Motricity Index(MI)による脳卒中片麻痺の評価方法について!

脳卒中による片麻痺の評価方法の一つに「Motricity Index(MI)」という運動を指数化した評価方法があります。
今回はこのMotricity Index(MI)による評価方法についてまとめてみました!

Sponsored Link

Motricity Index(MI)とは

Motricity Index(MI)とは脳卒中後の運動障害の評価指数になります。

上肢に対してのMotricity Index(MI)の方法

上肢に対してのMIの評価方法としては以下の3つの動きから評価します。

①ピンチグリップ

開始肢位:親指と人差し指との間に2.5cm立方体を準備

得点 動作
0点 動きなし
11点 立方体をつかもうとする動きがみられる
19点 立方体をつかむことができるが重力に抗して保持できない
22点 立方体をつかむことができ、重力に抗して保持できる。しかし弱い力でも立方体を引っ張られると保持できない
26点 立方体をつかむことができ、重力に抗して保持でき、弱い力で引っ張られても保持できる。
33点 立方体をつかむことができ、重力に抗して保持でき、強い力で引っ張られても保持できる

②肘関節屈曲運動

開始肢位:肘関節90度屈曲位

得点 動作
0点 動きなし
9点 肘関節屈曲の筋の収縮の動きを触診できるが、動きはみられない
14点 肘関節屈曲の動きはみられるが全可動域の動きではなく、重力に抗することができない。
19点 重力に抗して完全可動域を肘関節屈曲できるが、わずかな抵抗に抗することができない
25点 弱い抵抗になら抗することができる
33点 強い抵抗にも抗することができる

③肩関節外転運動

開始肢位:胸の前から

得点 動作
0点 動きなし
9点 肩関節外転運動の収縮の動きを触診できるが、動きはみられない
14点 肩関節外転運動の動きはみられるが全可動域の動きではなく、重力に抗することができない。
19点 重力に抗して完全可動域を肩関節外転できるが、わずかな抵抗に抗することができない
25点 弱い抵抗になら抗することができる
33点 強い抵抗にも抗することができる

下肢に対してのMotricity Index(MI)の方法

①足関節背屈

開始肢位:足関節底屈位から

得点 動作
0点 動きなし
9点 足関節背屈運動の収縮の動きを触診できるが、動きはみられない
14点 足関節背屈運動の動きはみられるが全可動域の動きではなく、重力に抗することができない。
19点 重力に抗して完全可動域を足関節背屈できるが、わずかな抵抗に抗することができない
25点 弱い抵抗になら抗することができる
33点 強い抵抗にも抗することができる

②膝関節伸展

開始肢位:膝関節90度屈曲位

得点 動作
0点 動きなし
9点 膝関節伸展運動の収縮の動きを触診できるが、動きはみられない
14点 膝関節伸展運動の動きはみられるが全可動域の動きではなく(50%未満)、重力に抗することができない。
19点 重力に抗して完全可動域を膝関節伸展できるが、わずかな抵抗に抗することができない
25点 弱い抵抗になら抗することができる
33点 強い抵抗にも抗することができる

③股関節屈曲

開始肢位:股関節90度屈曲位

得点 動作
0点 動きなし
9点 股関節屈曲運動の収縮の動きを触診できるが、動きはみられない
14点 股関節屈曲運動の動きはみられるが全可動域の動きではなく(50%未満)、重力に抗することができない。
19点 重力に抗して完全可動域を股関節屈曲できるが、わずかな抵抗に抗することができない
25点 弱い抵抗になら抗することができる
33点 強い抵抗にも抗することができる

予後予測ツールとして

Motricity Index(MI)は上肢の場合は“FMA(Fugl-meyer Assessment)”と、歩行能力の場合は“TCT(trunk Control Test)”と合わせて、脳卒中の急性期における予後予測ツールとしても使用される場合があるようです。

上肢の予後予測ツールとして

発症後3日以内でそれぞれ以下の点数の場合、6か月後の上肢機能の予後は比較的良好とされています。

MI:肩関節外転…9点以上
FMA:手指伸展…1点以上

歩行の予後予測ツールとして

発症後3日以内でそれぞれ以下の点数の場合、6か月後の歩行能力の予後は比較的良好とされています。

MI:股関節伸展…25点以上
TCT:座位…25点以上

*もちろんクライアントの全身状態にもよって左右されるので、あくまで参考数値としての表記ということはご了承ください。

Motricity Index(MI)のエビデンスグレードについて


Motricity Index(MI)はエビデンスにおける推奨グレードBとされています。
脳卒中患者を対象にした研究で,“ハンドヘルドダイナモメーター”による筋力測定と、運動指数であるMotricity index(MI)との得点間に高い相関が見られています。

まとめ

脳卒中片麻痺の運動においての評価をする際、ブルンストロームステージといった回復段階によってはMMTでの評価適応外になってしまいます。
今回まとめたMotricity Index(MI)などによる評価も併用することで、より客観的にクライアントの機能を評価し、情報共有することがよりよい作業療法サービスの提供につながると思います!

作業療法士は語りたい!

BRSやMMTといった評価方法も、クライアントの状態によっては100%適応した評価でない場合もあるので
複数の評価方法を組み合わせて、多角的にみることも必要なのかもしれないですよね!
障害や症状は非常に多様的だからこそ、1つの評価方法に捉われず、
複数組み合わせて評価をするって癖は、様々な状況にフレキシブルに対応するためには必要なことなんだろうね!

参考記事:The Motricity Index for Motor Impairment After Stroke