作業分析

PTS法は作業療法の作業分析に利用できるか?を考えてみた!

 

作業を分析するに時間的な観点から分析する必要があるんですが、その際に利用するのがPTS法という手法。
産業工学、IEの分野で使われる手法なので作業療法、リハビリテーションの分野ではあまり馴染みがないのですが、考え方や着眼点は非常に参考になるんです!
というわけで、今回は「PTS法は作業療法の作業分析に利用できるか?」について!

PTS法とは

“PTS法”とは“既定時間標準法(Predetermined Time Standard system)”の頭文字をとった略称で、

その作業動作を人間の基本動作に分解するといった動作分析を行い、その動作の種類や条件、大きさと言ったものに応じてあらかじめ定められた時間値(標準時間)を割り当てることでその作業全体に要する時間を設定するという手法
…を言います。

例として“箸でおかずを食べる”という作業は、

・箸に手を伸ばす
・箸をつかむ
・おかずに箸を移動させる
・おかずを箸でつかむ
・口までおかずをつかんだ箸を移動させる
・食べる
・箸を置く
…という7つの基本動作に分解することができます。
この7つの基本動作それぞれの特徴に時間テーブルから該当する時間を当てはめ、全体の作業時間を見積もる…という手法になります。

PTS法には「動作が決まると時間が決まる」という基本的な考え方があるんだ!

PTS法のメリット

このPTS法のメリットですが、以下のようなものがあげられます。

・その作業に必要な動作それぞれが要する時間の基準値がわかる
・「作業に時間がかかる」という評価判断をもっと細分化することができ、どの動作に時間がかかっているのか分析することができる
・標準の時間が明確になるため、スピードや効率性向上といった視点での訓練課題として応用できる

PTS法のデメリット

逆にPTS法のデメリットですが、

・分析自体に手数がかかる
・分析を正確にするには専門的な訓練が必要
・動作標準時間と実際の速度が異なる場合がある
…などがあげられます。

PTS法の手法について

ではこの作業を時間の観点で動作分析するPTS法の代表的な手法についてですが、

・WF法
・MTM法
・MODAPTS法
…があげられます。

WF法

WF法とは、“Work Factor analysis”の略称で“作業因子法”を意味します。
労働の基礎時間を算定する方法の一つであり、あらかじめ作業の動作を表にし、その表から標準時間を算出する手法になります。
WF法では、作業における動作時間を決定する要因として、

①身体部位
②動作距離
③重量(抵抗)
④人為的調節
…の4つをあげています。

④人為的調節は

・一定の停止(D)
・方向の調節(S)
・注意(P)
・方向の変更(U)
…を指します。

MTM法

“MTM法”は、“Method Time Measurement”の略称で、“作時間測定法”を意味します。
1948年にアメリカのH. B.メイナード氏より発表された基本動作から標準時間を決める手法になります。

MTM法では前述したWF法の4つの要素をさらに細かく10の基本動作まで分解することが特徴です。

①手を伸ばす(R)
②運ぶ(M)
③まわす(T)
④押す(AP)
⑤つかむ(G)
⑥定着する(P)
⑦放す(PL)
⑧引き離す(D)
⑨目の移動(ET)
⑩目の焦点合わせ(EF)
この10の基本動作から、動作の種類、移動距離、目的物の条件、難易度に応じた時間値の表がつくられます。
そして各作業を構成している動作を分析し、表の時間値を計算していくことでその作業の標準時間を求めることができます。

MODAPTS法

MODAPTS(モダプツ)とは、“Modular Arrangement of Predetermined Time Standards”の略称になります。
オーストラリアの医師であった“G.C.Heyde”がアメリカの工業会で発達した作業動作時間測定法である“MTM”に改良を加え開発されました。
MODAPTSでは人間の上肢の動作を中心とした基本動作を、21個の記号で表し評価します。
その21個の基本動作を基に作業評価や所要時間の設定に生かすという手法です!

関連記事:MODAPTSによる作業分析の方法やメリットについてまとめてみた!

PTS法は作業療法、リハビリテーションに応用できるか?

さて、ここからが本題(笑)。
産業工学の業界で使われているこのPTS法を果たして作業療法、リハビリテーションの分野に応用できるのでしょうか?
ちなみに基礎作業学のテキストには、

PTS法は、普通の人が普通の速さで作業を行う時の動作の種類、組み合わせ、順番を分析し、その動作の方法が決まれば、自ずと標準時間までも決まるものである。
…(中略)…これらの方法は特別な技能訓練が必要で、分析に多くの時間がかかるので、大量に同じ物や同じ動作が要求される産業分野での利用が多い。そのため個別性が高いリハビリテーションの臨床場面では使われていない。

…とあります。

たしかに産業工学…とくに同じ工程を繰り返し行う作業(工場のラインetc)でよく使われているようですので、日常生活という多種多様で個別性に富んだ作業には汎用できにくいのかもしれませんね。

でも、リハビリテーションでも作業時間の視点での作業分析は必要だと思う

ADLの評価バッテリーでもあるFIMでも、6点(修正自立)の採点をする評価基準で「時間がかかる」というものがあります。
なにを持ってその作業に時間がかかると判断するのか?…が非常に属人的だなと思うんです。
更衣動作の項目でも6点の場合は「通常の3倍以上の時間がかかる」とありますが、通常の更衣動作にかかる時間っていったい何秒なのでしょうか?
少なくても数値化する…定量的な評価であったらその基準値もしっかりと時間として算出しておく必要があるんじゃないかな…なんて臨床を経験してると強く感じてしまうんです(泣)

まとめ

PTS法という産業工学、IEとしての方法がそのままリハビリテーションや作業療法の分野に応用できるかどうか…は、課題があるのでしょうが、観る視点、解釈のコツとしては非常に参考になると思います。
定量的なリハビリテーション評価、作業療法評価にはこういった工学系の手法や技術を応用するって発想は必要だと思うんですよね!

作業療法士は語りたい!

医工連携もそうだけど、作業療法は他の分野、他の業界の手法やアイディアをうまく掛け合わせることで
もっと“できること”が増えると思うんだよね!
その業界では普通のことも、業界が異なれば画期的な扱いをされるケースってあるでしょうからね!
作業療法をもっと世に広めるためにも、作業療法士はもっと多くの分野について学ぶ必要があるんだろうね!
 

関連記事

  1. 限定的作業分析の特徴とその注意点について
  2. 作業分析だけじゃない?リハビリで応用できそうな産業工学の“分析”…
  3. AMPSの講習会を終えて、個人的に思った5つの事について!
  4. 作業療法における動作分析を産業工学から考えたら結構捗った件。
  5. 作業療法士がサーブリッグ分析の第1類を考えてみた。
  6. 作業療法士による作業分析の目的と方法、動作分析・活動分析との違い…
  7. MODAPTSによる作業分析の方法やメリットについてまとめてみた…
  8. サーブリッグ分析第3類に位置する4つの動作について!

おすすめ記事

半側空間無視の責任病巣について! MODAPTSによる作業分析の方法やメリットについてまとめてみた! QOLの本当の意味を考え出したら、「痛み」の軽減が最優先になったって話。
作業療法評価における重要な3つの手順について! 頭痛の原因と種類、解消方法についてまとめてみた!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP