リハビリテーション評価

痛みの評価スケール“NRS”の方法と解釈、VASとの違いについて!

 

痛みの評価方法として“NRS”も広く使われている検査ですが、“VAS”との違いが曖昧だったりします。
クライアントの痛みをできるだけ正確に把握することは、その後の作業療法としての介入にも大きな影響を与えるのでしっかりと評価しておく必要があります。
今回は“NRS”の方法や解釈、そして“VASとの違い”についてまとめてみました!

NRSとは

Numerical Rating Scale(以下:NRS) は、被験者の痛みの程度を“0~10”の11段階に区別し、痛みが全くない状態を0、最もひどい痛みの状態を10としてそのレベルを点数化し把握する痛みの検査方法です。

検査方法

NRSには以下の2通りの実施方法があります。

1.スコア10を初診時or治療前の最大の痛みと設定した上で現在はどのスコアになったか?という“Pain Relief Score”を用いる方法。
2.もう一つは、被験者が今までに経験した最も強い痛みをスコア10と設定したうえで、現在はいくつのスコアになるかを質問する方法。

どちらも口頭で答えてもらう点に特徴があります。

点数とカットオフ

NRSの点数とその痛みの程度については以下の通りになります。

0は痛みなし
1~3は軽い痛み
4~6は中等度の痛み
7 ~10は強い痛み
*National. Comprehensive. Cancer. Network.(NCCN)のガイドラインにおける点数

ちなみにNRSにおけるカットオフ値については、そのスコアの値と痛みの程度をそれぞれどのように当てはめるか?という課題で検討されているようですが、統一した見解は得られていないのが現状のようです。

リハビリの様々な検査のカットオフ値についての記事一覧はこちら

NRSのメリット、デメリット

NRSのメリットとしては、前述したように実施方法が簡単なこと準備物も必要ないことから「いつでも、どこでも、誰でも実施できる」という点があげられます。
逆にデメリットとしては、痛みの質によってNRSのスコアの信頼性が低くなるという点です。
いくつかの報告では、痛みが鋭利痛の場合は細分化しにくい傾向があり、その結果NRSの11段階のスコアにすることができなくなるようです。
加えて、VASの時同様、心理面が作用しスコア5やスコア7をつける傾向があることも考慮しないといけません。

注意点

NRSを導入や実施するにあたっての注意点ですが、基本的に口頭での質問形式による痛みの検査のため、言語理解能力に乏しい重度の失語症や小児の被験者、意識レベルが極端に低い被験者などを対象とすることはできにくい…ということがあげられます。

また、被験者の個性やその検査を実施した際の環境、心理状態によっても影響を受ける場合があるので、NRSだけに頼らずいくつかの検査を複合的に行い、その他の症状や日常生活の様子といったものから総合的に評価する方法が必要とも言えます。

VASとNRSの違いについて

VASとNRSの違いについてですが、どちらも痛みの程度を被験者の主観ではありますがスコア化する点は共通している部分といえます。
異なる点については、VASが100mmの線分上に印をつけるという作業が必要なことに対し、NRSでは特に準備物もなく口頭で実施される点でしょうね。
VASよりも簡潔に実施できる点からも臨床ではNRSが多く使用されている…という意見もあります。

ちなみにNRSとVASは優位に相関しているという報告もありますが、理学療法診療ガイドラインによると、
慢性痛の被験者が正確に回答できない、という割合は、

VAS:11%
NRS:2%
と統計がでていることから明らかにNRSの方が正確性が高いと言えます。

まとめ

VAS同様、クライアントの“痛み”という主観的な問題を定量化し、客観的に把握するためにNRSは有効と言えます。
ただし、その方法や注意点に気を付けたうえで、被験者の痛みを総合的に評価し解決に導くことが重要と言えます。

作業療法士は語りたい!

NRSもVASも痛みの程度を定量化するツールではあるけど、
OTにとってクライアントの痛みを把握することだけではなく、
その解決と予防に努めることが重要ってのは忘れないようにしないとね!
検査の意義を考えて、評価だけで終わっては
クライアントにとって何一つとして有益ではないですからね(苦笑)
Sponsored Link
 

関連記事

  1. 意欲の検査はOTの分野!CAS(標準意欲評価法)について!
  2. CIQによるIADL評価がわかりにくいから、ちょっと翻訳してみま…
  3. FAB(前頭葉機能検査)の方法と解釈、カットオフ値についてまとめ…
  4. 作業療法評価における重要な3つの手順について!
  5. 作業療法における面接の2つの目的とは?
  6. 半側空間無視の優秀な検査?BITの特徴と方法、カットオフ値につい…
  7. そもそも“分析”ってどんな意味なのか調べたら、非常にリハビリテー…
  8. ブルンストロームステージ(Brunnstrom stage:Br…

おすすめ記事

研究や症例報告をスムーズに!脳卒中重症度スケール(JSS)について! Windowsのナレーター機能はいろんな意味で惜しい件。 産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました! PULSES Profile(パルセス プロフィール)によるADL評価の項目と点数の付け方について! リハビリの研修やセミナーを無駄にしないための5つの方法について!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP