作業分析

限定的作業分析の特徴とその注意点について

 

作業分析を大きく分けた一つに“限定的作業分析”があげられます。
この分析方法は非常にOT独自のものですから、経験と知識が必要なんだと思います。
今回はこの限定的作業分析の特徴と、その分析法を行う際の注意点についてまとめてみました!

Sponsored Link

限定的作業分析の特徴について

①臨床の中で発展!

“限定的作業分析法”は、作業療法の臨床の中で発展してきた分析法と言われています。
そのため特定のOTとしての知識や治療介入技術が必要になってきますので、よりOT独自の専門的な分析手法とも言えます。

②特別な目標・患者を想定

“限定的作業分析法”は、一般に特別な治療目標や特別な患者を想定した分析法です。
包括的作業分析がその作業自体を一般的な視点から分析するのに対して、限定的作業分析はOTが関わる臨床や現場目線での分析…という解釈ができます。

③理論によって様々!

“限定的作業分析法”はどの理論的立場、理論モデルをとるかによって、分析法が異なっていきます。
ある特別な治療パラダイム(枠組み)を治療に用いろうとするなら、同じパラダイムの作業分析法を用いないと評価と治療的介入が結びつかないようです。
つまり、例で言えば感覚統合モデルを治療に用いたのなら、感覚統合的なアプローチの作業分析法…といった具合です。

ちなみにそのモデルの種類としては

・理論・モデルにおける作業分析
・精神療法モデルにおける作業分析
・集団療法モデルにおける作業分析
・認知療法モデルにおける作業分析
・神経心理学モデルにおける作業分析
・生体力学モデルにおける作業分析
・運動コントロールモデルにおける作業分析
・感覚統合モデルにおける作業分析

…等があげられます。

④作業の特別な側面を強調!

“限定的作業分析法”は作業のある特別な側面を強調するといわれています。
まあ、これはどの治療パラダイムを基礎にするかによって変わってくる理屈と一緒と言えますね!

⑤様式や方法は合意されていない!

この分析法の様式や方法について、合意されたものはないようです。
つまり…まだ体系化されていないってことでしょうね!
たしかにいくら“限定的”とは言っても世の中の多種多様な作業を拾い上げることは難しいのでしょうね!

限定的作業分析法を行う際の注意点

①理論を熟知していないといけない!

“限定的作業分析”を行う際には、分析する理論的治療パラダイムを熟知し、治療技術を持っていることが前提となります。

②分析する作業を知っていること!

また、その理論的治療パラダイムだけでなく分析対象であるその作業そのものを知っていることも大前提となります。

③その作業の裁量、道具、プロセスと環境を知っていること!

“限定的作業分析”を行うにはその作業を行う際に必要な“材料”、使用する“道具”、そしてできあがるまでの“プロセス”と、人とのかかわりの範囲と程度といった環境面についても知っていることが必要になってきます。

④対象作業の経験があること、熟知していること!

分析する作業に従事した経験があることが望ましいとされています。
仮に実際にやったことがなくても、その作業についてかなり細かい部分まで熟知していることでも補完できるようです。
“ビギナー”を上回るほどの知識が必要ってことですかね?

⑤特定の環境を設定して行うこと!

“限定的作業分析”を行う場合、その作業を行う環境を設定して行うことが必要になってきます。

まとめ

限定的作業分析はOT独自の理論、治療パラダイムを基礎に展開していく分析法です。
だからこそOTの強みでもあり、“OTにしかできない作業分析”と言えると思います!
ただ世の中の様々な“作業”をすべて分析することは難しいため、体系化するためにはその根幹やフレームワーク的な部分に焦点を絞る、という発想のほうが実現的なのかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

限定的作業分析を行うには、治療パラダイムについての技術と知識だけでなく、
その対象の作業についても熟知していないといけないってことだね!
そう考えると、計り知れない量になっていきますよね!
OTの領域の広さからも「なんでもかんでも」は一番OTとしてのキャリアデザインとしては遠回りな方法ともいえるね!
自分の得意分野に絞って、他は切り捨てるぐらいの気持ちも重要かもしれませんね!

関連記事

作業療法士による作業分析の目的と方法、動作分析・活動分析との違いについて考えてみた!
包括的作業分析の特徴と注意点について!

【参考文献】
基礎作業学

関連記事

  1. PTS法は作業療法の作業分析に利用できるか?を考えてみた!
  2. AMPSの講習会を終えて、個人的に思った5つの事について!
  3. 作業療法士による作業分析の目的と方法、動作分析・活動分析との違い…
  4. 包括的作業分析の特徴と注意点について!
  5. 作業療法における動作分析を産業工学から考えたら結構捗った件。
  6. 作業療法士がサーブリッグ分析の第1類を考えてみた。
  7. サーブリッグ分析の第2類を考えたら高次脳機能障害の問題点につなが…
  8. 作業分析だけじゃない?リハビリで応用できそうな産業工学の“分析”…

おすすめ記事

ブルンストロームステージ(Brunnstrom stage:Brs)による脳卒中片麻痺の評価方法について 作業療法の「作業」は意味がある+面白いものであるべきだと提案します!
【プラスハンディキャップ】編集長、佐々木一成さんが考えるリハビリテーションとは?【インタビュー③】
痛みの評価スケール“NRS”の方法と解釈、VASとの違いについて! ユニバーサルデザインの7原則とバリアフリーとの違いについて!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP