福祉用具

ITとICT、IoTの違いについて調べてたら、作業療法士の知識に必要ってことに落ち着いた件。

 

IT技術やICT技術を作業療法をはじめとしたリハビリテーション技術に応用できると考え勉強していますが、“IT”,“ICT”、“IoT”と似たようなその用語は様々でこんがらがります(泣)
そこで今回はこのIT、ICT、IoTといった言葉の違いについてまとめてみました。
これらの技術、リハビリテーションのなかでも特に作業療法士にとっては必要な知識になるんです。。

ITとは?


「情報技術」のことで、コンピューターやデータ通信に関する技術の総称。その言葉の意味は広く、情報通信分野の基礎技術から応用技術の範囲にまで及ぶ。具体的には、コンピューターやインターネットを中心とするネットワークを活用し、会社の業務や生活に役立てるための技術を指すことが多い。
引用:コトバンク

“IT”という言葉は“Information Technology(情報技術)”の略称になります。
その対象はパソコンやスマートフォンなどの情報機器だけでなく、インターネット、通信インフラなどを組み合わせて活用していくための技術の総称を指します。

ICTとは?



そして最近特に言われることが多くなってきた“ICT”ですが、これは“Information and Communication Technology(情報通信技術)”の略称になります。
つまりICTとは“情報・通信に関する技術の総称”になるんですね!

ITとICTの違いは?

ICTという言葉について調べていくと、結論から言ってITとICTは言葉としてはほぼ同義…だそうです。

場合によっては

・IT:コンピューター関連の技術そのもの
・ICT:コンピューター技術の活用
…と区別されて使用する場合もあるようですが、国際的にもICTという言葉が定着していることから日本でもICTという言葉が定着しつつあるようです。

IoTとは?



ではもう一つ、これも最近よく聞く“IoT”について!
結論から言えば、IoTとは“Internet of Things(モノのインターネット)”と称されます。

様々な「モノ(物)」がインターネットに接続しオンライン化されることで、常に情報交換がされるようになり、相互制御化する仕組みのことになります。
ちなみにこのIoT(Internet of Things)という言葉は、1999年からイギリスの“Kevin Ashton(ケビン・アシュトン)”という方が最初のようです!
“P&G社”のアシスタント・ブランド・マネージャー時代に商品の物流管理の効率化のために“RFID”という技術を活用することに興味を持ち研究する時に使い始めたうようですね!

今後のICTはIoTなくしては語れない?

今後のICT(情報通信技術)はIoT(モノのインターネット)ありきで発展するのだと思います。
今まではICT技術を利用手段として、パソコンやスマートフォンという専用のデバイスだったものが、日常生活の様々な“モノ”とリンクすることで生活の質を向上させる機器として利用できるようになると思います。

・ICT×時計=Apple Watch
・ICT×サングラス=Google Glass
・ICT×家電=オムニ家電
…といった現在市場に参入しているものも含め、その範囲は非常にスピーディーに拡大しています!

作業療法士としてICT、IoTにどうリンクするか?



ICT,IoT技術が発展していく先には、単純に“生活の質”の向上になります。
つまり生活のQOLの向上を目的としているんですね!
…これって作業療法も同じですよね?
ただ「セラピスト」というカテゴリー内では、その展開場所が病院や施設といった医療、介護領域なだけ、対象が病気や障害というだけなんです。
“生活の向上を支援する”という理念自体は一致していることからも、非常にICT、IoTと作業療法は身近な存在なんだと思っています。
それだけにもっと作業療法士は車いすやベッドといった従来の福祉機器の知識同様、この分野について知る必要があると思うんですけどね!

まとめ

今後、クライアントの生活支援を目的とする作業療法士は“福祉機器”と同様に“支援機器”としてICT、IoT技術について学ぶ必要があります。
今回はIT、ICT、IoTの言葉の違いについてというテーマから、少し作業療法への応用的な内容に広げてまとめてみました。
なんとなくこの分野に苦手意識を持つ方も多いかと思いますが、少しでも“知る”ということは、結果として目の前のクライアントに提供できる価値が増えるということに繋がるんだと思います!

作業療法士は語りたい!

作業療法士のキャリアアップを考えるとして、ICTやIoT技術っていう今後伸びていく分野とはどう絡めばいいですかね?
個人的にはどちらを軸に、どちらに向うか?によって利用する技術も展開する市場も変わってくるんだと思うよ!
ICT,IoTの技術を作業療法士が医療市場に持ってくるのか?
医療(作業療法)の技術を、作業療法士がICT,IoT市場に持ってくるのか?
何を武器に、どこで戦うのか?を明確にしたほうがいいかもね!
…もしくは、どちらでも戦うか?ですかね?(笑)
欲を言えば、“どちらでも”だね!(笑)
Sponsored Link
 

関連記事

  1. 災害に備えておきたいおすすめ簡易トイレ4選!
  2. リハビリの臨床や現場でアプリを使用するメリット・デメリットについ…
  3. きちんと区別できる?日常生活用具給付制度と補装具支給制度の違いに…
  4. 高齢者にも適応!視覚障害で画面が見えにくい時のハイコントラスト設…
  5. Windowsのナレーター機能はいろんな意味で惜しい件。
  6. 「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試…
  7. 不随意運動や失調症状が強い場合は、マウスポインタの速度調整で解決…
  8. 片麻痺だけでなく腱鞘炎にも?マウスボタンを左右交換するとメリット…

おすすめ記事

協調性検査の上肢・下肢別の方法と注意点について 音楽が持つ5つの医療的・健康的な効果についてまとめてみた! WCSTの方法とその目的、対象疾患について! 身体障害へiPhone・iPadができる8つのサポート機能について ジャーナルだけじゃない?リハビリテーションに関する雑誌11選!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP