前頭葉の機能検査のための“Verbal Fluency Test(言語流暢性課題)”について

前頭葉の検査でも、比較的古くからあるものとして“Verbal Fluency Test(言語流暢性課題)”があげられます。今回はこの“Verbal Fluency Test”の方法や対象、関与する脳の領域などについてまとめてみました!…

ストループ効果とストループテストの目的、やり方について

リバーミード行動記憶検査(RBMT)の検査項目や方法、平均点やカットオフ値について

AMM(audio motor method)による注意障害検査の特徴や方法、平均値などについて

WAIS-Ⅲの特徴や対象、方法、結果解釈について

ウェクスラー成人用知能検査・改訂版(WAIS-R)の特徴や対象、方法と高次脳機能への応用について

標準高次動作性検査(SPTA)の検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈について

半側空間無視の優秀な検査?BITの特徴と方法、カットオフ値について!

半側空間無視の評価の方法に、“BIT(Behavioural inattention test )”という検査方法があります。この検査は実際の日常生活を模した行動検査も含むことから、非常に作業療法にとって有益な検査方法だと思っています!…

FAB(前頭葉機能検査)の方法と解釈、カットオフ値についてまとめてみた!

初期認知症診断にも!かなひろいテストの方法と解釈、カットオフ値について!

“STEF”(上肢機能検査)の方法、注意点とカットオフ値について!

TMT(トレイルメイキングテスト)のカットオフ値と平均値、方法や注意点について

作業療法士による就労支援は“二方向性の支援”が重要という話

障害を持つ人の就労支援に作業療法士が関わる場合、どのような関わり方をすればよいのか迷うことがあります。今回は職業リハの観点から、対象者自身と環境の“二方向性の支援”という切り口で作業療法士の関わり方についてまとめてみました! (さらに…

離職の原因について産業作業療法士の視点で考えてみた。

職業的発達段階の課題それぞれに、産業作業療法士は関われる…

ピックアップ記事

オススメ記事

限定的作業分析の特徴とその注意点について

作業分析を大きく分けた一つに“限定的作業分析”があげられます。この分析方法は非常にOT独自のもので…

ADL記事一覧

健康記事一覧

社会参加記事一覧

Sponsored Link
PAGE TOP