自動車運転

運転免許の拒否、取り消しになる症状についてまとめてみた!

 

脳卒中などの後遺症や障害によって、運転免許の拒否や取り消しになる場合がありますが、具体的な症状でどのような場合にひっかかるのかについは曖昧だったりします。
そこで今回は運転免許の拒否や取り消しになる症状についてまとめてみました!

運転免許の拒否、取り消しになる症状について



結論から言えば、運転免許の拒否や取り消しになるものは以下の症状に当てはまる場合になります。
1. 意識障害,見当識障害,記憶障害,判断障害,注意障害等で,主治医が『安全な運転に必要な能力を欠いている』『6ヶ月以内に回復の見込みがない』と診断した場合
2. 以下の身体障害者
①目が見えない方
②体幹の機能に障害があって,腰をかけていることができない方
③四肢の全部を失ったもの又は四肢の用を全廃した方
④ ①~③までに掲げたもののほか,自動車等の安全な運転に必要な認知又は操作のいずれかに係る能力を欠くこととなる方(条件を付し,又は変更することにより,その能力が回復することが明らかなものを除く。)

1. 意識障害,見当識障害,記憶障害,判断障害,注意障害等~

この症状は主に脳卒中などによる中枢性疾患からくる高次脳機能障害でみられる症状になります。
しかし高次脳機能障害である各症状と自動車運転の関係については確定した医学的知見はありませんが、日本身障運転者機構では、この高次脳機能障害の症状は以下のような影響を与えると考えているようです。

運転中に行うべき多様な安全確認ができない。特に複数の注意を同時に確認できない:(信号と歩行者・信号と対向車など) 注意障害
目的地を忘れる:記憶障害etc
視野が狭くなり信号や標識、歩行者を見落とす:視野障害
事故発生時の救護義務が果たせない:失語症
障害があることを本人が自覚できず慎重な運転が出来ない:病識の低下
センターラインを越えたり、歩道に乗り上げたりする。並走するバイクや自転車に気づかない:半側空間失認・無視
引用:日本身障運転者機構

またこれらの症状の種類と程度と運転の可否は、主治医の判断によるところがありますので現段階の状態と今後回復の予後予測などは、リハビリ担当である作業療法士からしっかりと医師への情報伝達が必要な場面も多くあります。

①目が見えない方

自動車運転は視覚に依存するものが多いことからも、明らかな視覚障害では運転免許の拒否や取り消しにつながってしまいます。

②体幹の機能に障害があって,腰をかけていることができない方

運転席で運転する際に座位を保つことができる…というのは最低限必要な身体機能と言えます。

③四肢の全部を失ったもの又は四肢の用を全廃した方

片麻痺のように上肢、下肢の一部の機能障害の場合は、環境設定などによって代替手段もありますが全廃となると運転の継続は厳しい…と判断される場合が多いようです。

自動車等の安全な運転に必要な認知又は操作のいずれかに係る能力を欠くこととなる方

高齢ドライバーの認知症にも当てはまります。
やはり他者を巻き込んでの事故の可能性もあるという点では、この判断は非常に慎重にするべき点だと思います。

その症状は回復段階か、慢性化しているかの判断が大事

高次脳機能障害についても身体機能についても、その症状が回復段階であるのか、それとも症状固定がされ障害として残存しているのか…の判断が、運転免許の継続or拒否・取り消しのポイントになってきます。
その為にはその疾患と症状の予後予測をしっかり把握し、経時的な神経心理学検査を実施する必要があると言えます。
加えて、再発のおそれがあるものとして,主治医が『今後○○年程度であれば,再発の恐れの観点からは,運転を控えるべき…とはいえない』といった診断を行った場合,運転免許センターでは,一定期間(○○年)後に臨時適性検査を行い再度,運転の可否について判断する…という措置を取るケースもあるようです。

まとめ

運転免許の拒否、取り消しの判断をする場合、医師にとっても担当する作業療法士にとっても非常に判断が難しい場合が多くあります。
上記のような症状と、予後予測を踏まえたうえで適切な判断をする…というのが最善の方法なのかもしれませんね。

作業療法士は語りたい!

この運転免許の拒否・取り消しor継続の判断の際、いかにクライアントに納得してもらうかって重要ですよね?
障害を持つ人の自動車運転における4つの目的を考えてみた!でも触れたように、自動車運転がそのクライアントにとって“手段”なのか“目的”なのかを生活歴や心理的背景からしっかりと読み取ることも重要だろうね。
ただ運転免許のOK/NGを“Judgement(ジャッジメント)”するだけではなく、NGだったらその代替手段まで提示する“ハウトゥー(How to)”を提示することも必要ですね!
 

おすすめ記事

作業療法士が面接を行う上での 6つの注意点とは? APDLとIADLの違いを考えてたら、ICFの概念に落ち着いたって話。 頭痛の改善方法として音楽が結構効果あるって話。 ギターやベースの弦を再利用したアクセサリーをまとめてみた! “作業療法って結局なに?”って迷ったら、国内の先人・偉人による名言から振り返ったらいいと思うんよ!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP