(ハローワーク)についてですが、

職業安定組織の構成に関する条約(第88号)(昭和29年条約第19号)に基づき加盟国に設置される公的職業安定組織(Public employment service)が運営する職業紹介所である。日本においては、厚生労働省設置法第23条に基づき設置される公共職業安定所(ハローワーク、英語: Public Employment Security Office)が該当する。
引用:wikipedia

と定義されています。

そのハローワークの主な業務としては、

①求人開拓
②求職登録
③職業指導
④職業紹介
⑤就職後の障害者に対する助言及び指導
⑥事業主に対する助言及び指導
⑦職場適応訓練

…があげられます。

ハローワークでは一般の窓口だけでなく、障害を持つ人の就職や採用のための“障害者相談窓口”を設けているため、そこで求職登録、就職相談や職業紹介等を行っています。
しかし、このハローワークを利用する際には、“障害を明らかにして就職活動を行うこと”、“ハローワークの障害者相談窓口の職員は決して専門家ではない場合があること”ということを念頭においた上で利用しないといけません。

地域障害者職業センター



地域障害者職業センターとは、障害を持つ人に対する専門的な“職業リハビリテーションサービス”の実施と、事業主に対する障害者の雇用管理に関する相談・援助、地域の関係機関に対する助言・援助を実施しています。
運営は、『独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構』で、各都道府県に最低1か所設置されています。
この障害者職業センターは前述したハローワークと連携を取り、利用者に対しての職業リハサービスの提供を行っています。

その内容は主に以下の8つがあげられます。

①職業評価
②職業指導
③職業準備訓練(基本的な労働習慣を体得するための訓練)
④職域開発援助事業(労働習慣を含む職業能力の全般を向上させるための指導援助)
⑤職業講習(OA講習及び職業準備講習)
⑥職場適応指導
⑦事業主に対する障害者の雇用管理に関する援助
⑧地域障害者及び重度知的障害者の判定(雇用対策に関わるもの)

ちなみに、障害者職業センターとは、

・障害者職業総合センター
・広域障害者職業センター
・地域障害者職業センター
…の総称になります。

病院内でクライアントの就労支援を行っている作業療法士は、この障害者職業センターとのパイプを持っていると非常にスムーズだと考えています。

まとめ

病院内でクライアントへの就労支援に関わる際に、作業療法士だけではどうしても提供できるサービス内容や、提案事項の選択肢などが限定的になってしまいます。
もちろん医療相談室の相談員(MSW)と連携することも重要ですが、今回あげたハローワークや地域障害者職業センターといった地域での職業リハに関わる機関と連携していくことも重要になってきます!
そのためには各機関の特徴について作業療法士はしっかりと把握しておく必要があるんでしょうね!

産業作業療法士は語りたい!

なんでも一つの職種で背負うのではなく、各分野得意な領域の職種や機関と連携をして、総合的、多角的に支援していくって方針が職業リハにおいても重要なんだと思うんだよね!
「適材適所」って言葉があるくらいですからね!
ただその場合に求められるものは、複数の職種や機関を管理するマネジメント能力と、現場でクライアントの望む就労支援につないでいくっていうディレクション能力になってくるね!
作業療法士は“セラピスト”であると同時に“マネージャー”や“ディレクター”的な要素も必要になってくるのでしょうね!

「働きにくさ」をリハビリする“産業作業療法研究会”の公式サイトはこちら

関連記事

  1. 自分の職場の上司に言ってはいけない12のこと!
  2. 勤労と労働、仕事と働くことの意味や違いについて調べたらカオスにな…
  3. 作業療法士がセミナーやワークショップを就労支援プログラム化する有…
  4. 職場適応促進のためのツール“トータルパッケージ”について!
  5. 就労支援における、情報収集と環境評価・調整の方法について!
  6. 就労移行支援の内容と、サービスを受けるメリット・デメリットについ…
  7. 作業療法はもっと職業リハに関わっていく必要があると思うんです。
  8. 脳卒中の復職が促進される4つの要因について

おすすめ記事

複雑すぎ!!CHART日本語版によるIADL評価と採点方法について AMPSの講習会を終えて、個人的に思った5つの事について! 更衣動作の目的をマズローの五段階欲求に照らし合わせて考えてみました! 脊髄損傷の残存機能を評価!ASIA分類について方法と注意点をまとめてみた! ブルンストロームステージ(Brunnstrom stage:Brs)による脳卒中片麻痺の評価方法について
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP