リハビリテーション評価

老研式活動能力指標はもう古い?JST版活動能力指標について

 

高齢者のAPDLやIADLを評価する方法の一つに『老研式活動能力指標』があります。
現在でも広く使われている指標ではありますが…最近の「アクティブシニア」といった活動的な高齢者の生活スタイルにまで網羅できているかというと少し難しいという指摘もされています。
そこで今回は『現代版老研式活動能力指標』とでも言える『JST版活動能力指標』についてまとめてみました!

JST版活動能力指標について


国立長寿医療研究センター研究所の鈴木隆雄氏と、東京都健康長寿センター研究所のスタッフ、そして福島県立医科大学の岩佐一氏によってつくられた指標です。

目的


老研式活動能力指標は現代でも広く使われている標準的な指標であるものの、発表されたのが1986年と30年近く前のもののため、携帯電話やメールといった現代では普通のツールの使用や、振り込め詐欺といった現代社会的な問題には対応しきれていない“古い指標”である点が指摘されていました。
またライフスタイルの多様化と健康寿命の長寿化といった点からも新しい指標が求められるようになったことから、JST版活動能力指標がつくられたようです。

つまり老研式活動能力指標を基盤にした、現代と近い将来の日本の「一人暮らし高齢者が自立し活動的に暮らす」ための能力を測定する指標…ということになります!

老研式活動能力指標との違い

老研式活動能力指標自体はLawtonが提唱した「生命維持、知覚、認知、身体的自立、手段的自立、状況対応、社会的役割」という高齢者の生活機能についての7段階の階層モデルを基につくられていますが、このうち「身体的自立、手段的自立、状況対応」を中心に作られていて、「社会的役割」までは含まれていませんでした。

国際障害分類もICIDH-2からICFに変化した経緯からみても、
心身の健康状態だけでなくいかに“社会参加”をしているかどうか、が注目されてきたからこそ
新しい指標が必要になったんだろうね!
たしかに、現代の高齢者の課題としても「社会参加」が重要視されていますからね!

採点方法

JST版活動能力指標は16の質問項目で構成されていて、それぞれは

・新機器利用
・情報収集
・生活マネジメント
・社会参加
…の4つの分類に分けられています。

それぞれの質問項目に対して「はい(1点)」「いいえ(0点)」のどちらかを配点していき、合計16点満点とされています。
もちろん得点が高いほど各領域の活動能力が高く、積極的に活動していると判断されます。

JST版活動能力指標における4つの分類

JST版活動能力指標においての4つの分類については以下の通りです!

新機器利用



生活を送る上で必要な新しい機器を使いこなす能力についての質問になります。

①携帯電話を使うことができますか?
②ATMを使うことができますか?
③ビデオやDVDプレイヤーの操作ができますか?
④携帯電話やパソコンのメールができますか?
携帯電話に関しての質問が半分ですね!
それほど現代では必要不可欠な機器になっているってことだろうね!

情報収集



よりよい生活を送るため自ら情報収集し活用する能力についての質問になります。

⑤外国のニュースや出来事に関心がありますか?
⑥健康に関する情報の信ぴょう性について判断できますか?
⑦美術品、映画、音楽を鑑賞することがありますか?
⑧教育、教養番組を視聴していますか?
⑥の情報の信ぴょう性の判断についてなんか、いかにも現代っぽいですね!(笑)
情報が簡単に多く得られる今の時代だからこそ、
玉石混淆になっちゃっているからきちんと見極める能力も必要っていうことだね!

生活マネジメント



自分や家族、周辺の人々の生活を見渡し、管理する能力についての質問になります。

⑨詐欺、ひったくり、空き巣等の被害にあわないように対策をしていますか?
⑩生活のなかでちょっとした工夫をすることがありますか?
⑪病人の看病ができますか?
⑫孫や家族、知人の世話をしていますか?
⑩にある“ちょっとした工夫”って項目が答え方に迷いそうですね。
調べてもこの項目についての説明に言及している記事や資料がなかったから曖昧だけど、
「自分が生活しやすいように能動的に工夫していること」と捉えるといいんじゃないかな?
「毎回買い物に行くのは大変だから、週に1回は生協の宅配サービスを使ってる」…なんてことでしょうかね!

社会参加



地域の活動に参加し、地域での役割を果たす能力についての質問になります!

⑬地域のお祭りや行事などに参加していますか?
⑭町内会・自治体で活動していますか?
⑮自治体やグループ活動の世話役や役職を引き受けることができますか?
⑯奉仕活動やボランティア活動をしていますか?
「地域」ってところがポイントだろうね!
閉じこもり」「孤独死」といった問題の予防や解決策には、
どうしても地域の連携や繋がりが必要になるでしょうからね!

全国標準値

JST版活動能力指標の合計点と4つの分類それぞれの標準値については以下の通りになります。

全体 65~74歳男性 65~74歳女性 75~84歳男性 75~84歳男性
JST版活動能力指標合計 9.7(4.2) 11.0(3.9) 10.6(3.8) 8.9(4.4) 7.7(4.2)
新機器利用 2.3(1.5) 2.9(1.3) 2.6(1.3) 2.0(1.5) 1.4(1.4)
情報収集 2.9(1.3) 3.1(1.2) 3.1(1.2) 2.8(1.3) 2.5(1.5)
生活マネジメント 2.8(1.2) 3.0(1.2) 3.1(1.1) 2.5(1.3) 2.5(1.3)
社会参加 1.7(1.6) 2.0(1.6) 1.8(1.5) 1.6(1.6) 1.2(1.4)

*( )内は標準値

老研式活動能力指標の代わりに使用できる?

しかし、こうなると「もう“老研式活動能力指標”は古いからすべての調査は“JST版活動能力指標”で行おう!」となってしまうのは早合点です。
公式でも、“JST版活動能力指標”のみで使用することは薦めておらず、“老研式活動能力指標”と併用することで対象者の生活能力を幅広く評価することができると述べています。

“老研式活動能力指標”は古いというよりは、高齢者の生活の基本的な項目であって、
それでカバーできない部分を“JST版活動能力指標”で拾っていくって感じなんでしょうね!
そういうことだろうね!

まとめ

ライフスタイルの多様化によって、高齢者の生活能力の評価の方法も変化していきます。
ただし昔も今も変わらない“基本的な項目”は抑えつつ、時代に合わせた評価項目を追加していく…という感覚が必要なのかもしれません!

作業療法士は語りたい!

でもライフスタイルがどんどん変化していく今後は、
さらに改定が必要になってくるんじゃないですか?
課題としてはもちろん残っているだろうね!
そのうち「家庭用ロボットを上手く操作できますか?」なんて質問項目が追加されてくるかもね!!
時代の流れについていけるかな・・・?(笑)

【参考記事】
現代の高齢者の活動能力を測定するための新しい指標を開発!
JST版活動能力指標利用マニュアル

 

おすすめ記事

作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーまとめ アドラー心理学で考える作業療法の技術について! iPhoneが補聴器と繋がる?聴覚障害へiOSができるサポート機能について ドラムの自作って作業療法のアクティビティにアリでしょうか? CDRによる認知症評価の方法と注意点、自動車運転におけるカットオフ値についてまとめてみました!

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP