リハビリテーション評価

病的反射の検査方法や注意点について

 

正常の状態ではみられない反射で“病的反射”があります。
今回はこの病的反射の種類や検査方法、検査の際の注意点などについてまとめてみました!

ホフマン反射(Hoffmann’s reflex)

ホフマン徴候(Hoffmann’s sign)とも呼ばれる病的反射です。

検査方法について

ホフマン反射の検査方法としては、

①検者は被験者の手関節を軽く背屈させ手指をやや屈曲させておき、中指中節部を挟む
③検者の母指で中指の爪の部分を鋭く手掌側にはじく
…という方法をとります。

陽性時の反応と病的意義について

陽性であれば、刺激により母指の内転が起こります。
一側のみ陽性であれば、錘体路障害を疑います。

トレムナー反射(Tromner’s reflex)

トレムナー徴候(Tromner’s sign)とも呼ばれる病的反射です。

検査方法について

トレムナー反射の検査方法としては、

①手関節を軽く背屈させ、手指をやや屈曲させておく
②検者は左手で被験者の中指中節部を支えて、右の示指or中指で被験者の中指の先端手掌面を強くはじく
…という方法をとります。

陽性時の反応と病的意義について

陽性の場合は、刺激により母指の内転が起こります。
一側のみ陽性の場合は、錘体路障害を疑います。

ワルテンベルグ指屈反射(Wartenberg’s finger flexor reflex)

検査方法について

ワルテンベルグ指屈反射の検査方法としては、

①前腕を回外位にし肘関節を軽く屈曲させて手背を膝の上に置く
②検者は自分の示指と中指を被検者の4指先端掌側面に横に置き, その上をハンマーで叩く
…という方法をとります。

陽性時の反応と病的意義について

陽性であれば刺激により母指の内転と4指の屈曲が起こります。
一側のみ陽性の場合は、錘体路障害を疑います。

把握反射(Grasp Reflex)

検査方法について

把握反射の検査方法としては、

指やハンマーの柄で手掌面の母指と示指の間を軽くこする
…という方法をとります。
ちなみに、こする部位ですが、母指と示指との間が最もよいとされています。

検査時の注意点について

注意点として、検査の際には被験者に見えないように行わないといけません。

陽性時の反応と病的意義について

陽性の場合は、指が屈曲して把握しようとします。
前頭葉障害の場合、障害の反対側が陽性となります。
また乳幼児は常に陽性を示します。

強制把握(Forced Grasping)

似た病的反射で“強制把握”がありますが、こちらは被験者に物を握らせ、引き離そうとしてもなかなか手放そうとしない…という反射です。
これは手のみならず足でも同様の反応を得られます。

強制模索(forced groping)

強制把握の検査の際に、被験者の手に物を握らせて、その後手から物を取り去るとそれを手探りでとろうとする反応がみられることがあります。
これは強制模索と呼ばれる病的反射で、こちらも前頭葉障害の際に病側の対側の上下肢にみられます。
この強制模索も乳幼児には常にみられる反射です。
また、この矯正模索は意識障害や知能低下を認める際に起こるということも特徴と言えます。

ロッソリモ反射(Rossolimo’s reflex)

検査方法について

ロッソリモ反射の検査方法としては、

足指の足底面、もしくは足根の付け根をハンマーでたたく
…という方法をとります。
ちなみに母指よりも2~5指の付け根を叩いて反射を出現する方が病的意義があるようです。

陽性時の反応と病的意義について

陽性の場合は、足指が屈曲し、結果として前頭葉6野の障害を疑います。

バビンスキー反射(Babinski’s reflex)

数ある病的反射の中でも最も有名で、最も信頼性が高い錘体路徴候とされています。

検査方法について

バビンスキー反射の検査方法としては、

①被験者を背臥位にし、両下肢を伸展させて緊張をとるように指示する
②鍵やハンマーの柄で足底外縁を踵の方から足先へこすり、先端で足指の方に曲げる
…という方法をとります。

検査時の注意点について

注意点としては、母指の基部まではこすらないほうがよいこと、1回で止めずに何回もこすってみることなどがあげられます。

陽性時の反応と病的意義について

陽性の場合は、母指がゆっくりと背屈します。
加えて、母指以外の4指が開く“開扇現象”を認めることもあります。
陽性の場合の病的意義としては、錘体路障害を疑います。
また小児は生後1年程度まで陽性の反応を示します。

まとめ

病的反射の検査も被験者の障害の状態を把握するためには非常に重要な検査方法と言えます。
その方法はもちろん、注意点、そして陽性時の病的意義についてもしっかりと把握することで、より適切な作業療法プログラムの立案につなげることができると思うんです。

作業療法士は語りたい!

もう診断がついているからといって、病的反射を行う目的や意義を持った上で、
検査をすることが必要ってことだね。
クライアントの障害の詳細な鑑別のためにも必要なことでしょうからね!
Sponsored Link
 

関連記事

  1. ジェブセン手機能テストの方法や対象疾患について
  2. 研究や症例報告をスムーズに!脳卒中重症度スケール(JSS)につい…
  3. 健康関連QOLの4つの評価方法と各領域項目について
  4. 小脳梗塞の症状と評価方法について!
  5. TMT(トレイルメイキングテスト)のカットオフ値と平均値、方法や…
  6. 尿失禁によるQOLの評価であるICIQ-SFについて!
  7. 慢性痛の評価に最適?VRSの方法と注意点について!
  8. 痙縮の評価である Modified Ashworth scale…

おすすめ記事

作業療法士が覚えておきたいコンピュータアクセシビリティ(Windows)まとめ 深部反射(腱反射・筋伸長反射)検査の方法や注意点、検査の意義についてまとめてみた。 作業療法士による就労支援は“二方向性の支援”が重要という話 意欲を引きだし行動につなげる…行動のABCモデルはOTに必要な視点です! 理想の職業生活を送るために必要な3つの要素とは?
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP