アクティビティ

革細工を作業療法で行う際の治療的効果について!

 

作業療法における革細工というものはクライアントに提供するアクティビティの一つですが、しっかりとこの革細工が持つ治療的効果を知ることで改めて臨床や現場で役立たさせることができると思います。
そこで今回は『革細工を作業療法で行う際の方法や治療的効果』についてまとめてみました!

革細工とは?



革細工(レザークラフト)とは…
皮革を材料に用いて工芸をすること。また,その細工物
皮革工芸(ひかくこうげい)、革工芸(かわこうげい)、革手芸(かわしゅげい)とも呼ばれてる。
…と定義されます。

革細工と作業療法



革細工を作業療法でリハビリとして行うことはかなり昔から行われてきています。
養成校でもちゃんとカリキュラムとして行われています!


革細工の“革”について



革細工に使用するのは主に牛や馬、羊、山羊、豚の皮などがあります。
動物の皮(skin)は“表皮”と“真皮”で構成されていますが,革細工に使用されるものはこの“真皮層”になります。
この動物の真皮は、なめしの工程を経て“革(leather)”と呼ばれるようになります。

革のメリット

革を使用するメリットとしては、

・丈夫で耐久性があること
・可塑性に富み、加工しやすいこと
・革の繊維は絡み合っていることから切り口がほつれにくいこと
・表面が美しく磨くと光ること
・染つきがよいこと
…などがあげられます。

革のデメリット

逆に革を使用するデメリットとしては、

・湿気を吸うと伸び、乾燥すると縮むため変形しやすいこと
・カビが生えやすいこと
・天然の皮を使用するため、素材が均一ではなくむらがあること
…などがあげられます。

これら革のメリット、デメリットを把握しておくことも、
作業療法士がアクティビティに提供する際の必要なことと言えるね!

使用する道具について

革細工に使用する道具として基本的なものを以下にあげます。

①ハンマー



金槌ではなく、木槌かゴムハンマーが最適です!

②ゴム版


③ヒシ目打ち



制作するものによって最適なヒシ目の大きさがあるので、事前に確認しておかないといけません!

④革包丁


市販のカッターナイフでも代用できます!

⑤カッター用下敷き



目盛りが印刷されているものが便利でしょうね!

⑥キリ


⑦コバ磨き


⑧トコフィニッシュ


⑨ロウ引き糸


⑩接着剤



革工芸専用の接着剤がおすすめです!

⑪針


⑫ハトメ抜き


必要な道具を一気に揃える…なんて場合はセットで販売しているものを利用するといいでしょうね!

革細工の方法

革細工の方法…と言っても何を制作するかによって様々ではあります。
以下の基本的な制作工程がある“ペンケース”制作についての解説動作をみるとイメージが付くかと思います!



革細工の特性について



では、革細工という作業はどのような特性を含んでいるのでしょうか?
①対象範囲が広いこと
②興味、関心を引きやすく動機づけが高い作業
③段階づけが比較的容易である
④作品としての見栄えがよい
⑤集中力を要する
⑥繰り返し動作が多い

革細工の治療的効果



作業療法における革細工はあくまでもリハビリテーションとしての意味や目的を含んでいないと成立しません。
革細工による治療的効果については以下のとおりになります!

身体機能面

・姿勢の保持
・目と手の協調
・両手の協調的操作
・手指の巧緻性
・物品の操作性

認知、精神機能面

・企画力
・注意力、集中力の持続
・作品完成による満足感や達成感

社会適応能力

・他者との交流手段
・趣味活動としての手段
・職業としての手段

あくまで一部かもしれませんが、このような治療的効果が期待できますので、
これらの項目を念頭に置いたうえで革細工という作業を提供することが必要となります!

注意点



作業療法で革細工を行う際の注意点としては…
・道具、材料がそろっているかどうか?
・型紙のサイズはあっているか?
・対象の現在の能力に合った難易度の課題になっているか?

キット

一から材料を揃えるとなると大変なので、便利なキットをご紹介します!

財布(中)


レザーワークショップ ミドルウォレット ナチュラル

キーホルダー


レザーワークショップ リングキーホルダー ナチュラル

ペンケース


【手縫い練習用キット】ソフト牛革 ペンケース

穴あけ工程が事前にされているため、手縫いの作業のみで仕上がるキットです。
ソフトレザーを使用している点からも握力の弱いクライアントに最適かもしれませんね!

まとめ

作業療法のアクティビティにおいて革細工って比較的伝統的というかオーソドックスな方法かもしれません。
だからこそ改めて作業活動に取り入れてみるのもいいのかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

でもあまり革細工を臨床や現場で行っている機会って少ないかもしれませんね!
たぶん提供する作業療法士自身が馴染みがないってのもあるんだろうね!
だとしたらプロ並みに上手でなくても、大まかな工程や道具、制作のイメージなどは知識としてもっていて損はないでしょうね!
作業療法士はもっと多趣味にならないといけないってことだね!(笑)
 

おすすめ記事

深部反射(腱反射・筋伸長反射)検査の方法や注意点、検査の意義についてまとめてみた。 半側空間無視の発生メカニズムである“空間性注意の神経ネットワーク”について 感情を定量化!エモリーダーが未来の臨床を変えるかもしれない! 産業看護師について(資格や業務内容、人数や報酬)を調べてみました! 職業リハビリテーションに関わる関連施設についてざっくり調べてみたよ!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP